ハードディスクが壊れたら、業者にデータを復元してもらいましょう

故障する可能性があるハードディスク

ハードディスク装置

パソコンには、大容量のハードディスクが付いています。このハードディスクは機械なので、消耗品と言えます。なので突然、故障してしまうということがあります。

また、人のミスで壊れてしまう事もあります。例えば、コーヒーをパソコン本体にこぼした時などです。
パソコンを使いながらコーヒーを飲むという人は多い、と思います。もしもパソコン本体にコーヒーをこぼしてしまったら、本体を始め、ハードディスクも故障してしまう可能性があります。そうなったら、パソコンは起動しなくなるでしょう。

パソコンの近くで飲食をする際は、十分に注意しましょう。可能なら、パソコンの近くで飲食しないようにしましょう。

ハードディスクが物理的に壊れた時、メーカーに修理を依頼できます。その場合、新品のハードディスクに交換となるでしょう。一般的に、ハードディスクの中を開けて修理する事はできないからです。なので、ハードディスク内のデータを失うことになります。

ハードディスク・クラッシュの状況

ハードディスクがクラッシュする時の状況には、いくつかあると思います。ここでは、一つの例を挙げてみたいと思います。

例えばWindowsのエクスプローラを起動した際に、OSがいきなりフリーズしてしまい、ハードディスクから「カッコン、ガー」などと嫌な音が聞こえています。
その状態で再起動したら、起動中にフリーズしたまま(応答なしのまま)となり、ハードディスクからはずっと音が出ている、という状況です。

パソコン起動時にクラッシュしたハードディスクにアクセスして、フリーズしたようです。
仕方ないのでパソコンの電源を落として、故障したと思われるハードディスクを物理的に切り離して、起動してみました。そうすると問題なく起動しました。

試しにハードディスクを調べてみると、熱くもないし基盤も異常なさそうです。チップが黒焦げになっている気配も見当たりません。ということは、ハードディスクの内部でディスクが破損しているトラブルだろう、と予想できます。

このようなディスクのクラッシュは、突然に起きるようです。ある意味、予測不能な出来事と言えます。

データのみ破損した場合

ハードディスクは正常に動作しているのに、データだけが壊れてしまうことがあります。これは機械としては正常ですが、使うほうから見れば、やはり壊れているように思えます。

このような時は、ファイルの復元ソフトを使用するとデータを元に戻せるかもしれません。データの壊れ方によっては、完全に復元できないかもしれません。ですが試してみる価値はある、と思います。

ファイル復元ソフトの使用は、そんなに難しくありません。ボタンをクリックするだけの物が多いです。
一般的な復元操作は、最初にデータを復元したいドライブを選んで、スキャンを実行します。すると、復元可能なファイルのリストが表示されます。復元したいファイルを選択して、リカバリを行ないます。以上の操作で、ファイルが復活するでしょう。

ただし、完全に復元できない場合もあります。そんな時は、残念ながら諦める事になるでしょう。

記憶装置が故障した場合のデータ復元

パソコンやハードディスクを落としたりして、強い衝撃を与えてしまい、ハードディスク装置を物理的に壊してしまった場合など、どうすれば良いでしょう。

ハードディスクの記憶装置が物理的に故障した場合は、

復元ソフトではデータを復元できないでしょう。

強い衝撃によってハードディスクがクラッシュした場合や、装置に水を掛けてしまったり、落雷のために装置が破損した場合は、復元ソフトではどうにもならないと言えます。

ハードディスクを分解しても大丈夫?

ハードディスクがクラッシュした時に、どうやってもディスクが認識しない場合、最終手段として自分でハードディスクを分解してみようか?と考える人がいるかもしれません。

試行錯誤して色々と試してみようと思ったりする人がいたりします。ですが素人が専門知識もなく分解するのは、装置が壊れる危険性が高いと思います。
素人でも「かなりの玄人」なら、制御基盤の交換までは丁寧に作業したら可能だという指摘があります。しかしディスクの交換は、かなり困難ということです。ハードの中を熟知している人でさえも、本当にディスクを交換できるかどうかは、わからないそうです。

また、分解をする際は、特殊な「ねじ回し」が必要だと思います。そんな特殊な工具は、もしかしたらパソコン専門店に行けば販売されているかもしれません。

自己責任において、ハードディスク内のデータが「どうなっても仕方ない」という考えで分解するなら良いでしょう。ただし仮に分解が上手くいったとしても、データを全て読み取れるかどうか、わかりません。
データの復元を優先する場合は、専門業者に頼んだほうが確実です。

業者に、データ復元を依頼

ハードディスクは超精密な装置なので、個人がハードディスクを分解して修理できません。分解してハードディスク内にホコリが入ってしまうだけでも致命的であり、壊れてしまう可能性があります。

そのような壊れたハードディスクからデータを復元するには、専門業者に依頼することになります。専門的な技術と設備を備えた業者に、データの復元をしてもらうことになります。
データ復元の専門業者なら、壊れたハードディスクからデータを復元できると思います。ただしその費用は、かなり高額になるでしょう。

なお、業者に修理を依頼した場合、ディスクの中身・ファイルの中身などが業者の人に見られてしまうかも?という不安があるかもしれません。ですが多くの場合、心配はないと思います。ハードディスク装置は、廃棄処分されるからです。

例え見られたとしても、システム領域だけだろうと思います。その辺は、人の良心の問題になります。なので少しでも評判が良い業者、信頼ができる業者を選びましょう。

データ復旧業者の選び方

修理業者一般的にハードディスクが故障した場合、業者にデータを復元してもらうことになります。データ復旧業者に関しては、インターネットで調べると多数の業者が見つかります。

ハードディスク装置のデータ復旧では、出来るだけ費用を安く抑えたいです。そこで、どのような業者を選ぶと良いか?しっかりと検討しましょう。例えば、以下のような点で選んでみましょう。

成功報酬

業者を選ぶ際に重要なことの一つに、その業者が請求してくる費用が「成功報酬」かどうか、という点があります。
当然のことですが、費用が掛かったのにデータを復元できないでは、どうしようもありません。がっかりしないために、成功報酬型の業者を選ぶと良いです。

データ復旧に関しては、「見積もり」を取ることがあります。この「見積もり」が「有料」か「無料」かについても、確認したほうが良いです。
ちなみに成功報酬型の業者は、「見積もり」も無料で行なってくれるところが多いようです。

セキュリティ

そして「情報漏えい」に関しても、業者を選ぶ際に重要なポイントとなります。
データを復元したいと考える場合、そのデータの多くはユーザーにとって重要であり、機密であることが多いと思います。そしてデータが個人情報に関わることも多い、と思います。個人のメール文やネットショップの会員情報(IDとパスワード)などは、とても重要です。

なので復元されたデータが、修理業者内で「どのように取り扱われているか」というセキュリティ対策について、確認しておくほうが良いです。例えばデータ復元の作業が終了した後、業者に預けたデータを消去しているか?という点も確認しておきましょう。

修理期間

修理期間も、確認しておいたほうが良いです。
例えばハードディスク内に入っているデータを、期日や納期が迫った仕事で使用する場合、時間がありません。
どのくらいの期間で修理が可能か、確認しておきましょう。

データ復旧業者を選ぶポイント

上記の他にも選ぶポイントとして、以下のような事項があります。参考にしてみてください。

  • データ復旧に関して、最新の技術を持っているかどうか。

データ復旧する施設や設備は、どうなっているのか。これは、大切な判断基準となります。なぜなら、パソコンを始めとするコンピューター機器は常に進歩しているからです。
最新の機器に対応できる技術があるかどうか、確認しましょう。

  • クリーンルームを備えているか。

専門業者の中には、クリーンルームを備えているところもあるようです。
クリーンルームがあると、より安全でクリーンな状態の中で、緻密なハードディスクの分解および復旧作業を行なえます。よってクリーンルールを持たない、普通の空間で作業をしている業者より、より高い確率でデータを復旧できるようです。

  • 過去にどのくらいの復旧作業を行なってきたか、実績があるか。

年間何件ぐらいの作業を実施しているのか、同業者が多数いる中で、どういった実績を挙げているのか、ポイントになると思います。

  • 優秀な技術者がいるのか。

設備機械の条件以外でも、それなりの技術を持った優秀な技術者がいるか、いないかによっても、データ復旧の結果が変わってくると言えます。

  • 壊れたハードディスクの中身をバックアップしてから、処理してくれるか。

壊れたハードディスクを、直接、復旧処理してしまうのは、やはり危険な事だと思います。
通常はハードディスクの中身を、一旦、別のシステムにバックアップしてから処理します。これをしない場合、処理中に何か問題が起きると、「オリジナルそのもの」を壊してしまう事になり、中にあるデータの復旧が不可能ということになります。

  • 自社内でデータ復旧作業を行なうのか、他社に委託して作業させるのか。

もしも他社に委託する場合、その他社も信頼できる業者か?確認する必要があるでしょう。

以上、選ぶポイントでした。
このような事をしっかりと実施してくれるデータ復旧業者を、選ぶと良いです。お金を掛けてデータの復旧を依頼するので、信頼できる業者を選定する事が大切だと思います。

パソコン
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム