九星気学と似ている風水

とても似ている九星気学と風水

風水については日常でもよく聞くので、あまり興味がない方でも、なんとなく風水のことを知っていると思います。風水と言えば、家がある場所や、家の中にあるインテリアの場所によって、運気が変わるというものです。

風水の種類には家相や方位、地形など、たくさんの種類があります。元々風水では「自然界の流れ」を知ることで、悪い気を避けて、良い気を取り入れることを目的としています。
風水は、中国の陰陽五行説が元になっています。相性・相剋の関係が大切にされています。

以上の話から、風水と九星気学は「とても似ている」ということがわかります。

日本では、風水は占い

ちなみに風水は「九星気学から生まれた占い」である、という話もあります。
日本で「占い」として行われている風水は、その多くは九星気学と同じです。九星気学のことを風水と言って、占っている人が多いです。

本来は、「風水」と「占い」は少し違うものです。ですが「風水占い」と言われているものがあります。特に日本では、風水はカテゴリとしては「占い」に分けられているようです。

日本とは違って中国の場合では、風水は「占い」ではありません。風水と九星気学は、別物と考えられています。日本では、風水は「占い」の部類に入っていますが、本来は違います。

日本でも中国人の風水師の方は、たくさんいます。「占い」ではない「風水」で、自分の運気を見てもらいたいなら、中国人の方に見てもらうほうが良いかもしれません。

風水の方位

九星気学の特徴として、方位作用を活用する点があります。よって風水でも、方位の「良し悪し」を考えることがあります。

開運

吉方位のパワーで運気をアップ

例えば旅行についても、風水を取り入れることができます。すでに旅行で風水を気にしている方の中には、自分の吉方位を調べて旅行されている方もいるようです。

風水の考え方では、旅行に行った方位は大切ですが、吉方位を確認して「そこへ向かおう」と決めた時から、すでに吉方位のパワーをもらっているということだそうです。
よって吉方位に旅をすることは、「気持ち」が決まった時から始まっています。旅行に行く前から行った後まで、その間ずっと吉のパワーを受け取れる、ということになります。

風水に興味がある人が旅行に行くなら、事前に吉方位を調べておきましょう。その方位の中で、旅行する範囲を決めるほうが運気もアップできるでしょう。
せっかくの旅行で悪い気をもらわないように、吉方位を調べておいて損はないと思います。
「疲れ」を癒すために温泉旅行をしたり、パワースポットに行って元気をもらってくる旅をしたり、なんていうのも楽しいです。

風水では、方角についても言われています。
例えば東に電化製品を置くと良い、北では水周りを避けるなど、よく言われています。

ただし風水では、掃除することの「大切さ」のほうが言われています。誤解を恐れず言えば、「方角の良し悪し」よりも、清潔に掃除する事のほうが大事と言えます。
きちんと清潔にしていれば、良い方角から良い気が入ってきます。そう考えると、掃除以外の風水については、神経質になり過ぎる必要はありません。

古くから活用されてきた風水

よくテレビや本などで、風水の話題を耳にする機会があると思います。そんな風水は、自分で運気を変えられる手段として人気があります。風水という方法は、世代や男女を問わずに運気を変えることができる方法と言えます。ちなみに皇居も、風水を参考にして建てられたと言われています。

改めて風水の意味を確認すると、その漢字が示す通り、「風と気の流れ」を用いる(操る)ことを意味しています。
そして風水では、方位も関係してきます。「風と気の流れ」や「方位」などは、私たちの日常生活に深く関わっていると言えます。よって古くから、風水は多くの場面で活用されてきました。

風水
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム