ずるい?エクセルのVBAで、仕事の作業を自動化すること

エクセルのVBAで、仕事の作業を自動化することについて、
ずるいという意見があります。

VBAを使って、ラクして仕事をするのはダメでしょうか?

エクセルのVBAで仕事の作業を自動化するのは、特にずるいとは思いません。

仕事の作業を自動化することは、時間やコストの節約、仕事の成果物の品質維持につながるからです。

仕事の作業に対して、VBAを適切に活用してください。
そうしたら、仕事の効率や品質が良くなります。

ずるい?エクセルのVBAで、仕事の作業を自動化すること

ずるい?エクセルのVBAで、仕事の作業を自動化すること

「自分だけ、エクセルのVBAで仕事の作業を自動化するなんて、ずるい」

エクセルのVBAで仕事の作業を自動化することに対して、ずるいという意見や嫉妬があります。

果たして、本当にずるいことでしょうか?

特にずるくない、VBAで仕事の作業を自動化すること

私は、エクセルのVBAで仕事の作業を自動化するのは、特にずるいとは思いません。

仕事の作業を自動化することは、効率を高めるだけでなく、手作業によるミスを減らせるからです。

これは、時間やコストの節約、仕事の成果物の品質維持につながります。

また、自動化することで、従業員は、より創造的な問題解決や分析に集中できるようになります。

手順が決まっている仕事の作業を自動化することは、従業員がスキルや知識を向上させるための時間を、生み出してくれます。

以上より、エクセルのVBAで仕事の作業を自動化することは、ずるいというよりも、賢いと言えます。

迷惑になる、エクセルのVBAを、他の従業員の仕事に押し付けること

エクセルのVBAが得意な人が、VBAを活用して仕事の作業を自動化することは賢い、と言えます。

ですが、VBAが得意な人が、その人が作成したVBAコードを、他の従業員に使うように強制するのは、迷惑だと思っています。

なぜなら、社内の仕事に悪影響を及ぼす可能性があるからです。
そう思う理由として、以下のものがあります。

他の従業員の仕事に、支障が出る可能性がある

VBAコードに不具合がある場合、他の従業員の仕事に支障が出ます。

VBA関連のエラーが発生して、以下のような支障を引き起こす可能性があります。

  • エクセル上で行なっている仕事の作業が、中断する。
  • エクセルが管理しているデータが、損失する。
  • エクセルに対して、データを間違って設定する。

VBAコードの不具合によって、特に、エクセルが管理しているデータが削除されたり、間違った値で上書きされたりした場合、深刻なリスクとなります。

エクセルが管理しているデータの信頼性や品質が低下して、仕事の成果物の信用を失う恐れがあるからです。

VBAが得意な人であっても、VBAコードを間違って記述する可能性はある、と思います。

チームワークやコミュニケーションを阻害する

VBAコードを他の従業員に押し付けることは、チームワークやコミュニケーションを阻害します。

他の従業員は、VBAコードを強制してきた人に対して、不信感や敵意を抱くかもしれません。

また、コードを作成したVBAが得意な人は、自分のスキルや貢献を過大評価して、他の従業員を見下すかもしれません。

以上のような人間関係は、会社の組織内の協調性や信頼を損なう要因となります。

他の従業員と協力して、仕事を効率化する方が良いです

以上のように、仕事の作業を自動化するVBAコードを、他の従業員の仕事に押し付けることは、仕事の成果や従業員の人間関係に悪い結果をもたらす、と思います。

VBAが得意な人は、自己満足で、VBAの技術力を見せびらかしてはいけません。

むしろ、VBAが得意な人は自分の知識や技術を共有して、他の従業員と協力して、仕事を効率化することが望ましいです。

他の従業員に、エクセルのVBAを使用してもらうためのガイダンス

エクセルのVBA

エクセルのVBAは、作業効率を高めるために有用なツールですが、使用するには注意が必要です。

仕事の作業を自動化するVBAを、他の従業員の仕事で使用してもらう際、以下のような内容のガイダンスを作成することを、検討してください。

