健康法から生まれた痩せる方法・骨盤枕ダイエット

骨盤枕ダイエット

歪んだ骨盤を元の正しい位置に矯正することを、骨盤矯正と言います。これは、人間本来の正しい姿勢や骨格を取り戻すという健康法です。

寝具の枕の中には、骨盤に関係のある物があります。骨盤枕と呼ばれている物です。その枕を用いたダイエット法として、骨盤枕ダイエットがあります。

この骨盤枕ダイエットとは、最初は針灸治療から生まれた健康方法だったということです。その後、テレビ番組や女性向けの雑誌などで特集が組まれて、多くの方に知られるようになりました。

現在でも健康のため、ダイエットのために、この骨盤枕が使われているそうです。
枕は寝具というイメージが強かったので、ダイエットに利用されていると聞いて、初めは違和感を感じました。ですが、姿勢を正す事が脂肪の「つき方」と関係があると聞いて、なるほどと思いました。

「姿勢の良し悪し」は、体についている脂肪の「つき方」と関係があります。よって骨盤矯正によるダイエット法が、提案されています。

骨盤枕

骨盤ダイエットの方法の一つに、骨盤枕ダイエットと呼ばれるものがあります。

枕
枕のイメージ画像

このダイエット法で使われている骨盤枕とは、形が筒型の細長い枕です。円柱状で細長い物です。

一般的には知らない方もいるようですが、骨盤矯正やダイエットに関心のある方なら、何となく見たこと事があるでしょう。

骨盤枕の使い方

その枕の使い方は、簡単です。
背中の裏側(おへその反対の位置)に骨盤枕を置いて、床に寝るだけです。
枕という名の通り、枕の上に腰を乗せて寝るだけです。

ですが人によっては、そのように寝ているとキツく感じる方もいると聞きます。無理をせずに、最初は1分間ほど寝る事を目指してみましょう。
体が慣れて来たら、少しずつ骨盤枕に寝ている時間を増やしてゆくと良いです。

自作の骨盤枕

通販サイトにおいて既製品の骨盤枕が売られていますが、その見た目から自分で作れそうだと思う人も多くいます。実際に自作している人もいるそうです。

または、骨盤枕ダイエット書籍の付録に、空気を吹き込み、ふくらませるタイプの骨盤枕が付いていたりします。これなら、ふくらませるだけで良いので、どなたでも自作できる枕と言えます。

以下、バスタオルから作る方法をご紹介したいと思います。

  1. バスタオルを2枚用意します。
  2. 2枚のバスタオルを、直径10cm程度になるように丸めます。
  3. バラバラにならないように紐で結び、枕のような形にします。
  4. これで、骨盤クッションが完成です。

なお、バスタオルの「枚数」と「厚さ」は、直径が10cm程度になるように調節してください。

骨盤枕を用いたダイエット体操

骨盤枕を用いたダイエット体操があって、産後の女性などが、この体操を行なっていると聞きます。
簡単に行なえる体操ですが、「骨盤に歪み」がある人ほど、この体操で行なう体勢がキツいそうです。

以下に体操について、やり方をご紹介したいと思います。

  1. 仰向けになり、腰の部分(おへその裏側)に骨盤枕を置きます。
  2. 骨盤枕によって腰の辺りが持ち上がった状態で、手足をスクッと伸ばします。
  3. 頭の上のほうに伸ばした手は、小指同士をくっつけ、手のひらを下側にします。
  4. 伸ばした足は、親指同士をくっつけ、ハの字型にします。

この姿勢を、1分間から5分間ほど保ちます。
なお、無理をしてはいけません。キツいと感じた方は、1分間で止めましょう。慣れて来たら5分間を目指してください。

「お腹周り」を引っ込めましょう

安眠のための道具と思われている枕ですが、今ではダイエット体操にも活用されています。

そんな骨盤枕を使うダイエットは、 ポッコリと出てしまった「お腹」を引っ込めたい、ウエストを数センチダウンさせたい、そう願っている女性からの支持が高いです。
確かに女性の皆さんにとって、「ウエスト周り」は気になる部位でしょう。そんな「お腹周り」を「ほっそりできる」と聞いたら、一度は試してみたくなります。

「ウエスト周り」は、すぐに太ってしまう場所と言われています。だけど同時に、ダイエットの効果が早めに出る場所とも言われています。
痩せるのに個人差はありますが、興味のある方は枕を使ったダイエットをやってみましょう。

【まとめ記事】ポッコリお腹や体調不調の解消、骨盤矯正

骨盤矯正の方法で、以下のような方法をご紹介しています。 背筋を伸ばすなど日常生活でできること。 骨盤矯正クッションを使うなどグッズを使うこと。