「効果の違い」があると言われている、パワーストーンを身に付ける場所

ラッキーアイテム・パワーストーン

一般的なラッキーアイテムと言うと、パワーストーンがあります。パワーストーンを用いたアクセサリーを身に付けることで、「自分の願い」を託す人が多いと聞きます。

なお、パワーストーンを使う際、その石と個人の相性に関して問題があるそうです。なので心配な方は、天然石の店に行ってスタッフさんに相談しましょう。そして実際にパワーストーンを手に取って、雰囲気などを確認してから購入するほうが安心できるでしょう。

パワーストーンを身に付ける場所

パワーストーンは、身に付ける場所によって効果が強くなります。
なぜなら、「体のツボ」や「気の流れ」がパワーストーンを刺激して共鳴するため、ということです。

イヤリングやピアスとしてに付ける場合、頭が冴える効果を期待できます。
直観力が向上したり、冷静な判断が出来るようになったりすると言われています。

指輪としてにはめる場合、「魔除け」の効果が強まると言われています。

ネックレスとして身に付けると、心を安らかにしてくれると言われています。ネックレスは「長さ」により、首元までだったり心臓の近くまでだったりします。
「長さ」が首元までなら、自己表現力を高めてくれる、人間関係を良好にしてくれるという効果があるそうです。
「長さ」が心臓の近くまでなら、願い事を叶えてくれるパワーが強くなるそうです。

期待できるネックレスの効果

ネックレス以下参考に、パワーストーンのネックレスに関する効果を、ご紹介したいと思います。

ネックレスというアクセサリーは心を落ち着かせて、気力を与えるとされています。
その他、コミュニケーション能力や自己表現能力の向上に役立つとも言われています。

胸の上のほうに(心臓の近くに)ネックレスを付ければ、「気持ち」が強くなると言われています。なのでネックレスは、願い事を叶えるのに最適なアクセサリーと言えるでしょう。