九星気学と似ている風水

とても似ている九星気学と風水

風水については日常でもよく聞くので、あまり興味がない方でも、なんとなく風水のことを知っていると思います。風水と言えば、家がある場所や、家の中にあるインテリアの場所によって運気が変わる、というものです。

風水の種類には家相や方位、地形など、たくさんの種類があります。元々風水では「自然界の流れ」を知ることで、悪い気を避けて、良い気を取り入れることを目的としています。
風水は、中国の陰陽五行説が元になっています。相性・相剋の関係が大切にされています。

以上の話から、風水と九星気学は「とても似ている」ということがわかります。

日本では、風水は占い

ちなみに風水は「九星気学から生まれた占い」である、という話もあります。
日本で「占い」として行なわれている風水は、その多くは九星気学と同じです。九星気学のことを風水と言って、占っている人が多いです。

本来は、「風水」と「占い」は少し違うものです。ですが「風水占い」と言われているものがあります。特に日本では、風水はカテゴリとしては「占い」に分けられているようです。

日本とは違って中国の場合では、風水は「占い」ではありません。風水と九星気学は、別物と考えられています。日本では、風水は「占い」の部類に入っていますが、本来は違います。

日本でも中国人の風水師の方は、たくさんいます。「占い」ではない「風水」で、自分の運気を見てもらいたいなら、中国人の方に見てもらうほうが良いかもしれません。

風水の五行

風水における五行(木、火、土、金、水「もっかどごんすい」)が司る主な運気と、象徴する物や行動について、以下に書きます。

仕事運、勉強運、発展運。
木製品、コットン、柑橘系の果実や酸っぱい飲食物、流行のCD、AV機器、情報機器、流行のファッション、スポーツ、若々しい行動、向上心、言葉、音など。

人気運、ステータス運、美容運。
ガラス製品、プラスチック、甲殻類や貝料理、感性を生かす仕事、ファッション業界、美容業界、芸術、株式投資、ギャンブル、地位、直感力、別離など。

不動産運、家庭運、結婚運。
和風雑貨、和風インテリア、陶器、ヒールの低い靴、和食、ストレッチ素材、お茶・生け花の習い事、ガーデニング、貯蓄、転職、伝統、継続、努力など。

金運、事業運。
貴金属、刃物、スイーツ、高級感がある上品なファッション、宝石、老舗ブランド品、丸い形のグッズ、他人からの援助、楽しいこと、飲食など。

恋愛運、セックス運。
レース素材、シフォン素材、キャミソール、ストール、リップグロス、フェミニンなファッション、網タイツ、日本酒、女性らしい行動、秘密、交流、信頼、男女の情など。

「自分の願い」を象徴する物

「お守り」や「開運グッズ」を手に入れる時、自分が叶えたい願い(目的)を持っていると思います。多くの人は、「受験に合格したい」「恋愛運を上げたい」「宝くじを当てたい」など、「具体的な願い」があるでしょう。
そんな場合、風水における五行(木、火、土、金、水)が司る主な運気と象徴する物を知っていれば、「自分の願い」に最適な開運グッズを選べます
自分が望んでいる運に合わせて、それを象徴する物を身に付けましょう。そして、それを象徴する行動を取りましょう。そうしたら、望んでいる運気を手に入れて開運に繋がると言われています。

五行の相性

風水の考え方の基本として、陰陽五行説があります。これは、自然界の全ての物が「木、火、土、金、水」の五行に分けられていること、陰と陽という相反する性質から成り立っていること、以上のことを示しています。
これらに分類された物は、お互いを助けたり、お互いに対立したりします。その組み合わせによって、運を上げたり下げたりします。

風水において、家は開運グッズと言えます。しかし風水的に最適な家を、誰もが建てられる訳ではありません。そんな場合、インテリアに風水を取り入れることによって、家に開運を招くことができます。
つまり、インテリアに風水を取り入れることで、家に足りない「気」を補うことができます。その逆に、過剰な「気」を抑えることもできます。インテリアを活用することで、運の良い家を作ることができます。

それぞれの五行の相性を知っていると、それぞれの開運グッズの相性がわかります。開運グッズが「お互いに運を下げ合っていた」ということを防げる、と思います。
以下に、互いに生かし合って運を上げていく五行の相性を、書きます。

  • 木と火:木によって、火はさらに燃え盛ります。
  • 火と土:火が燃え尽きると灰になり、土を肥やします。なお、土は火を中和する役割を果たします。
  • 土と金:土の深い所で、長い年月をかけて鉱物が生み出されます。
  • 金と水:風水では、金は水と交わると増えるとされています。
  • 水と木:水は、木に潤いを与えます。水が養分を運んで、樹木や草花を育てます。

以下に、互いに対立し合って運を下げてしまう五行の相性を、書きます。

  • 木と土:木は、土の養分を吸います。よって、土がやせてしまいます。
  • 火と金:火の熱により、金が溶けてしまいます。
  • 土と水:土は水を含むと、ドロドロな状態になってしまいます。
  • 金と木:金属の刃物により、木を切り倒せます。木の生命が、奪われてしまうことになります。
  • 水と火:水と火は、正反対の物質です。

風水の方位

九星気学の特徴として、方位作用を活用する点があります。よって風水でも、方位の「良し悪し」を考えることがあります。

開運

吉方位のパワーで運気をアップ

例えば旅行についても、風水を取り入れることができます。すでに旅行で風水を気にしている方の中には、自分の吉方位を調べて旅行されている方もいるようです。

風水の考え方では、旅行に行った方位は大切ですが、吉方位を確認して「そこへ向かおう」と決めた時から、すでに吉方位のパワーをもらっているということだそうです。
よって吉方位に旅をすることは、「気持ち」が決まった時から始まっています。旅行に行く前から行った後まで、その間ずっと吉のパワーを受け取れる、ということになります。

風水に興味がある人が旅行に行くなら、事前に吉方位を調べておきましょう。その方位の中で、旅行する範囲を決めるほうが運気もアップできるでしょう。
せっかくの旅行で悪い気をもらわないように、吉方位を調べておいて損はないと思います。
「疲れ」を癒すために温泉旅行をしたり、パワースポットに行って元気をもらってくる旅をしたり、なんていうのも楽しいです。

風水では、方角についても言われています。
例えば東に電化製品を置くと良い、北では水周りを避けるなど、よく言われています。

ただし風水では、掃除することの「大切さ」のほうが言われています。誤解を恐れず言えば、「方角の良し悪し」よりも、清潔に掃除する事のほうが大事と言えます。
きちんと清潔にしていれば、良い方角から良い気が入ってきます。そう考えると、掃除以外の風水については、神経質になり過ぎる必要はありません。

古くから活用されてきた風水

よくテレビや本などで、風水の話題を耳にする機会があると思います。そんな風水は、自分で運気を変えられる手段として人気があります。風水という方法は、世代や男女を問わずに運気を変えることができる方法と言えます。ちなみに皇居も、風水を参考にして建てられたと言われています。

改めて風水の意味を確認すると、その漢字が示す通り、「風と気の流れ」を用いる(操る)ことを意味しています。
そして風水では、方位も関係してきます。「風と気の流れ」や「方位」などは、私たちの日常生活に深く関わっていると言えます。よって古くから、風水は多くの場面で活用されてきました。

「気」という概念

現代風水の元は、中国の風水と言われています。風水は、中国文化の「気」という概念と深い関係があります。その気というものが、陰陽、五行、八卦などの概念と相互に作用して、人々の生活に影響を与えるとされてています。このような考え方は、哲学や占星術、ヒーリングにおいても共通しています。

「気」は、古くから自然界と密接に関わりがあるものです。その「気」をコントロールすることで、人に運を与えて厄を避ける、という考え方がありました。
そう考えると、太古に造られたストーンサークルや巨大神殿、ピラミッドなどは、風水的な思想の元に建造されたものかもしれません。エジプトのピラミッドやアメリカのアステカ神殿では、大地からのパワーと宇宙からのエネルギーを中央の部屋に集める構造になっている、と言われているからです。