どんどん小さくなっていったSDカード

SDカードを小さくした物・miniSDカード

miniSDカードSDカードのサイズを縮小した物に、miniSDカードがあります。
miniSDカードのサイズは、縦21.5mm、横20mm、厚さ1.4mmです。
重量は、約1gです。
ちなみにSDメモリーカードのサイズは、縦32mm、横24mm、厚さ2.1mmです。

miniSDカードは、2003年にアメリカのサンディスク社が発表したメモリーカードです。発表時、その「大きさ」は世界最小でした
面積が、それまでのSDカードに比べて40パーセント減りました。容積では60パーセント減り、重量では50パーセント減りました。

このminiSDカードは、その当時、携帯電話のメモリカードとして、主に利用されていました。

変換アダプター

SDカードとminiSDカードは、電気的に互換性があります。なので変換アダプターを使用すれば、miniSDカードをSDカードとしても利用できます

SDカードと「同じ大きさ」の変換アダプターがあります。miniSDカードを、変換アダプターに差し込んで使います。
このように変換アダプターにminiSDカードを接続すれば、SDカードとして使えます。つまりSDカードと同じように、miniSDカードでデータの「やり取り」を行なえます。

使い方の例としては、携帯電話で撮影した写真データをパソコン側に取り込みます。

  1. まずは携帯電話で使用されているminiSDカードを、取り出します。
  2. miniSDカードに変換アダプターを接続します。
  3. そして、パソコンのSDカードスロットに差し込みます。
  4. これでパソコン側から、携帯電話の写真データを読み取れます。

実際にminiSDカード製品を購入した際、このような変換アダプターが同梱されていることが多いようです。

miniSDカードを小さくしたmicroSDカード

microSDカードSDカードのサイズを縮小した物が、miniSDカードでした。それをさらに小型化した物が、microSDカードになります。

現在のところmicroSDカードは、スマートフォンを始めとする携帯端末のメモリカードとして、主に利用されています。
microSDカードのサイズは、縦15mm × 横11mm × 厚さ1.0mmです。
重量は、約1g以下となっています。
最初に登場した「SDカードの大きさ」と比べると、約4分の1程度となっています。とても小さくなっています。

microSDカードも、SDカードの規格と互換性があります。よって、SDカードスロットを利用できます。microSDカードもminiSDと同様に、専用のアダプターを使用することによってSDカードスロットで読み書きできます。

microSDカードは、専用アダプターに接続することで、SDカード・miniSDカードとして利用できます。なのでmicroSDカードが普及するに連れて、miniSDカードは使われなくなってゆきました。
近年では、microSDカードが主流となりました。

携帯端末
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム