ハードディスク内のデータを復元する方法

物理的に削除されていない場合

デジタルデータ

勘違いして重要なファイルを削除しても、ディスクから物理的に削除されていない状態があります。その時、データ復元の可能性が残っています。

破棄したパソコン機器から、何者かにデータを読み取られた、という話を聞いたことがあると思います。これは、ディスクをフォーマットしてもデータが読み出せる形で残っていた、ということです。

フォーマットされたディスクのデータを復元できるソフトも、市販されています。パソコンを処分する際、パスワードなどの「情報の漏えい」に気をつけましょう。

慌てず再確認、ごみ箱の中

ちなみに削除されたデータが「ごみ箱」の中に存在しているなら、そのデータを復元するのは簡単です。ごみ箱の中にあるデータを選択して、「元に戻す」というメニューを選択すれば良いです。

ごみ箱に入っているファイルは、ディスク上から完全に消去された訳ではありません。よって「元に戻す命令」によって、再びファイルを元の場所に復元できます。

そして、ごみ箱を空にした後でも、データを復元できる可能性があります。
ごみ箱を空にしても、データ自体はディスク上に残っています。画面上からファイルのアイコンが消えてしまうため、パソコンの画面上では削除されたように見えます。

しかしユーザの削除という操作によって、ファイル管理システムがファイルの情報に「削除マーク」を付けて、デスクトップ上で作業できないように見せているだけです。
よって「ごみ箱」を空にした直後なら、データを復元できる可能性があります。

ファイルを開くアプリケーションの変更

あと、削除ではありませんが、ファイルの一部が破損して、アプリケーションソフトからファイルを開けなくなってしまうことがあります。

そんな時、開かなくなったファイルの拡張子を変更して、ファイルを開くアプリケーションを変えてみましょう。データを復元できる可能性があります。
例:エクセルファイルの場合、「.xls」という拡張子を「.csv」に変更してみます。
※念のため、ファイルのバックアップをした後で、ファイルの拡張子を変更してください。

データの復元方法

復元ソフトを使う事

パソコンを使用中に、ハードディスク内のデータを誤操作により削除してしまうことがあります。例えば、ごみ箱を空にして完全に削除してしまった後で、やっぱり必要なデータだったと、気づくことがあります。
また、大切なデータがあることを忘れてハードディスクをフォーマットして、データを消してしまうこともあります。
このようなことは、多くの人が経験することだと思います。

こんな時はデータ復元ソフトを使用して、データの復旧を試しましょう。
ネットショップやパソコンショップなどで、様々なデータ復元ソフトが販売されています。良さそうな物を使ってみましょう。

なお、誤ってデータを削除した場合は、すぐにパソコンの使用を中止してください。そして慌てずに落ち着いて、データの復元作業に取り掛かってください。

別のパソコンを使う事

Windows OSが壊れたために起動できなくなり、ハードディスク内のデータを利用できなくなった。こんな場合、そのデータを復元する方法はあるのでしょうか。この場合なら、

ハードディスクを取り外して他の正常なパソコンに接続すれば、ハードディスク内にあるデータを取り出せる、と思います。

パソコンから取り外したハードディスクを「内蔵の増設ディスク」として接続するのは、ちょっと面倒かもしれません。
そんな時はUSB方式の外部接続キットを使い、外付けハードディスクとして正常なパソコンに接続しましょう。そうすれば、ハードディスク内のデータを読み取れます。

なお、外部接続キットでノート用の2.5インチ・ハードディスクにも対応している物を選べば、デスクトップ・パソコンにノート用の2.5インチ・ハードディスクを接続できます。

専門業者に依頼

個人でデータの復元が可能であるのは、誤操作などの論理障害によるトラブルに限定されるようです。

落下や衝撃などが原因の物理障害によってデータが消えた場合は、データ復旧の専門会社に依頼することになるでしょう。クラッシュなど、物理的に故障しているハードディスクからデータを復元するのは、素人にはできないでしょう。

やはりハードディスク自体が壊れている場合は、自分ではどうしようもありません。データ復元の専門業者に依頼する方法しか、ないでしょう。

ハードディスクのデータを失った「苦い経験」

harddisk

以前に(2006年ごろ)、外付けハードディスクが突然、認識されなくなったことがありました。その数日前に重要なデータをバックアップしていたのですが、直近のデータは失われました

ハードディスクは、突然壊れることを思い知りました。その日からは、なるべくこまめにデータのバックアップをするようになりました(市販のバックアップソフト Acronis True Imageで、定期的にデータをバックアップしています)。

長年パソコンを使用していると(例えば20年間にわたってパソコンを使っていると)、大切なファイルを「うっかり削除してしまうこと」がありました。勘違いしてハードディスクをフォーマットしてしまい、データを失ったこともありました。

消してしまったデータの中に、とても大切なデータがあった時、どうすれば良いでしょうか。
最初に試していただきたい方法の一つは、市販のデータ復元ソフトを使う事です。なぜなら業者に頼らず、自分自身の操作によって、データを取り戻せる可能性があるからです。

データ復元ソフト

データの復元ソフトを使えば、誤って削除したファイルを復元できる可能性があります。
ユーザーの不注意でファイルを削除してしまった時は、データの復元ソフトを試してみましょう。

市販の復元ソフトに備わっている主な機能を、以下に書きます。

  • ごみ箱から削除されたファイルを、復元する機能。
  • クイックフォーマットされたディスクから、データを復元する機能。
  • 完全フォーマットされたディスクから、データを復元する機能。
  • 差分バックアップを行なう機能。

選び方

市販のデータ復元ソフトには、いくつかの種類があります。なので「どの種類のソフト」を購入したら良いか、ちょっと迷うでしょう。

選ぶ時の基準として、

どのような種類のデータを復元したいのか、
どのくらいの予算(お金)を用意できるか、

ということで決めれば良いと思います。

データ復元ソフトが復元できるデータの種類は、写真データやメール文、オフィス文書ファイルを始めとする「全てのデータ」と言えるでしょう。ただしソフトによっては、写真データの復元に優れているなど、得手不得手があると思います。

ソフトの価格については、やはり高機能であるほど高額と言えるでしょう。

体験版で動作確認

なお、欲しいデータ復元ソフトが決まっても、すぐに購入しないほうがいいようです。なぜなら、購入したけれど結局「復元できなかった」という場合も考えられるからです。

購入する前に、データ復元ソフトのウェブサイトにアクセスして、体験版を探してみましょう。もし見つかれば、体験版をダウンロードしましょう。そして体験版で、動作を確認しましょう。
データ復元が可能と判断してから購入を決めても、決して遅くはないと思います。

ただし、体験版を使用して復元可能と判断した場合でも、実際には復元しようとしたらできないこともあります。100%絶対にデータを復元ができる、ということではありません。気をつけましょう。

フリーソフトも選択肢の一つ

削除したデータを復元する方法としては、一般的に「市販のデータ復元ソフト」を使う方法があります。
その他、インターネットからデータ復元のフリーソフトを手に入れて、それを使う方法があります。

無料のフリーソフトでも、データを復元できると言えます。ですが有料の市販ソフトのほうが、やはり高機能であり高性能でしょう。

速やかに復元処理をする事

なお、データ復元ソフトを使う場合、

ファイルを削除してから、すぐにデータの復元作業を行なうことが大切です。

なぜなら、削除マークが付けられたファイルは未使用領域となっているため、別の新しいファイルのデータが「その領域に上書きされてしまう」からです。

パソコンの電源を落とさずに、他のソフトも使用せずに(例えば、ハードディスクに他のデータを上書きさせずに)、

すぐにデータ復元処理を実行すれば、かなり高い確率でデータを復元できる

と言われています。

パソコン
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム