目標は英語のままで解釈できる事、英文読解

英文読解の方法として、一つ一つの文を訳してゆき、納得するまで読み込むという方法があります。ただし「この方法」は、時間がかかります。なので例えば、試験には向いていません。

時間を短縮する方法として、逐語的に読む、つまり単語の順番通りに英語を読んで意味をつかむ、という方法があります。
このように逐語的に頭の中で解釈する場合、日本語と英語の語順は違うので、文の意味が取りにくいと言えます。よって、頭の中で英文を英語として解釈することが必要になります。これが、英文読解の目指す所になります。

英文解釈の最後の目標は、やはり頭の中で英語を英語のままて解釈できるようになることです。このレベルに達するまでには、相当の時間と努力が必要でしょう。

長文読解

英文が長文の場合は、別の工夫が必要となります。長文読解のコツの一つに、接続詞に注意したり、パラグラフ(段落)の最初と最後の文をしっかり読み、他の部分を流し読みにするという方法があります。この読み方は、現代文と通じる点があります。
そして英語の長文を速読速解する対策としては、毎日制限時間を決めて、長文の問題を1題から2題ほど解く方法があります。

しかし英語初学者の人にとっては、いきなり長文を解くことは難しいです。そうする前に、自力で英語の教科書を読めるくらいの読解力が必要でしょう。英語の教科書ではなくて、参考書を用いた学習でも良いです。参考書には簡単な物から難しい物まで、色々なレベルの物があるからです。

英字新聞長文の読解力については、英単語や文法を覚えるだけでなくて、「長文を読むことに対する慣れ」も必要になってきます。毎日、長文を読むなどして、慣れていきましょう。個人差はありますが、ある程度勉強したら、急に英文がわかるようになったという人もいるようです。英文については、ある程度の実力をつけた人なら読めるようになる、と言えます。