料理時間の短縮に役立つ、キッチンの収納術

とても大切な「キッチン道具の収納」

整理整頓されたキッチン日常の生活において、キッチンを整理収納することはとても大切です。キッチンは、毎日料理を作る場所であり、家庭において中心的な場所と言えます。キッチンで作られる食事は、家族の健康を支えている物の一つです。

料理を作る際、あっという間に時間が過ぎてしまいます。料理を作る効率を上げるためには、キッチン道具が使いやすく整理収納されていることが大切です。

鍋の収納術

鍋の収納について、お話したいと思います。ホームセンターに行くと、キッチン収納に使える仕切り棚やラックが販売されています。これらを活用しましょう。

鍋は、重ねて収納できます。しかし重ねると幅を取って、かさばります。不衛生でもあります。そして、鍋が痛みやすくなってしまいます。なので「仕切り」を使って、横向きに立てて収納しましょう。これなら場所も、そんなに取らなくて済みます。それぞれの鍋が離れているので、衛生的です。

鍋を重ねて収納したい場合は、棚を用意して「それぞれの段(上段、下段)」に鍋を置くと取り出しやすくて衛生的です。「ふた」を閉めた状態で保管できるので良い、と思います。

鍋については複数所有していて、「それらの大きさ」は色々あると思います。その中でも、一番「使いやすい大きさ」の物を手前に収納しましょう。そして、あまり使用しない物は奥のほうに収納しましょう。

まな板の収納術

キッチン道具の中で収納場所に困る物と言えば、まな板と答える人が多いでしょう。まな板を使った後、どこにしまっておこうか?と困っている人もいる、と思います。

片づけ方の例を言うと、戸棚の下にタオルハンガーを取り付け、そこにS字フックを取りつけて「まな板」を吊り下げます。意外とスッキリ片付いた感じになります。

使いやすくするために整理収納しておきましょう

キッチンには「お皿」や「鍋」「食材」など、たくさんの物があります。あまりの「物の多さ」に、片づけるのも大変だと思うでしょう。

キッチンでは、「見た目の綺麗さ」よりも「使い勝手の良さ」を優先する場所と言えます。キッチン用品が散らかっていても、そのほうが使いやすかったりします。
そうは言っても、出来るなら整理収納しておきたいです。キッチン道具については、使い終わったら元の場所に戻すようにしましょう。そうするだけでも、雑然と散らかっていた場所がスッキリすると思います。
あと、キッチンには調理のために必要な物だけを置くように心がけてみましょう。料理に関係ない物を一切置かないようにすると、スッキリ片付くと思います。

キッチン空間は、思ったよりも限られています。様々な物が置かれている部屋だからです。スムーズに料理するためにも、スペースを有効に活用したい場所と言えます。
例えば調理器具を同じ動線の中に置いてみましょう。あちらこちらに手を伸ばして調理器具を取る事が少なくなり、「調理の疲れ」を軽減できると思います。
先ほど動線と言いましたが、こだわる必要はないです。まずは調理器具を、ちょっと手を伸ばせば届く位置に置いておけば良いです。

キッチンのリフォーム

キッチンキッチンは、毎日の食事を作る場所です。なので使いやすくて、スッキリさせたい場所です。
もしもキッチンをリフォームできるなら、収納についても考えましょう。

壁面の棚

ミキサー、フードプロセッサー、電子レンジという調理家電の収納については、どこかに片付けてしまうと再び使いたい場合にすぐに使えません。
そんな時は壁面に棚を作って、調理家電をすぐに取り出せるように並べておくと良いでしょう。

しかし、ここで注意しなくてはならない事は、置いたままにするのでホコリや油が付きやすくなる事です。それを防ぐために、棚に扉やシャッターを付けると良いです。
ただし炊飯器やトースターなど、熱や蒸気が出る家電の場合、棚の内部に熱対策が必要となります。

ゴミ箱

あと、ゴミ箱の収納場所を確保する事について、リフォームの際に忘れないようにしてください。キッチンで料理している時、足元をスッキリさせたいからです。

食品庫

食器類はもちろん、調味料や缶詰、乾物などを入れておく食品庫を用意しましょう。
この食品庫については、調味料や缶詰、乾物という保存食品を取り出しやすい物にすると良いです。

そして、どこに何があるのか、奥まで見渡せる物が「おすすめ」です。なぜなら食品があることを忘れてしまい、賞味期限が切れて、ゴミとなってしまうことがあるからです。
例えば網カゴの引き出し式の食品庫なら、奥にある食品を見やすくて取り出しやすい、と思います。

使いやすい収納にしましょう

収納で使いやすい位置は、「腰の高さ」から「目の高さ」までだと思います。
高すぎる位置の吊り戸棚は、物を出し入れしにくいでしょう。
低すぎる位置では、引き出し式の収納が便利と言われています。

あと、費用が掛かりますが、キッチンの棚を思い切って電動の棚にするのも良いです。
ショールームなどで実際のキッチンを見て、使い勝手を確認してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました