仕事やプライベートで使える、クロエのバッグ

女性向けブランド・クロエ

クロエ(Chloe)は1950年代前半に誕生した、高級定番ブランドです。他の定番ブランドに比べると、新しいブランドになります。
クロエが生まれた当時のファッションは、フォーマルなものが主流だったそうです。クロエの創設者ギャビー・アギョン氏は「その風潮」に反して、よりソフトなファッションを提案して販売しました。その後クロエのファッションは多くの人たちに受け入れられて、他の人気ブランドに負けないくらいに人気のあるブランドとなりました。

クロエというブランドは女性向けのブランドであり、日本国内でも人気が高いブランドです。
クロエの製品は上品で優しい雰囲気を持っている、と言われています。主にバッグやアクセサリー、香水を販売しています。そのターゲットは、主に30歳から45歳ぐらいの女性とされています。大人の女性たちを、より一層魅力的にしてくれるアイテムが揃っています。

またクロエは、多くのセレブや有名人たちが愛用していることで、よく知られているブランドです。彼女たちは、クロエをマイファッションブランドとして利用しています。クロエのアイテムは、彼女たちの「それぞれの個性を引き出す物」となっています。

ちなみに定番のファッションブランドは、女性をターゲットにしたものが多いです。やはりブランド品を買ってくれるのは、女性が多いからでしょう。女性から愛されている事は、ブランドにとって重要と言えるようです。

クロエのバッグ

バッグ

バッグのイメージ画像

ブランド品のバッグでは、プライベートで使う物で女の子らしいデザインの物が欲しいなら、クロエやミュウミュウのバッグが良いでしょう。

クロエの元々のメインターゲット層は、30代から40代の女性に設定されていました。しかし近年では、20代女性においても人気が拡大していると聞きます。
その理由の一つは、日本のモデルや海外のセレブたちが、クロエのアイテムを身に付けているからでしょう。モデルさんやセレブたちに好印象を持っている若い女性が、自分自身もクロエの製品を選ぶようになったそうです。

パディントン

日本においては、クロエで人気のあるバッグと言えばパディントンです。パディントンは、財布やバッグなどで有名なクロエの人気商品です。その特徴の一つに、南京錠のようなカデナと呼ばれている鍵が付いています。

パディントンは、仔ヤギや牛の皮を使って作られています。仔ヤギは、とても柔らかくて「手触り」の良い皮が魅力です。牛は、少しハードな皮になっています。これらの皮を使うことで、シンプルなデザインで、仕事やプライベートで使える機能性を実現しています。

もしもクロエのバッグが欲しいと思っているなら、まずはパディントンが良いと思います。値段は少し高いかもしれません。だけど、ぜひ持っておきたい一品です。

ファッション
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム