大切な物だから、手帳の紛失を防ぐ方法

手帳の紛失を防ぐ方法

「手帳の置き忘れ」に注意

手帳と言えば、近年ではノートサイズほどの手帳を使っています。スマートフォンなどのデジタル端末とは違って、紙媒体の手帳はアナログだけど、手に馴染みやすいというか使いやすいと思います。

手帳今の時代でも、手帳を活用している方は多いと思います。そんな手帳は、仕事のスケジュール管理などで重宝します。
とても大切な物なので、まずは手帳をなくさないように気をつけてください。
手帳を紛失する場所の例としては、会議室や打合せのテーブル、喫茶店などに置き忘れる事が多いそうです。そのような場所では注意しましょう

手帳を同じ場所に収納

常に手帳を携帯する場合、収納する場所を「いつも同じ所に決めておく事」を、おすすめします。ポケットやカバンなどにおいて、いつも同じ所に手帳を収納しましょう。

そして会社や自宅でも、手帳を置いておく場所を常に決めておきます。習慣づけておく事で、もしも忘れた場合でも探し始めやすいと思います。

連絡先を記入

手帳のほとんどには、最終ページに持ち主名を記入する欄があります。使い始める前に、この欄に氏名や連絡先など記入しておきましょう。

そして、もしも拾われた場合のために、

「この手帳は私にとって大切な手帳です。拾われた方は、お手数ですが下記までご連絡お願いします」

 

などのようなメッセージを記入しておきます。拾ってくれた人に対して、あなたにとって大切な手帳であるという事が伝わり、戻ってくる可能性が高くなるでしょう。

なくした場合にも対応

手帳は、いつも使用している人ほど大切な物です。なので、うっかり紛失してしまうと、スケジュール管理などを行なっているため、途端に行動できなくなってしまう人も多いでしょう。
万が一、手帳を紛失してしまったという事態に備えて、事前に万全の対策を施しておきたいです。

もしも複数の手帳を使用していたり、別のスケジュール管理ツールを使用していたりする場合なら、相互補完も可能です。

理想としてはスケジュール欄を定期的にコピーしておくと、仮に紛失した場合でもバックアップできます。しかし実際にコピーするには、かなり面倒で難しいと思います。

アドレス欄については、年1回くらい複写して保存しておくことをおすすめします。
なお、アドレスについては手帳に記入せずに、バックアップが簡単なスマートフォンやパソコンに登録している人も多いようです。

※手帳のスケジュール欄やアドレス欄を、とりあえずコピーしておきたい場合は、スマートフォンを使って写真を撮ると良いでしょう。写真は、一応「コピーの代わり」になります。

「手帳」と言いながら探してみる?

何かを探し物する時に、その探している物の名前をしゃべりながら探すと早く見つかる、という指摘があります。例えば手帳をなくした場合、「手帳、手帳」と言いながら探してみます。
自分が「その物」を「どこに片付けたのかわからない」、そんな時は、探している物の名前を口ずさみつつ探してみましょう。もしかしたら、すぐに見つかるかもしれないからです。
ちょっと不思議な話ですが、物の名前を何度も口に出して言う事より、忘れてしまった記憶が蘇ってくるのかも?しれません。

タイトルとURLをコピーしました