パソコン使用による疲れ目の対策

疲れ目の原因と言える「パソコンの使用」

疲れ目

あなたはパソコンやスマートフォンを、一日どれくらい使っていますか?
パソコン作業は疲れ目を引き起こす大きな原因である、と指摘されています。そう言われても、パソコンを使い続けたい方、仕事などで使う必要のある方もいるでしょう。
仕事でパソコンを使う人の中には、一日6時間くらいパソコン画面を見て過ごしている人もいるようです。

一時的な疲れ目なら、その後改善すると思います。だけど「目の疲れ」がなかなか取れない場合は、もしかしたらドライアイが原因かもしれません。実際のところ、疲れ目を訴える人の多くはドライアイが原因だと言われています。

パソコン画面を見ることは、仕事や日々の生活に必要なことなので仕方がありません。しかし、同じ画面をじっと見続けていると「まばたき」の回数が減ります。これはドライアイの原因となります。

パソコン使用によるドライアイ

近年、特にドライアイの要因と言われている事に、パソコンを始めとする電子端末の作業が挙げられます。

ドライアイとは、涙の量が少なくなったり、涙液の質が変化したりする事より起きる目の症状です。その症状は様々ありますが、

目がしょぼしょぼする、目が乾く、目が疲れやすい、目が重いという目の異常が、主な症状となっています。

人によっては、自覚症状がないそうです。ですが症状が進行すると「痛み」や「充血」「視力低下」に繋がります。

ドライアイの症状は、「目の疲れ」をさらに強めてしまいます。そして目が疲れたまま酷使し続けると、「肩こり」や「頭痛」、「吐き気」や「食欲不振」など、目だけでなくて全身の症状を起こしてしまうこともあります。

パソコンによる疲れ目対策

以下にパソコンを使う際の疲れ目対策について、お話したいと思います。
※スマートフォン端末を使う際も、同様に参考にしてください。

目を休ませる事

「パソコン作業のし過ぎで、目が『しょぼしょぼ』になった。疲れ目がひどくて困った」。

 

長時間のパソコン作業による眼精疲労で「お悩みの方」が多い、と思います。眼精疲労を予防するには、パソコンで1時間ほど作業したら休憩すると良いです。
可能なら、パソコン作業は45分以内にします。つまり1時間おきに15分の休憩を取るようにします。休憩時では目を閉じる、遠くを見るなどして、目を休ませましょう。

パソコンが疲れ目を引き起こす原因と言われるのは、パソコンの画面を凝視し続けるからです。長時間の凝視が、目の酷使に繋がります。近くを見続けると水晶体の周りの筋肉が緊張状態になり、疲れ目になってしまいます。

そしてパソコン作業の場合では、キーボードやマウスを頻繁に操作しています。その時に肩に力が入った状態になりやすく、しかもそれが長時間続くとなると、目や肩に結構な負担が掛かります。さらに細かい文字を読み取る作業も行なうので、目が疲れてきます。目薬をさして、何とか「疲れ」をごまかしている人もいるでしょう。
目薬も疲れ目対策になりますが、やはり目を実際に休ませる事が大切です。パソコンやスマホを使う際は、定期的に休憩するようにしましょう。

疲れ目の症状で、物がかすんで見えたり、目の奥のほうに「痛み」を感じる場合は、

軽いうちに目を休ませれば回復します。
予防医学の観点からも、全身症状が出る前に「目の疲れ」を治すことは良いと言えます。

近年では、予防医学の重要性が再び認識され始めています。たかが「目の疲れ」と思わないようにしましょう。疲れ目が原因の全身症状を招く前に、ゆっくりと目を休めましょう。大きな病気に進まないように、予防に努めてください。

なお、個人的なパソコン作業なら、目が疲れたら作業を自由に中断できるでしょう。ですが仕事でパソコンを使っている場合、目が疲れたからと言っても作業を中断できないかもしれません。そんな不自由な状況でも、なんとか目を休ませてください。

