紙パック不要・吸引力そのまま、サイクロン掃除機

掃除機の方式

人気がある家電製品の一つに、掃除機があります。今では、生活必需品と言えます。その掃除機は大きく分けると、紙パック式とサイクロン式の2種類に分けられます。

紙パック式

紙パック式の場合、吸い取ったゴミを紙パックに溜め込みます。そしてゴミがいっぱいになったら捨てるだけ、という簡単な方式です。

メリットとしては、ゴミに直接触らずに捨てられる点があります。また、フィルターの掃除が不要という掃除機が多いです。その点でも便利と言えます。
デメリットとしては、ゴミが溜まってくると吸引力が落ちてくる点があります。

サイクロン式

サイクロン式については、紙パックが不要です。「紙パックなし」でゴミを吸引できます。ゴミは、そのまま捨てらます。
紙パックを購入する必要がないので、費用の面においても「お得」と言えるでしょう。

気になる点として、定期的にフィルターの掃除が必要という点です。掃除をしなければ、吸引力が落ちる場合があるからです。
しかしサイクロン式の掃除機の中には、自動的にフィルターを掃除してくれる機能を持っている物が、登場しています。弱点は、改善されつつあるようです。

サイクロン掃除機

ここではサイクロン式の掃除機について、お話したいと思います。

長所

サイクロン式の長所と言えば、まずは

  • 紙パックが要らないこと
  • 吸引力が落ちないこと

が挙げられます。

掃除機

サイクロン式掃除機のイメージ画像

そしてサイクロン掃除機の中には、今まで短所と言われていた「フィルターの掃除が必要という点」を解消した物があります。

  • フィルターがゴミで目詰まりすることを防ぐ機能
  • 自動的にフィルターをクリーニングする機能

これらの機能を搭載している掃除機もあります。

使っているうちに、どうしてもフィルターが汚れてしまいます。なので自動的にクリーニングしてくれる機能は、とても良いと思います。

自動クリーニングの「やり方」の一つは、吸引時に、吸い込んだゴミと空気を高速気流で遠心分離させるという方法です。
そうする事によって吸い込んだゴミを、ゴミが捨てられる場所まで飛ばして、ゴミがフィルターに付きにくくなるということです。

短所

サイクロン式の掃除機を持っている人の中には、機能的には100%満足してない人もいるそうです。
サイクロン式の掃除機は、関心は高いですが満足度は「それほど高くない」と言われています。音が大きい、最初に期待したほど吸引しないなど、色々と不満が出てきているようです。

サイクロン式掃除機に関する感想の一つに、

「重たい」「かさばる」という欠点を指摘している感想がありました。

個人の感想なので、現在では事実と異なるかもしれません。だけど、そんな指摘もあるようです。

改善を期待したいです

やはり日常生活でよく使う物だから、さらに使いやすい物になってほしいと期待されているのでしょう。音をもっと静かにしてほしい、吸引力をもっとアップしてほしい、重量を軽くしてほしいなど、期待されています。

今後さらに普及を目指すなら、サイクロン式掃除機の満足度を「より一層向上させること」が必要でしょう。私の意見としては、大きくて「かさばる掃除機」は嫌です。さらなる小型化を期待したいです。

以上のような不満も聞かれます。しかし今後サイクロン式の掃除機を使ってみたい、購入したいと考えている人は結構多い、ということです。

ダイソンのサイクロン掃除機

昔の掃除機の主流は「紙パック式」でした。しかし紙パック式はホコリを吸い込む事で、次第に吸引力が弱まるという欠点がありました。

そんな時にイギリスに本社を置くメーカー「ダイソン」が、掃除機市場に大旋風を巻き起こしました。

「紙パック不要」「吸引力が変わらない」

こんなキャッチコピーで登場したのが「サイクロン掃除機」です。現在国内では、サイクロン掃除機が主流になっており、値段も発売当初と比べて「お安く」なってきているように感じます。

そしてダイソン掃除機の人気は、相変わらずのようです。例えばある有名デパートで、

「ダイソンの掃除機を、お安く売ります!」
 

というような広告を出したら、初日の午前中には完売したそうです。

人気の秘密

なぜダイソンが変わらず人気なのか、ちょっと調べてみたところ、下記のことがわかりました。

一口にサイクロンと言っても、各社によって性能が異なります。結局はフィルターでゴミを集めていて、そのフィルターがすぐに目詰まりしてしまい、吸引力が落ちてしまう製品もあるそうです。

遠心力でホコリを分離して、綺麗な空気を排気するようになっているのですが、遠心力は大きな物や重い物には強く作用しても、小さなホコリには作用しづらいです。
そうなると分離できないホコリを受け止めるフィルターを使用して、それを定期的に「お手入れする必要」があります。

一方、ダイソンの掃除機では、ゴミを分離する装置に他社にない機能を搭載しているそうです。
高機能なゴミ分離装置によって、「ホコリ除去用のフィルターが不要」となったダイソン掃除機が登場したそうです。
つまり、フィルターの「お手入れ作業」が「おおよそ不要」となりました。
※フィルターの掃除を、頻繁にする必要がなくなりました。
基本的に、フィルターの「お手入れ不要という点」が人気の秘密だったようです。

※フィルターに関する機能については、機種(型番)によって「違い」があると思います。購入前に商品説明文を、ご確認ください。