紅茶を美味しくする工夫がされている、ティーカップ

ティーカップの形

ティーカップティーカップの形は、口が広くて底は浅めです。なぜこのような形になったかと言うと、紅茶の入れ方に合わせているからです。
紅茶については、熱い「お湯」で入れるほうが美味しいと言われています。なので、カップに入れた時では、紅茶はとても熱い状態になっています。熱い紅茶を少しでも早く冷ますために、カップの口が広くなっています。
また紅茶は、その「香り」を楽しむ飲み物でもあります。「香り」を楽しむために、ティーカップの口が広くなっています。

実は最初の頃、ティーカップは、口が広くても底が浅い物ではなかったそうです。
普通のカップの口を広げた場合、その分だけ重くなってしまいます。重たいカップを指で持ち上げることは大変ということより、底を浅くしました。これが、現在の形になってゆきました。

耐熱温度

ティーカップは形だけでなくて、その作り方にも工夫がされています。紅茶は、熱い状態でカップに注ぐものです。その紅茶の温度に耐えられるように、ティーカップは100度の温度まで耐えられる作りになっています。

ソーサー付き

洋食器のティーカップには、ソーサーが付いています。なぜかと言うと、ティーカップとソーサーが二つで一つになっていて、それらの間に密閉空間を作れる事が正式とされているからです。
ティーカップとソーサーの間に密閉空間の状態を作ることより、紅茶を冷めにくくします。

もしも、お気に入りのティーカップが見つかったら、そのティーカップと「お似合いのティーポット」も見つけましょう。そうすれば、ティータイムを「おしゃれに演出できる」と思います。

キッチン用品
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム