掃除道具を収納するなら、一箇所にまとめましょう

よく使われる掃除道具

掃除機掃除の際に活躍する掃除道具には、どんな物があるでしょうか。

代表的な物と言えば、やはり掃除機でしょう。一家に一台あると言って良いほど、普及している掃除道具です。

昔ながらの道具と言えば、「ほうき」や「ぞうきん」があります。最近では、それほど使われないかもしれませんが、拭き掃除では「ぞうきん」は必要な物と言えます。

拭き掃除と言えば、もしかしたらモップのほうが利用されているかもしれません。冷蔵庫の裏を始め、「たんす」の裏や上、天井など、手の届きにくい場所を拭き掃除する際、モップは便利です。

天井の掃除と言うと、「はたき」や「ほうき」を使うほうが便利かもしれません。あと、玄関や庭先などのゴミを掃除する場合も、家電の掃除機よりも「ほうき」のほうが重宝するでしょう。

昔ながらの道具から最新の家電まで、様々な掃除道具があります。それぞれの特徴を理解して使い分ける、と良いでしょう。

生活用品として必須のアイテムと言える掃除道具について、故障がないか、取替え用の備品はあるかなど、定期的に確認しましょう。いざ掃除を始める際、例えば掃除機が壊れていたなんて事があると、がっかりするからです。

掃除道具の収納方法

掃除の道具は、なるべく一箇所にまとめて保管しておきましょう。道具を探し回る事もなくなり、作業もテキパキ進むと思います。

ただし刃が付いている物は、庭などの外に保管しておくほうが良いでしょう。
鎌やクワなどの刃の部分については、布などでしっかりくるんでおくと安全です。子供が、うっかり刃の部分に触ってしまう場合も考えられます。なので、安全に保管するようにしてください。

ちなみに先程の鎌やクワと同様に、「軍手」や「竹ほうき」という道具も、家の外で保管しておくほうが使いやすいでしょう。庭や玄関の掃除で使う際、外に保管されているほうが取り出しやすいからです。