手肌に優しくて汚れも落ちる、洗剤の代わりになる重曹

洗剤代わりになる重曹

食品としても使用されている重曹が「お掃除の強力なパートナーになる」という話は、掃除に関する豆知識として近年だいぶん知られてきました。

掃除の際に使う洗剤ですが、重層を使ってみましょう。色々な物を綺麗にできます。特に「シンク周り」や「家具の汚れ(ヤニなどの汚れ)」を、スッキリ落とせます。

重曹は弱アルカリ性なので、手肌にも優しく地球環境にも優しいと言われています。そして「汚れ」を、しっかり分解してくれる優れ物です。洗剤の代わりとして使えます。

掃除に役立つ「重曹の効果」

重曹の効果は、以下の通りです。

  • 研磨効果:重曹は、水に溶けにくい細かい粒子よりできています。
  • 消臭効果:「酸性の汚れ」によるニオイを、アルカリ性の重曹が中和します。
  • 発泡作用:酸性物質とアルカリ性物質が中和される時に細かい泡が出て、「汚れ」を浮き上がらせます。

このような効果があります。

研磨効果

例えば台所のシンクを磨く時に研磨効果を利用すると、ステンレスが傷つくことなくピカピカになります。普通のスポンジで「こする」のも良いですが、スポンジの目に粒子が入ってしまって研磨の効果が半減します。菓子の袋などの表面がツルツルした物を使って磨くと、粒子の力が最大限に威力を発揮してピカピカになります。

また、茶渋が「こびりついた湯のみ」を綺麗にしたい時にも、ピカピカにできます(漂白剤に、つけ置く必要がなくなります)。これもツルツルした物で磨くと、簡単に「汚れ」が落ちます。

「キッチンの油汚れ」の掃除においても、重層を使えます。重層を直接、「油汚れ」に振り掛けて、雑巾でこすってみましょう。

ちなみに「油汚れ」に対しては、アルカリ性洗剤が良いとされています。それぞれの「汚れ」を落とすのに最適な洗剤を用いれば、掃除の負担を減らせるでしょう。

消臭効果

消臭効果の利用方法としては、

  • カップ1杯分程度の重曹を、冷蔵庫に入れて庫内消臭
  • 生ゴミに直接、振り掛けて消臭
  • 部屋が汚物で汚れた場合に、直接振り掛けて消臭

など、簡単に消臭剤として利用できます。
もしも部屋の消臭をしたい場合は、空き瓶の中に重曹を入れるだけで良いです。その空き瓶をキッチンや玄関、部屋に置いておくだけで消臭グッズとなります。なお、消臭の効果をアップさせたい時は、重曹の量を増やしてください。

発泡作用

発泡作用を利用した掃除の例として、排水溝の掃除があります。

  1. 排水溝に1/2カップ程度の重曹を、振り入れます。
  2. その後、「クエン酸」や「お酢」を適当に振り掛けると「シュワシュワ~!」と泡が出ます。
  3. この「シュワシュワの泡」がおさまってきたら、熱湯を注ぎ込みます。
  4. くさいニオイが、上に向かってボワーンと出てきます。注意してください。
  5. 30分ほど放置します。
  6. 古い歯ブラシなどを使って排水溝の中をよく洗い、最後に水を流して「汚れ」を綺麗に落とします。これで掃除は終了です。

なお、重曹とクエン酸を排水溝に振り入れて、1時間以上忘れて放置したら、石灰化した状態になって、かえって排水溝が詰まってしまった、という話を聞きました。
結局、業者が来て配水管を分解して、大変な騒ぎになってしまったそうです。

聞いた話なので「大げさ」かもしれませんが、くれぐれも放置したままにしないように気をつけましょう。

普段の生活で重曹を活用しましょう

重曹重曹は、日常生活の様々なシーンで活用できる物と言われています。
例えば洗濯に使ったりベーキングパウダーに使ったりできます。その他にも、胃腸薬や歯磨き粉としても使えるそうです。

そんな重曹は、消臭スプレーを作るためにも使えるそうです。汗などの体臭や生ゴミの嫌なニオイなど、重曹の消臭スプレーを吹き掛けることで消臭できます。

消臭の効果とともに除菌の効果もあるので、料理で使う「布巾」や「まな板」に、重曹の消臭スプレーを吹き掛けておくのも良いでしょう。

なお、重曹には、薬用の物と食用の物があると聞きます。薬用の重曹は薬局で販売されており、食用の物はスーパーなどで販売されています。
「掃除や臭い消し」で使う場合は、食用の重曹を用いると良いでしょう。

重曹の使用期限については、3年間から5年間くらい使えると言われています。適切に保管しておけば、自宅でも5年間くらいは保管できると思います。

掃除
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム