まるで本物の花、プリザーブドフラワー

1991年にフランスで誕生して、1996年頃に日本に輸入された花があります。それは、プリザーブドフラワーと呼ばれている花です。

プリザーブドフラワーとは、

生花にブリザーブド溶液を吸わせた花の事です。長期間「瑞々しさを保てる花」として、知られている物です。

「新鮮さ」があって、ドライフラワーのように手軽に取り扱えるという特徴より、多くの人たちから注目されている花と言えます。

鮮度がある花

花の贈り物

プリザーブドフラワーは、1987年に誕生しました。企業と大学による共同研究の結果、この年にプリザーブドフラワーが誕生しました。
この花は枯れることがない、と言われました。花の鮮度を保ったまま、長期間にわたって保存できるようになったからです。

プリザーブとは、英単語の「保存する」という意味になります。生花に対して特殊な加工を行なうことより、花の「鮮やかさ」や「色合い」を長い間、保てるようにします。
加工された花と言えますが、その「美しさ」は本物であり、ヨーロッパを始め世界の国々で、多くの花の愛好家たちを虜にしました。

本物みたいな花

先日ある人が、ファッションビル内の花屋さんに行った時の話になりますが、思わず買ってしまった花が偶然にもプリザーブドフラワーだったそうです。どうやら本物の花と間違えて買ってしまったようです

プリザーブドフラワーは、近年急速に普及しています。特殊加工によって、花本来が持っている「発色」や「瑞々しさ」を長期にわたって維持できる花として、ますます知られるようになっています。
造花みたいな物と思われるかもしれません。ですが「その鮮度」が違うらしく、まるで生きている花のように生命力を感じられるという事です。

使用できる花の材料

ちなみにプリザーブドフラワーで使用できる花の材料は、ある程度、限定されています。材料を2つのタイプに分けた場合、花類葉っぱ類に分けられます。

以前に聞いた話では、花類の種類がまだまだ少ないと聞きました。今後の技術向上により、プリザーブドフラワーで利用できる花の種類は増えていくと思います。増えるまでは、限られた花の中から選ぶことになるでしょう。

なお、一般的な入手方法は、現在では「通販」や「お花屋さん(店舗)」などで手軽に手に入ると聞きました。また、個人輸入でも手に入るそうです。

人気の高い贈り物・プリザーブドフラワー

枯れることのない花と言われているプリザーブドフラワーは、その「瑞々しさ」と「美しさ」によって、近年、人気急上昇中の花と言えます。もしも今までドライフラワーしか見たことのない人なら、初めてプリザーブドフラワーを見た時、とても「びっくりする」と思います。

そんなプリザーブドフラワーは、世界中でギフトとして大人気です。

贈り物にプリザーブドフラワーを選ぶ人が、多いそうです。

花材で作られたブーケが「まるで本物の生花みたいな感触」をしていて、しかも長持ちするところが、選ばれている理由だそうです。
プリザーブドフラワーは、例えばクリスマス・プレゼントにも喜ばれています。ある女性の方は、クリスマスのプレゼントにこのような「お花」をもらったら感動してしまう、と言っていました。

実際のところ、プリザーブドフラワーは本物の花とは違います。確かに違いますが、贈り物としてもらった場合、とても嬉しいと感じる方が多いです。ギフトを意識したプリザーブドフラワーもあって、例えば「とてもキュートなバスケット」に入っていたりなど、ワクワク感を感じられる「お花」と言えます。

プリザーブドフラワーならではのメリットとしては、1年間ぐらいは余裕で「お花」を楽しめます。お花をいただいても、すぐに枯れてしまうから「ちょっと残念……」なんていう人にも、プリザーブドフラワーなら問題ないでしょう。

お店に贈答品として依頼できます

ところでプリザーブドフラワーを贈る場合、通販で販売している店に贈答品として依頼する方法があります。

販売店については、インターネットで探すと見つかると思います。例えば楽天市場などのネットショップで、贈り物として発送してくれるショップが見つかると思います。急いでいる時など、通販というサービスはとても便利でしょう。

記念日のプレゼントを考えているなら、プリザーブドフラワーを検討しましょう。きっと相手に喜んでもらえる、と思います。

自作のプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワー市販のプリザーブドフラワーを贈っても良いですが、自分でプリザーブドフラワーを作って贈ってみませんか?
少し手間が掛かると思いますが、より「気持ち」が伝わると思います。オリジナルで世界で一つの花だからです。

専用の素材を使えば、花ギフトの自作は可能です。「自分らしさ」を出したオリジナル花ギフトを作ることもできます。

近年では、全国的にプリザーブドフラワーの教室が次々と開かれているそうです。なので、手軽にプリザーブドフラワーの事を学べると思います。
人気の上昇によって、コンテストなども実施されているようです。多くの人たちが、より一層「綺麗なフラワー」を作ろうと頑張っています。今後も大注目の「お花」と言えます。

プリザーブドフラワーは、最初から全てを作らなくてもいいです。すでに加工されている花材も、たくさんあります。よって、自分で好きな形に仕上げていけば完成します。
「大きさ」や「形」も自分の好きな様に作れます。なので小分けにして作れば、たくさんの人にプレゼントできると思います。

ちょっとしたプレゼントにも、自分で作ったオリジナルなプリザーブドフラワーを贈る。

こんな事ができれば、とても素晴らしい事だと思います。

オリジナルなギフト

プリザーブドフラワーが、なぜオリジナル・ギフトと言われているかと言うと、花材として生花を用いているからです。花は似ている物はありますが、同じ物はないと言えます。よって世界に一つしかない、オリジナルな花ギフトと言えます。

オリジナリティーあふれるプレゼント品は、自分そして相手の方も喜べる物が多いと思います。だからこそオリジナル・ギフトとして、プリザーブドフラワーの人気が年々高まっているのでしょう。

ちなみにプリザーブドフラワーを仕上げる際、いくつかの道具を準備しておく必要があります。フラワーデザイン用のハサミとか、ワイヤー、フローラル・テープなどを用意しておくことになります。
なんだか子供の頃に行なった図画工作を、思い出します。大人になってからハサミを使う事は、ほとんどなかったからです。ちょっと「懐かしさ」を感じます。

もう一品加えて、ギフトセットにできます

自作のプリザーブドフラワーにもう一つアイテムを加えたら、ギフトセットにできます。
例えばプリザーブドフラワーと、こだわりの紅茶というギフトセットです。紅茶は、プリザーブドフラワーを観賞している時、それを楽しむための「香り」と「味わい」を演出します。

プリザーブドフラワーが持っている「本物の花のようなフレッシュさ」は、まるで長期間枯れない魔法の花みたいです。そんなプリザーブドフラワーと紅茶の「組み合わせ」は、喜ばれるギフト品になるでしょう。



タイトルとURLをコピーしました