海外で無線LANを使える「海外WiFi」

海外でも使いたいネット回線

仕事はもちろんの事、趣味などの私生活においても、インターネットを利用するのは当たり前と言えます。私自身もほぼ毎日、ネットを利用しています。日常のニュース閲覧を始め、ネットバンキングで「今月の収入」や「支払い」を確認するなど、もはやネットなしでは日常生活を送れないと言ってもいいくらいに、インターネットを活用しています。

いつでもどこでも使えるインターネットと言われていますが、ところが変わって海外になると事情が変わってくるそうです。自分がいつも使っているスマートフォンやタブレット端末、ノートパソコンなどを海外で使おうとしたら、希望通りにネットに接続できなくて困ってしまったなんて事が起きるからです。

出張や旅行で海外に行っても、日本と同じようにインターネットのサービスが利用できたらいいのに、と思います。

海外の無線LAN事情

海外WiFi海外旅行先で、自分のスマートフォンやパソコンから無線LANを使ってインターネットできるなら、旅行者にとっては便利でしょう。ですが海外では、無料の無線LANスポットはまだまだ少ないという状況です(2011年当時)。

海外では、無線LANを全く使用できない国もあるようです。使えるとしても高級なホテルのみで使える、という状況だったりします。
そして無線LANを使える国と言われていても、無線LANの電波がよく途切れたり、通信スピードが遅かったりなど、使い勝手が悪い所もあるそうです。

ですが年々その状況は改善されてきており、近年では、発展途上国や後進国のリーズナブルなホテルでも、インターネットを利用できるコーナーがあるそうです。また、街中にあるインターネットカフェでも、インターネットを利用できます。
ただしネットカフェのパソコンは、不特定多数が使うパソコンです。なので、ホームページを閲覧するだけなら問題ないですが、自分のIDやパスワードを入力しないほうがセキュリティ上安全と言えます。

海外で無線LANを使う方法

海外で無線LANを使えるようにする方法の一つに、海外でのローミングサービスを利用するという方法があります。日本国内のプロバイダが海外でのローミングサービスを提供しているなら、海外のプロバイダのアクセスポイントを利用できる、と思います。

他には、滞在する国のプロバイダと直接契約するという方法もあります。ただしこの方法は、難易度は高いかもしれません。海外経験の豊富な方なら、海外のプロバイダとうまく契約できると思います。しかしそうでない日本人にとっては、やはり難しいと言えます。

海外WiFiのレンタルサービス

一般的に「グローバルWiFi」などと呼ばれている「海外WiFi」のレンタルサービスを利用すれば、海外でもいつものように高速なインターネット回線を使えます。主要な国に対応しているようなので、多くの海外旅行先で利用できるインターネットサービスと言えます。

海外旅行先でWiFiを自由に使えるなら、現地の情報収集に役立つと思います。例えば地図アプリを使って、周辺の観光スポットやショッピングエリアなどを手軽に確認できます。

今ではインターネット上で、写真付きの地図を簡単に見られるようになりました。ネット上の地図サービスの一つであるグーグルマップのストリートビューでは、有名な観光地などの写真を見ることができます。写真付きの地図のほうが、現地の様子がわかりやすいと思います。
実際に現地に行く前に観光地の下調べとして、ストリートビューで「観光地巡り」をするのも楽しいでしょう。

もしも今後海外旅行に出かける予定があるなら、「海外で利用できるレンタルWiFi」のサービスを契約して、その端末を持って行きましょう。楽しい旅をさらに快適にしてくれるインターネット回線を利用できるからです。
「海外WiFi」は、楽しい旅の思い出作りにも役立つでしょう。

タイトルとURLをコピーしました