VBAを導入する目的とVBAコードの機能を、説明する

VBAを導入する目的とVBAコードの機能を、わかりやすく説明します。

VBAの目的と機能には、以下のものがあります。

  • VBAが、何を自動化するのか。
  • どのような入力と出力が必要なのか。
  • どんな条件や制約があるのか。

VBAの使い方を説明する

VBAの使い方を、詳細に説明します。

VBAの使い方の説明には、以下のものがあります。

  • VBAを実行する前に、必要な準備や設定。
  • VBAを実行する手順や操作方法。
  • VBAを実行した後に、確認すべき結果や注意点。

VBAのエラー対策を記述する

VBAがエラーを起こす可能性がある場合や起こした場合に、どのように対処すべきかを記述します。

VBAコードを修正する人に向けては、VBAコードの動作を確認するための単体テストの方法や、デバッグを行う方法を説明します。

VBAのサポートの連絡先を明記する

VBAのサポート体制や、サポートの連絡先を明記します。

例えば、VBAコードが持つ機能について、改善要望などのフィードバックを受け付ける方法を、記述します。

VBAに関する質問がある場合や、VBAに関するトラブルが発生した場合、誰に連絡すれば良いか、どういう対応が可能かを明確に説明しておきます。

そうすることで、VBAを利用している従業員の不安や困りごとを、減らすことができます。

VBAのサポートでは、VBAの改善や更新についての記録も管理するようにします。

VBAが改善や更新される場合に、以下の点を説明できるようにしておきます。

  • VBAコードの更新を、どのように通知して配布を行うか。
  • 既存のVBAコードと、どのように互換性を確保するか。

サポートする例としては、互換性を確保するために、以前のバージョンのVBAコードを使いたい、という要望があるかもしれません。

その場合、以前のバージョンのVBAコードを配布できるように、サポート体制を運営しておきます。

エクセルVBAのガイダンスを用意したら、ずるいと言われなくなるでしょう

エクセルのVBAを使用してもらうためのガイダンスを用意することは、従業員のスキルアップや、仕事の効率化に貢献できます。

これは、良い取り組みだと思います。

VBAで仕事の作業を自動化することに対して、ずるいという意見や嫉妬がある場合、それはVBAのメリットや使い方を十分に理解していないからだと、考えられます。

そこで、ガイダンスでは、VBAの基本的な概念や機能の説明を始め、以下の点を具体的に説明することが重要です。

  • VBAは、実際にどのような作業に応用できるか。
  • VBAを使うことで、仕事においてどのような効果を期待できるか。
  • VBAを使う際、どのような注意点があるか。

また、従業員同士でVBAのコードやノウハウを共有したり、フィードバックしたりする機会を設けてください。

そうすることも、VBAに対する理解や興味を高めるのに役立つ、と思います。

以上のように、ガイダンスを通じてVBAの価値や可能性を伝えることで、ずるいという意見や嫉妬がなくなるでしょう。

むしろ、VBAを活用して仕事を改善しようという意欲が高まる、と期待できます。

フリーランスや自営業のほうが、業務にVBAを導入しやすいかも?

エクセルのVBA

エクセルのVBAで仕事の作業を自動化することに対して、企業の社内において、ずるいという意見や嫉妬があったりします。

その場合、エクセルVBAの使用に関するガイダンスを用意する必要が、あったりします。

そんな状況では、フリーランスや自営業のほうが、業務にVBAを導入しやすいかもしれません。

フリーランスや自営業の場合は、自分の時間や責任を自由に管理できるからです。

フリーランスや自営業の仕事において、VBAを使うことで仕事の効率や品質を向上できれば、それは自分の利益になります。

フリーランスや自営業の人で、VBAプログラミングに関心があるなら、VBAをぜひ学習してみましょう。
自分の仕事に役立つ可能性が、あるからです。