各年代に流行したメイクの特徴

1950年代のメイク

オードリー・ヘップバーン1950年代、ヘップバーンのメイクが「おしゃれのお手本」でした。
この時代は戦後欧米のファッションが取り入れられて、お手本となる人は映画の女優さんでした。エレガントを目指して、外人女優に憧れた時代でした。

その中でも特に注目されたメイクは、

眉は、太く短めの直線、
目は、太く切れ長に、
唇には、真っ赤な口紅、
肌は、白めのファンデーションでした。

このメイクが、1950年代に流行したメイクです。

1960年代のメイク

60年代の前半

庶民的で可愛い「ツイギー・メイク」が、登場しました。
1960年代の前半は、淡い色のメイクが流行しました。

メイクの特徴は、次の通りです。

眉は太めから、丸く細い形に変化しました。
目は、太めのアイラインと淡い色になりました。
「ほほ」は、中央にピンクが、
口紅については、今までは赤と決まっていた口紅に、淡いピンクが登場しました。
肌は、白めの肌になりました。

このメイクが、1960年代前半のメイクです。

60年代の後半

1960年代の後半から1970年代の前半までのメイクは、付けまつ毛と二重アイラインでした。
メイクはアイメイクが中心であり、目を強調する事がこの時代のメイクの特徴でした。
肌は色白の肌から、小麦色の肌へ変化しました。
この時代のメイクは、2000年頃のメイクと少し似ています。

メイクの特徴は、次の通りです。

眉がさらに細く、薄くなりました。
目元には、付けまつ毛と極端なアイラインが登場しました。
「ほほ」を、立体的に引き締め、
口元は、目を強調するためにベージュ系が使われました。

1970年代のメイク

太い眉の「ナチュラルメイク」に、一転しました。
1970年代は、DCブランドとバブルの時代でした。眉は「自然のまま」で、色を使わないメイクが流行しました。ナチュラルメイクが一番綺麗とされた年代です。

メイクの特徴は、次の通りです。

目元は何もしない、もしくはブラウン系・ベージュ系の色が使われました。
口元は、落ち着いたブラウン系の色が使われました。
肌は、オークル系に変わりました。

男性からのウケが良いナチュラルメイク

多くの男性は、自然に見えるメイクが好きと聞きました。男性の中には、ノーメイクの女性が好きだという人もいるそうです。
ですが男性が好むノーメイクとは、本当のノーメイクではないそうです。男性が言っているノーメイクとは、派手な化粧をしていないという程度の判断らしいです。例えば真っ赤な口紅を塗っていないならノーメイクという判断基準だそうです。

そのような「控えめに見える化粧」のことをナチュラルメイクなんて言いますが、実は「このナチュラルメイク」は派手なメイクより手間がかかります。そして化粧のテクニックも必要とされています。難しいメイクと言えます。
男性は女性に対して「ナチュラルメイクをすればいいのに」と言ったりします。だけど女性がナチュラルメイクをし続けて「美しさ」を保つ事は、かなり大変な事と言えます。

1980年代のメイク

1980年代後半のメイクは、ジュリアナ・メイクが流行しました。
バブルの好景気で、洋服もカラフルなボディコンが流行しました。
ディスコブームの中、仕事後のメイクも華やかで、赤紫系の派手なリップが特徴です。

メイクの特徴は、次の通りです。

眉は、徐々に形を揃え始め、
目には、華やかな色を使いました。
口元は、強い赤紫が流行して、
肌は、オークル系が定着しました。

1990年代のメイク

バブルが崩壊した1990年代のメイクは、細眉メイクが復活します。

メイクの特徴は、次の通りです。

眉は細くて、色はブラウン系かグレー系が流行しました。
目元には、明るめの色とマスカラが加わりました。
「ほほ」は、オレンジ系のナチュラルカラーで、
唇は、ピンク系か、ベージュで自然に仕上げました。
肌は、オークルかナチュラル系でした。

コギャル

1990年代には、もう一つのメイクとしてコギャル文化がありました。
メイクは色黒を強調して、綺麗なメイクが異質な物へと発展して行きました。

メイクの特徴は、次の通りです。

眉は薄く、または、そり落としました。
目には、より太くアイラインを引きました。
シャドウは白のアイシャドウで、濃い付けまつ毛がポイントでした。
口は、白いピンク系が流行となりました。
肌は、日焼けサロンを活用して黒色にしました。

2000年のメイク

2000年は、まつ毛を強調したツヤ肌メイクが特徴です。
コギャルのメイクが2000年のメイクに発展して、目を強調するアイメイクがポイントになります。
メイクの中心は「まつ毛」です。マスカラや付けまつ毛も欠かせないアイテムになりました。
そしてパールを強調したメイクが、特徴です。化粧品のほとんどにパールが入りました。

メイクの特徴は、次の通りです。

眉は、形を整えて薄いブラウンに、
目元は、落ち着いた「パール系のシャドウ」と「まつ毛」を強調しました。
「ほほ」は、落ち着いた色で立体感を出して、
唇には、リップグロスを塗りました。
肌は、小麦色とツヤ肌を強調しました。

2007年のアイシャドウ

2007年のアイシャドウの流行は、ナチュラルです。
黄色っぽいカラー、ブラウン・薄いブラウンのナチュラルなアイシャドウは、目元を自然な仕上がりに見せてくれます。そして表情をイキイキと見せてくれます。写真に写る時なども、自然な影が出来ました。

繰り返されるメイクの流行

以上、年代別流行のメイクを、ご紹介しました。

1950年から1970年、メイクデザインは一つの形が出来上がりました。
現在のメイクは、これまでのメイクが進化した形になっていると言えるでしょう。そしてメイクの流行は、形を変えつつも一定の周期で繰り返されているようです。
よって昔のメイクの特徴を知っておくと、今のメイクにも活用できると言えます。