バブル景気に浮かれた時代、1980年代のファッション

1980年代のファッション

バブル景気が加速して行った時代、そんな1980年代のファッションについて、ご紹介したいと思います。

DCブランド

1980年代は、DCブランドの時代でした。DCとは、デザイナー&キャラクターのことです。
代表的なブランドは、川久保玲のコム・デ・ギャルソン、山本耀司のワイズなどになります。

DCブランドの背景は、若年層でも自由に使える「お金」があり、ファッションにたくさんの「お金」を掛けられる時代だった、ということでした。その頃、バブル期が始まろうとしていました。
DCブランドがブームの頃には、全身を一つのブランドで「まとめるスタイル」も増えて、ブランドやデザイナーで、着る人の個性と自己を主張することになりました。

ボディコン

ボディコンスーツバブル景気は1980年代の後半になると、加速度を増して行きます。
社会人の女性がセクシーな大人の女性を目指すため、セクシーなファッションのボディコンスーツを着るようになりました。

ボディコンとはボディ・コンシャスの略で、女性としての体型を意識するファッション・スタイルです。

日本でイメージされていたボディコン・スタイルは、ミラノコレクションで発表されたスタイルをさらに強調して、体の線が目立つようにされた服です。
ヘアスタイルは、前髪をカールさせたワンレングスが定番でした。
仕事を終えた女性たちは、ボディコン・スタイルでディスコへ繰り出して注目されました。

なお、ボディコン・スーツは、通勤時にも着られるようにしたと言うことです。今では、ちょっと考えられないことです。

DCブランドのルーズなデザインに満足できなかった女性は、ボディコン派になりました。そしてこのファッションは、急速に広まっていきました。
ボディコンのブームは、1986年から1989年頃まで約3年間続きました。

渋カジ

1988年頃はバブル期の頂点でした。この頃から、カジュアルなファッション・スタイルが広まりました。
ポロシャツ・白のTシャツ、ストライプシャツやインポート物、そして紺のブレザー・ストレートジーンズ、ヴィトンのバッグ、足元はモカシンというファッションです。

そのファッション・スタイルは、渋カジと呼ばれました。
このファッション・スタイルの発信源は、渋谷区・世田谷区・港区などで、私立の男子高校生が流行らせたものでした。

再びボディコンスーツが流行る時代が来るかも??

時代と共に、流行は変わって行きます。
でもファッションの流行は、多少の違いはありますが、繰り返されていることが多いようです。もしかしたらボディコンスーツが再び流行り出す時代が、やって来るかもしれません。