不快な症状「手のしびれ」を予防しましょう

「手のしびれ」の原因

例えばパソコンのキーボード入力機器を使っている時、ちょっと手がしびれることはありませんか?
特にプログラマーの方などは、仕事や日常生活でパソコンのキーボードをよく使っているので、「手のしびれ」を経験した方が多いと聞きます。

手に「しびれ」が現れる場合、多くの場合は「肩こり」と同じ様な症状が悪化したことが原因と言われています。首・鎖骨・肩・胸・肋骨などにある神経や血管が圧迫されたために、腕や手、指に「しびれ痛み」が出てくるようです。

そうなってしまう原因を、下記に挙げてみます。

  • 毎日パソコンでキーボードを使用しているために、腕や肩が前に出てしまった状態になり、胸や背中を圧迫したため。
  • 毎日デスクワークをしているため、常に同じ姿勢を取っている事が多く、首の前にある神経などを刺激・圧迫したため。
  • 姿勢が悪いため。
    いつも猫背で歩いていたり、斜めに座ったりしているなど、姿勢が悪い人は肩や首の筋肉が正常の場合と比べて偏ってしまいます。
  • きちんと睡眠できていないため。
    寝具の枕が体に合っているか、布団が体に合っているか、朝起きて体が痛いかなどを確認しましょう。布団が自分の体に適切でない場合、神経を圧迫している可能性があります。

その他にも、症例はたくさんあります。例えば美容師など、常に指を使って作業をしている人の場合にも、「しびれ」や「痛み」が発生するということです。

治療法の一つ・カイロプラクティック

これらの症状を治す治療法の一つに、カイロプラクティックの治療があります。
カイロプラクティックでは、触診・神経学・整形学という様々な観点から、手がしびれている原因を検査します。そして、その人に合った治療法を選択します。

もしも「手のしびれ」の原因が首にある場合、頚椎の調整をしたり、首の緊張を緩和したりします。同様に、原因が肋骨や鎖骨にあるなら、この二つの「骨の動き」を妨げる物を取り除くように調整します。
このように、その人の症状に合った治療法で進めていくことになります。

パソコンのし過ぎで手がしびれているのかも?と思ったら、カイロプラクティックの施術を受けてみましょう。

腱鞘炎

長い間ずっと「同じ様な動き」で手や指を使い続けると、腱鞘炎(けんしょうえん)になってしまう場合があります。腱鞘炎では炎症を起こしているので、「痛み」もあり、同時に「しびれ」があったりします。

ずっと「同じような動き」の例としては、パソコンで長期間、キーボードを打ち続けることがあります。その他にも、長い間何かを書く作業をしていたり、ピアノを弾き過ぎたり、テニスをずっとやっていたりすることがあります。

これらのように、腕・手・指を酷使すると、腱鞘炎になりやすくなります。
疲れてきたら休憩するなどして、手を休めましょう

「手のしびれ」を予防しましょう

腱鞘炎のサポーター「手のしびれ」は、思った以上に不快な症状だと思います。普段の生活から予防するように心掛けましょう。

デスクワークでは、手を前に置いたり猫背になったりすることが多いです。よって首に「疲れ」が溜まり、神経が圧迫されます。そのため、手がしびれてしまう可能性があります。
特に長時間パソコンを使っていると、目がディスプレイ画面を見続けていることになります。それにより、肩や首が凝ってしまいます。
1時間に1回は席を立ち、肩を回したり、遠くを見たりしましょう。このようにするだけで、「疲れ」を軽減できると思います。

そして普段から意識して姿勢を正し、真っ直ぐ立つという練習をしてみましょう。そして、肩や首の筋肉が偏ってしまうことを防ぎましょう。

健康
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム