あなたの仕事を宣伝する名刺

名刺交換から始まる社会人の挨拶

日本のビジネスシーンでは、名刺を交換している場面をよく見かけます。仕事を獲得したり、スムーズに仕事の話を進めるのに、名刺は必須のビジネスアイテムと言えます。

ビジネスシーンにおいては、挨拶はとても重要な事だとされています。その挨拶において、名刺は必須の物と言えます。社会人の挨拶は、名刺交換から始まる。そう言われているくらいに、名刺は活用されています。

大事と言える見た目と内容

名刺名刺については、その見た目内容が大事です。
例えば、取り扱っている仕事の内容がわかりやすくまとめられている名刺なら、相手に「あなたの仕事」を覚えてもらえる可能性がアップします。そして今後の売上アップに、繋がる可能性もあります。なので、仕事の内容がわかりやすい名刺を作成すると良いです。

デザインがとても印象的な名刺も、相手から注目される「きっかけ」となります。ビジネスの現場で使える「上品さ」を保ちつつ、クリエイティブな名刺が注目を集めていると、聞いたことがありました。

例えば、「2つ折り名刺」と呼ばれている「卓上カレンダーみたいな名刺」です。オリジナル商品作成サービスを提供している企業が、このような名刺も作成しているようです。
「2つ折り名刺」は、とてもユニークな名刺だと思いました。これなら名刺と共に、自分自身を相手に印象づけることができる、と思いました。営業上、宣伝ツールとして活用される名刺において、「2つ折り名刺」のようなユニークな名刺なら、より一層宣伝に役立つと思います。
名刺のようなビジネス用品の中にも、オリジナリティ溢れる物が登場しているようです。

仕事に関する基本的な情報

ちょっと余談になりますが、名刺にまつわる話として、中小企業のウェブサイトが名刺代わりになっている、という話を聞いたことがあります。
ウェブサイトと聞くと、定期的に内容を更新しなければいけないと思うかもしれません。しかし企業に関する基本的な情報を、ずっと掲載したままのウェブサイトでも良いそうです。なぜなら、名刺の役割を充分に果たしてくれるからです。

そんな話を聞くと、名刺の内容は「仕事に関する基本的な情報」だけで良いと言えます。見た目が平凡であっても、必要な情報が名刺に印刷されていれば「とりあえず良し」と言えます。

個人的に作成できる名刺

名刺の作成に関する私自身についての事を言うと、定番の名刺を作成した事がありました。もう20年以上も昔の事になりますが、近所の印刷屋さんに名刺の作成を依頼しました。確か100枚で5000円ほどの料金だった、と思います。当時、派遣社員だったので、個人的に名刺を作りました。

ちなみに近年では、家庭用プリンターで名刺を作れると聞きます。ただし家庭用プリンターでは、印刷業のプロが提供するような高品質な名刺を作れないかもしれません。
しかし近年の家庭用プリンターは、印字品質が向上しています。高品質なプリンターインクや用紙を使用すれば、家庭用プリンターでも、デザイン性の高いユニークな名刺を作ることは可能かもしれません。



タイトルとURLをコピーしました