乾燥肌のため泣いてしまう赤ちゃん、対策できる事

赤ちゃんの乾燥肌

泣いている赤ちゃん生後3ヶ月を過ぎると、赤ちゃんの肌は乾燥肌になって来るそうです。お肌を守ってくれる皮脂が少なくなってしまうので、衣類などからの刺激を受けやすい状態となります。ごわごわの服や洗濯した後に服に残った合成洗剤などから、刺激を受けやすいです。

乾燥した肌と衣類からの刺激により、湿疹ができる赤ちゃんも多いと聞きました。そして困った事に、湿疹ができた肌は強い「かゆみ」があるそうです。

この「かゆみ」のため、夜中に泣いてしまう赤ちゃんがいると聞きました。「夜泣き」が続くと、「赤ちゃん」そして「親」もストレスで大変だと思います。

かかりつけの医者に行って、ぜひ治療法を相談しましょう。

赤ちゃんの乾燥肌対策

秋から冬にかけて、赤ちゃんの乾燥肌対策が必要と言えます。冬では、外の空気は冷たく乾燥していて、室内の空気は暖房によって暖かいです。このような空気の温度差は、赤ちゃんの薄い皮膚に対して刺激を与えます。なので乾燥肌対策を、しっかりと行ないましょう。

体の洗い方

対策の一つとして、お風呂に赤ちゃんを入れて体を洗う時の洗い方にあります。
洗う際は、柔らかなタオルで軽く「汚れ」を浮き出させるような感じで洗います。タオルを使わず、手で優しく洗ってあげても良いでしょう。

お風呂から上がった時は、柔らかいタオルでポンポンと優しく叩いて水分を吸い取るようにする、と良いでしょう。

手を持つ事

赤ちゃんが乾燥肌の場合、ちょっと目を離したスキに、鋭い爪で可愛い「お顔」を引っかいていたりします。

一時的に「かゆみ」を紛らわせる「やり方」として、優しく「赤ちゃん」の手を持って踊ってみたりして、意識をそらせる方法があります。

しかしそうやっていても、ほんの一瞬で、皮膚を引っ掻いてしまうそうです。悪化しそうな時は皮膚科に行きましょう。ステロイドを処方してくれたりするでしょう。

馬油クリーム

水分を補給して肌を保護することが大切です。なお、水分を与えるだけでは、時間が経つとせっかく与えた水分が蒸発してしまいます。肌を保護するためにも、馬油クリームやオイルを塗ったほうが良いです。

赤ちゃんの肌は、大人が思っている以上にデリケートと言えます。赤ちゃんの「肌の厚さ」は、大人の「肌の厚さ」と比べて半分ほどしかない、という指摘もあります。これではちょっとした刺激を受けても、肌にダメージを受けてしまうことでしょう。

ちなみに馬油は、人間の皮脂に近い成分で出来ていて殺菌作用もあります。なので肌を保護するのに良い、と言われています。