良い作品が多かった、昭和30年代のアニメ

豚の置物

昭和時代のイメージ画像

昭和と言えば「懐かしさ」を感じる時代です。ここでは、そんな昭和の30年代のアニメに注目したいと思います。

昭和30年代のアニメ放送には「鉄腕アトム」を始め、「鉄人28号」(横山光輝さん)、「狼少年ケン」(大野寛夫さん)、「少年忍者風のフジ丸」(白土三平さん)、「ビッグX」(手塚治虫さん)などがあります。

この時代は、カラー放送がまだ普及していませんでした。アニメの大半がモノクロで放送されており、「昭和らしさ」をとても感じることができるでしょう。

そんな昭和の時代は、次のようなアニメが放送されていました。
「鉄腕アトム」(手塚治虫)、「おそまつくん」(赤塚不二夫)
「男一匹ガキ大将」(本宮ひろし)、「エイトマン」(平井和正)
「サイボーグ009」(石森章太郎)、「ゲゲゲの鬼太郎」(水木しげる)
「おばけのQ太郎」(藤子F不二夫)
などが、放送されていました。

テレビアニメの原点・鉄腕アトム

これらの中でも「鉄腕アトム」は、テレビアニメの原点と言われています。

手塚治虫さんのプロダクションが、大きなリスクを覚悟して制作を始めました。当初は、とても安い値しかつかず、採算も全く取れない状態だったそうです。
しかしその後、番組は大人気となります。そして業者に対して、キャラクター商品化を行ないました。その結果、大きな収入を得たということです。

リメイク作品

昭和30年代に放送されたアニメ作品は、近年になってリメイクされて放送されています。時代を超えて放送されているので、とても良い作品だったことがわかります。

古き良き時代と言える昭和30年代ですが、アニメ作品からも、そのような古き良き時代の日本を体験できると思います。

漫画
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム