経済力があるニート・ネオニート

ニートとは、一般的に働いていないために「収入がない人」のことを言います。ですが実は、経済的に自立しているニートもいます。
そのようなニートについては、ネオニートと呼ばれています。

ネオニートが一般的に知られるようになったのは、あるテレビ番組が「きっかけ」でした。親の遺産を元に、株取引で収入を得ていた男性がネオニートとして紹介されました。それ以降、雑誌などのメディアでも一時的に話題になりました。

株取引するネオニート働いていないのに経済的に自立できている理由は、趣味みたいな副業によって「お金」を稼いでいるからです。生活スタイルについては、ニートとほとんど同じです。

ネオニートの収入源は、株取引やインターネット活動、パチンコなどだそうです。
インターネット活動の収入源は、オークションやアフィリエイトなどです。株やパチンコと違って大きな損失を出すことが少ないため、人気があるようです。場合によっては、それらによる収入は会社に就職するよりも多いそうです。

社会参加を期待されています

多くの場合、自宅で株取引やインターネット活動に没頭していると、基本的に他の人と直接関わることはありません
あと、在宅で収入を得ることになるので、昼や夜を問わず、基本的に自分の好きな時間に活動できます。よってネオニートとして成功すれば、ますます自宅に引きこもるでしょう。社会に出て就職する意欲が、どんどんなくなってしまう可能性があります。
ただし「もしもの話」ですが、地域の文化教室などに参加して習い事をしていたら、他の人と会う可能性もあります。他の人と会うので、自宅で自営業をしている様な感じになるかもしれません。

ちなみに世間の意見の中には、ネオニートは社会に出て生産活動に参加していないので問題である、という意見があります。
ただし、在宅で収入を得ることを100%否定できない、と思います。しかし、健康な若者がネオニートを続けることは、やはり本人のためにも望ましいことではありません。

いずれは社会と関わり、生活していくことが望まれています。

あと、個人的には、家賃収入などの不動産収入で暮らしている人もネオニートっぽい気がします。
だけど、もしも完全に不労所得で暮らしていても、世の中に役立つ団体に寄付したり、地域のボランティアに参加したりすれば、特に問題ないように思いました。

最後に余談になりますが、生物的には、仲間の生物にとって役立たない生き物は早死にするなんて言われています。不思議な話ですが、遺伝子が自殺するように働くなんて言われています(なお、科学的な根拠について、私は知りません)。

もしかしたら人間の場合も、他の人にとって役立たない人は寿命が短くなるかもしれません。
ちなみに他の人にとって役立つ方法は、たくさんあります。例えばSNSなどを使って「役立つ豆知識をつぶやく事」も、世の中に対して「役立つ行動」と言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました