自宅で淹れたてのコーヒーを飲める、家庭用エスプレッソマシン

リラックス感ある「淹れたてコーヒー」

オフィスワークで「ずっと座ったままパソコン作業」をしているので、とても「疲れ」を感じます。昼下がりになると、疲労に加えて眠気も襲ってきます。

そんな時、コーヒーを飲んで休憩しています。

淹れたての「コーヒーの香り」には、リラックス効果があるとされています。

リラックス効果のある300種類以上の物質が、含まれているからです。

家庭用エスプレッソマシン

エスプレッソマシン昨今のカフェブームの影響もあって、エスプレッソマシンを自宅用に購入している人が増えていると聞きました。

一昔前なら、エスプレッソコーヒーは飲食店で飲む物でした。それが今では、自宅でも「淹れたてのコーヒー」を飲めるようになりました。

カフェイン量が控え目なエスプレッソ

コーヒーに含まれているカフェインの量は、コーヒー豆の焙煎と関係があるそうです。焙煎において昇華と呼ばれる現象が起きると、カフェインが結晶となってコーヒー豆から無くなってしまうそうです。

この昇華は、コーヒー豆を高い温度で焙煎すると起きる現象という事です。結果的に、浅煎りのコーヒーはカフェインが多くなり、深煎りのコーヒーはカフェインが少なくなります。
具体的には、浅煎りのアメリカンコーヒーはカフェインを多く含み、深煎りのエスプレッソカフェインをそれほど多く含まないと言えます。

「カフェイン量」と「胃に対する優しさ」を考えると、エスプレッソのほうが胃に優しいコーヒーと言って良いでしょう。もしも、コーヒーによる胃に対する負担を気にしているなら、エスプレッソを飲むと良いかもしれません。

濃いコーヒーと言われているエスプレッソのほうが胃に優しいなんて、ちょっと意外です。ですがカフェイン含有量から判断すると、そうなります。

ホワイトベルベット・コーヒー

以下に、甘いお菓子やケーキに合う「ホワイトベルベットというコーヒー」の作り方を、ご紹介したいと思います。「ホッとする甘さ」があるエスプレッソのコーヒーです。

材料

まずは材料です。
エスプレッソが15ml、牛乳が90ml、
適量のホワイトチョコレートを
用意します。

作り方

作り方の手順は、次の通りです。

  1. まずはホワイトチョコレートを刻みます。そして、温めたカップに入れます。
  2. 次にスチームミルクを作ります。牛乳を70℃くらいに温めます。
  3. エスプレッソを抽出して、(1)のカップに注ぎます。そして混ぜ合わせます。
  4. (2)で作ったスチームミルクを(3)に注ぎ、出来上がりです。

お友達と集まってケーキをいただく機会などに、ぜひこちらのコーヒーをお出ししてみましょう。特にコーヒー好きの方には、喜んでもらえると思います。