ガンダムに登場するモビルスーツ

地球連邦軍のモビルスーツ

ガンダム

機動戦士ガンダムガンダム(型式 No.RX-78-2)とは、地球連邦軍が作り出した白兵戦用モビルスーツです。ジオン公国軍のモビルスーツであるザクを、モデルにしました。

開発後、サイド7から運び出すことになっていました。しかしその前に、ザクの奇襲攻撃を受けてしまいました。仕方なく、そのまま実践させる事になりました。

ガンダムは、戦艦並みの威力を持つビーム兵器を備えており、戦闘力は高いです。そういうことから、ジオン公国軍からは「地球連邦軍の白いモビルスーツ」と呼ばれて、恐れられていたそうです。

ガンキャノン

ガンキャノン(型式 No.RX-77)は、赤い砲兵型のモビルスーツです。地球連邦軍が、中距離戦闘時の支援用に開発しました。

開発後、サイド7で戦闘試験をする予定だったのですが、急にザクが襲ってきたため、「試験なし」でホワイトベースに実戦として配備されました。
カイ・シデンという人が、主にガンキャノンを操縦しました。

ガンタンク

ガンタンク(型式 No.RX-75)は、紺の戦車型モビルスーツです。地球連邦軍が、長距離戦闘時の支援用に開発しました。

ガンタンクを開発後、ガンキャノンと同じように、サイド7で戦闘試験をするはずでした。しかし急にザクが襲ってきたため、「試験なし」でホワイトベースに実戦として配備されました。

ジオン軍のモビルスーツ

旧ザク

旧ザク(型式 No.MS-05)は、ジオン公国軍が初めて実用化に成功したモビルスーツです。大量に生産されました。
新しく作られたザクが登場してからは、戦闘用ではなくて補給部隊用として利用されるようになりました。

ザク

ザク(型式 No.MS-06)は、ジオン公国軍の主力モビルスーツです。旧ザクの進化版であり、とても活躍した名機です。一年戦争の時に、大活躍をしました。

各部位に出ている動力パイプが、特徴的です。肩については、左にスパイクアーマー、右にシールドと左右対象になっていません。これも特徴的です。

なお、機動戦士ガンダムでは、アムロ・レイがザクの攻撃に巻き込まれることから、ガンダムのパイロットになります。物語において、ザクは重要なモビルスーツと言えます。

シャア専用ザク

シャア専用ザク(型式 No.MS-065)は、モビルスーツのザクを赤色とピンク色に塗った物です。
シャア専用のモビルスーツです。頭部にブレードアンテナを付けており、中隊長機であるという目印になっています。

この赤いザクは、普通のザク以上のスピードを出して、地球連邦軍と戦いました。その様子から「赤い彗星」と呼ばれて、恐れられるようになりました。

グフ

グフは、ザクの後継にあたる機体です。ザクより格闘に対する能力を向上させたモビルスーツになります。近距離・中距離用の能力や武装が、充実しています。

ランバ・ラルというグフのパイロット・リーダーがいました。彼が初めてグフを操縦してガンダムと対戦した時、ガンダムを圧倒しました。

ドム

ドムは、局地戦対応用の重モビルスーツです。
ドムの特徴は、脚と腰とモノアイカバーにあります。脚には、バーニアが内蔵されています。腰には、大きいカバーが付いています。モノアイカバーは、十文字の様な形をしています。

このモビルスーツは黒い三連星で活躍した機体で、軽快な機動性と「ジェット・ストリーム・アタック」で、ガンダムを苦しめました。

ゴッグ

ゴッグは、水陸両用として使用できる重モビルスーツです。装甲が分厚くなっているので、ガンダムのハイパー・ハンマーを受けても、大丈夫です。
その形は卵型であり、水中では手足を収縮したり収納したりできます。



タイトルとURLをコピーしました