安全に過ごしたい、一人暮らし女性の防犯対策

女性の防犯対策

最初に女性の防犯対策について、いくつかの例を書きたいと思います。

もしも深夜に帰宅することになった場合は、暗くて人通りが少ない道を避けましょう

また、エレベーターで他人と2人だけになった場合は、出来るだけすぐに降りるようにしましょう。

玄関の前に来た時、周りに誰もいないか確認してから鍵を開けます。そして入ったら、すぐに鍵を締めましょう。

あと、出来れば防犯グッズを持っていると安心です。例えば催涙スプレーや防犯ベルなどを持っていると、ちょっと心強いでしょう。

一人暮らしの住まいを守る防犯対策

一人暮らしをしている女性は、その住まいを守るための防犯対策が必要です。

表札を出す場合は、名字だけにしましょう。女性が1人で暮らしていることを、わからないようにするためです。

洗濯物については、外から丸見えの場所に干さないようにしましょう。部屋の中に干しましょう。もしも外に干す場合は、見えない所に干したり、男性の下着も干すと安心です。

カーテンについては、ピンク色や花柄のデザインという女性が住んでいることを知らせるような物を、使わないようにしましょう。厚手の物で、落ち着いたシンプルなデザインのカーテンにしましょう。

安全な物件

物件を探す際に、

防犯上の環境が良い地域で、セキュリティー対策が実施されている物件

を選ぶと良いです。例えばマンションなら、エントランスやエレベーターに防犯カメラが設置してあると安心です。

あと、オートロックの物件や2階以上の部屋に住んでいると安心できるでしょう。しかしだからといって、玄関の鍵を開けっ放しにしてはいけません。
また、夏の季節、暑いからといって窓を開けたままにしていると、危険な目に遭う可能性があります。戸締りの確認はとても大切です。出掛ける前や帰宅後は、戸締りの確認を心掛けましょう。

1階の部屋を避けましょう

やはり1階の部屋は、出来るだけ避けたほうが良いでしょう。高層部のほうが安全と言えます。

ですが高層部の部屋でも、ベランダの窓の鍵をきちんと閉めるようにしてください。なぜなら、泥棒がやって来るからです。「雨どい」を伝って泥棒がやって来たという事例があります。
ちなみに、そんな泥棒を追い返す防犯グッズがあります。雨どい用の「忍び返し」という物です。輪の部分から、釘のように「とがった物」が飛び出ています。この輪を「雨どい」に取り付ければ、泥棒が上って来る事を防げます。

自宅の監視

最近では、家庭用の防犯ロボットなんて物も登場している、と聞きます。家の中に誰かが入ってきたことをロボットが察知すると、スマートフォンに知らせてくれる機能があったりするそうです。スマートフォンの画面で、家の様子を確認できたりします。

このような端末から家の中を見られる機能は、一人暮らしの女性や留守にすることが多い家庭には、嬉しい機能でしょう。
将来、防犯対策を支援してくれるロボットが、どんどん登場してくることを期待したいです。

玄関にドアホンを設置

インターホン

家の出入り口となる玄関の防犯対策としては、ドアホンインターホンの活用があります。
もしも訪問者が来た場合は、まずはインターホンから用件を聞きましょう。

そしてドアを開ける必要がある場合は、チェーンを掛けたままの状態で開けましょう。なお、夜間では、なるべく開けないように注意してください。