若い人には、アンチエイジング不要という指摘

若い人なら、アンチエイジング不要

若い女性

若いうち(25歳以下)は、アンチエイジング用の化粧品に頼る必要はないでしょう。

普通の「お手入れ」を入念に行なえば、それで良いと思います。そして規則正しい生活、きちんとした洗顔、UVケアなどで、「肌の若さ」を保てると思います。

まずは、しっかりと洗顔をしましょう。洗顔料をよく泡立て、その泡で「顔を包み込むような感じ」で洗います。この時、洗い過ぎないように気をつけてください。
「すすぎ」については、ぬるま湯で泡が残らないようにしっかりすすぎます。
顔を拭く時は、ゴシゴシこすってはいけません。タオルを押さえつけるようにして拭きましょう。

ちなみに洗顔の後には、化粧水をたっぷりつけましょう。乳液もつけて保湿するようにしてください。朝にケアする時は、UV化粧品をつけて出かけることも忘れないようにしてください。

規則的な生活をして、睡眠を充分に取りましょう。美容にとって、睡眠は物凄く大切な事です。
ぐっすり眠った後では、気分もスッキリです。その日一日、元気に過ごせると思います。元気でいられるという点からも、睡眠はアンチエイジングにとって欠かせない事の一つと言えます。

肌を甘やかさない事

若い時からアンチエイジング化粧品を使うと、肌の体力がつくというメリットがあると思います。
しかし、肌を若いうちから甘やかす事になってしまいます。肌を甘やかしてしまうと、自分で再生する力が弱くなってしまいます。使用している化粧品がなくなったら、肌の老化が始まってしまう可能性があります。
若い時は、そのような化粧品をなるべく使わない方法でケアすることを考えましょう。

あと、化粧水はたっぷりと使うほうが良いです。高価な化粧水をケチって使うくらいなら、安価な化粧水をたっぷり使うほうが良いでしょう。そうするほうが、たっぷりと水分を補給できます。
もしも肌が乾燥していると思ったら、化粧水やミストで肌に水分を補給しましょう。そのままにしていると、ますます乾燥した肌になってしまうでしょう。

ただし日焼けに注意

若い時に物凄く日焼けをして、その時スキンケアをしていなかった場合、

まだ20代前半なのに、肌がボロボロになってしまうことがあります。

そういう人は、同年代の人と比べてシワが目立ったり、シミが多かったりするそうです。残念ながら、肌年齢が実年齢より高いと予想されます。

外出する際は、日焼け止めクリームを使用するようにしましょう。
帽子や服装により、ある程度「肌の露出を減らすこと」ができます。しかし腕や顔など、どうしても露出してしまう部分があります。そのような部分についても、日焼け止めクリームは日焼け対策の手段になります。

日焼け止めクリームを塗る時は、ムラが出ないようにすることが大切です。「日焼け止め」を塗る前の段階、基礎化粧を使う段階から、お肌をしっかり整えておくように気をつけましょう。
日焼け止めクリームはしっかり塗っても、乾燥や汗などによって、どうしても白浮きして崩れやすいです。「日焼け止め」は、こまめに塗りなおすことが大切です。
塗り直す場合、一番いいのはクレンジングで顔を洗ってから、もう一度基礎化粧と日焼け止めクリームを塗り直すことです。しかし忙しい時では、なかなか出来ないかもしれません。

なお、エイジングケアの製品には、日焼けによる「シミ・そばかす」を防ぐ物があります。透明感のある白い肌にしたい方は、このような化粧品を使うと良いでしょう。