ハードディスクが壊れたら、業者にデータを復元してもらいましょう

故障する可能性があるハードディスク

ハードディスク装置

パソコンには、大容量のハードディスクが付いています。このハードディスクは機械なので、消耗品と言えます。なので突然、故障してしまうということがあります。

また、人のミスで壊れてしまう事もあります。例えば、コーヒーをパソコン本体にこぼした時などです。
パソコンを使いながらコーヒーを飲むという人は多い、と思います。もしもパソコン本体にコーヒーをこぼしてしまったら、本体を始め、ハードディスクも故障してしまう可能性があります。そうなったら、パソコンは起動しなくなるでしょう。

パソコンの近くで飲食をする際は、十分に注意しましょう。可能なら、パソコンの近くで飲食しないようにしましょう。

ハードディスクが物理的に壊れた時、メーカーに修理を依頼できます。その場合、新品のハードディスクに交換となるでしょう。一般的に、ハードディスクの中を開けて修理する事はできないからです。なので、ハードディスク内のデータを失うことになります。

データのみ破損した場合

ハードディスクは正常に動作しているのに、データだけが壊れてしまうことがあります。これは機械としては正常ですが、使うほうから見れば、やはり壊れているように思えます。

このような時は、ファイルの復元ソフトを使用するとデータを元に戻せるかもしれません。データの壊れ方によっては、完全に復元できないかもしれません。ですが試してみる価値はある、と思います。

ファイル復元ソフトの使用は、そんなに難しくありません。ボタンをクリックするだけの物が多いです。
一般的な復元操作は、最初にデータを復元したいドライブを選んで、スキャンを実行します。すると、復元可能なファイルのリストが表示されます。復元したいファイルを選択して、リカバリを行ないます。以上の操作で、ファイルが復活するでしょう。

ただし、完全に復元できない場合もあります。そんな時は、残念ながら諦める事になるでしょう。

記憶装置が故障した場合のデータ復元

パソコンやハードディスクを落としたりして、強い衝撃を与えてしまい、ハードディスク装置を物理的に壊してしまった場合など、どうすれば良いでしょう。

ハードディスクの記憶装置が物理的に故障した場合は、

復元ソフトではデータを復元できないでしょう。

強い衝撃によってハードディスクがクラッシュした場合や、装置に水を掛けてしまったり、落雷のために装置が破損した場合は、復元ソフトではどうにもならないと言えます。

業者に、データ復元を依頼

ハードディスクは超精密な装置なので、個人がハードディスクを分解して修理できません。分解してハードディスク内にホコリが入ってしまうだけでも致命的であり、壊れてしまう可能性があります。

そのような壊れたハードディスクからデータを復元するには、専門業者に依頼することになります。専門的な技術と設備を備えた業者に、データの復元をしてもらうことになります。
データ復元の専門業者なら、壊れたハードディスクからデータを復元できると思います。ただしその費用は、かなり高額になるでしょう。

なお、業者に修理を依頼した場合、ディスクの中身・ファイルの中身などが業者の人に見られてしまうかも?という不安があるかもしれません。ですが多くの場合、心配はないと思います。ハードディスク装置は、廃棄処分されるからです。

例え見られたとしても、システム領域だけだろうと思います。その辺は、人の良心の問題になります。なので少しでも評判が良い業者、信頼ができる業者を選びましょう。

データ復旧業者を選ぶポイント

選ぶポイントとして、以下のような事項があります。参考にしてみてください。

  • データ修復に関して、最新の技術を持っているかどうか。

データ修復する施設や設備は、どうなっているのか。これは、大切な判断基準となります。なぜなら、パソコンを始めとするコンピューター機器は常に進歩しているからです。
最新の機器に対応できる技術があるかどうか、確認しましょう。

  • クリーンルームを備えているか。

専門業者の中には、クリーンルームを備えているところもあるようです。
クリーンルームがあると、より安全でクリーンな状態の中で、緻密なハードディスクの分解および復旧作業を行なえます。よってクリーンルールを持たない、普通の空間で作業をしている業者より、より高い確率でデータを復旧できるようです。

  • 過去にどのくらいの復旧作業を行なってきたか、実績があるか。

年間何件ぐらいの作業を実施しているのか、同業者が多数いる中で、どういった実績を挙げているのか、ポイントになると思います。

  • 優秀な技術者がいるのか。

設備機械の条件以外でも、それなりの技術を持った優秀な技術者がいるか、いないかによっても、データ復旧の結果が変わってくると言えます。

  • 流出の危険性があるため、厳重にデータの管理を行なっているか。

納品後、業者に預けたデータを消去しているか?という「データの取り扱い」を確認しましょう。個人情報漏洩の防止が言われている昨今、セキュリティー面はどうなっているか、確認しましょう。

  • 壊れたハードディスクの中身をバックアップしてから、処理してくれるか。

壊れたハードディスクを、直接、復旧処理してしまうのは、やはり危険な事だと思います。
通常はハードディスクの中身を、一旦、別のシステムにバックアップしてから処理します。これをしない場合、処理中に何か問題が起きると、「オリジナルそのもの」を壊してしまう事になり、中にあるデータの復旧が不可能ということになります。

  • 自社内でデータ復旧作業を行なうのか、他社に委託して作業させるのか。

もしも他社に委託する場合、その他社も信頼できる業者か?確認する必要があるでしょう。

以上、選ぶポイントでした。
このような事をしっかりと実施してくれるデータ復旧業者を、選ぶと良いでしょう。
お金を掛けてデータの復旧を依頼するので、信頼できる業者を選定する事が大切だと思います。