ディスプレイの使い方

少しでも「目の疲れ」を軽減させるために、パソコン・ディスプレイの位置を低くしてみましょう。パソコンの画面(ディスプレイ画面)を目線より下になるようにします。パソコンで作業する時は、常に見降ろす姿勢で作業しましょう。

ディスプレイを目の高さ以上にしていると、涙が蒸発しやすいと言えます。それを防ぐため、ディスプレイの位置を「目の高さ」より低くします。
目線を下の方に向かせると、「上まぶた」が自然と下がってきます。なので、涙の蒸発を抑えられます。そして目薬を使うなどして、「目の潤い」を保ちましょう。

仕事で使うディスプレイの場合、非光沢の物が良いとされています。仕事の作業で長時間ディスプレイを見る際は、非光沢のディスプレイを使うようにしましょう。
「大きさ」については、23型くらいが実用的だと思います。

ちなみに、テレビを視聴できるパソコンとセット販売されているディスプレイ機器は、「明るさ」がとても明るいそうです。なので「明るさ」の設定を暗めにして使うほうが、目に優しいでしょう。

以前に聞いた話になりますが、オフィス内の節電をしたら「目が疲れた」という人が増えたという報告がありました。
オフィス内の照明を消すことで省エネできますが、「薄暗い部屋」の中で眩しいディスプレイを見続ける事は、目に負担を掛ける可能性があります。
省エネは大事ですが、目の健康を犠牲にしてまで行なってはいけないと思います。「明るい部屋」でディスプレイを見るようにしましょう。

「まばたき」する事

まばたきする猫

まばたきするニャー

疲れ目対策として「まばたき」があります。パソコン作業をしている時やテレビを見ている時、読書している時、「まばたき」を意識的にするように心掛けましょう。

ちなみに人が普段行なっている「まばたきの回数」は、1分間に20回くらいと言われています。そのくらいの回数の「まばたき」をすることで、充分な涙が出てきて、目が潤います。なぜなら「まばたき」には、「涙腺から涙を分泌させる働き」があるからです。

しかしパソコン作業に集中している人は、まばたきの回数が減ります。画面を凝視しているからです。その結果、涙が蒸発して目が乾き、ドライアイになります。ドライアイは、疲れ目の原因となります。

疲れ目を軽減させる、効果的な「まばたきのやり方」があります。強くギュッと「まばたきする」という「やり方」です。

まずは顔全体を使って、強くギュッと「まばたき」をします。それを5回ほど繰り返します。

そうすると目の血行が良くなり、疲れ目の解消に繋がるでしょう。

毎日の疲れ目対策に、意識して「まばたきする」ようにしてください。

疲れ目が続くなら眼科に行きましょう

私は、このブログ記事をパソコンで書きましたが、ちょっと目が疲れました。パソコン上でこのような文章を作成したり読んだりしていると、目がショボショボしてきます。
疲れ目は大したことではない、と言えます。しかし症状がひどくなると、頭痛や吐き気の「きっかけ」になってしまう場合もあるそうです。疲れ目や眼精疲労という症状を、甘く見てはいけないです。

私事になりますが以前、眼精疲労について眼科で相談したことがありました。私は普段から仕事や趣味で、長時間パソコンを見つめていることが多いです。そのため、目がとても疲れていました。
その時の診察では、眼精疲労用の目薬をもらいました。赤色の目薬でした。その目薬はサンコバ水と呼ばれている、眼精疲労に対するビタミンB12の点眼水でした。調節力の改善効果がある目薬ということです。
診察料は、確か1000円以下でした。意外と安かったので、たまに眼科で目を診察してもらうのも「いいな」と思いました。

なお、眼精疲労は自覚症状です。なので、最近ずっと目が疲れていると感じたら、眼科を受診しましょう。もしもドライアイが原因の場合は、人工涙液を用いる治療法があります。また、目の調節機能の低下が原因の場合は、点眼薬を処方されます。

疲れ目の原因が毎日の生活習慣(長時間のパソコン作業など)にある人は、生活習慣の改善を心掛けてください。出来るだけ、目を休ませてください。そして普段から目の負担を軽減させるために、意識的に「まばたき」したり、目のマッサージを行なったりしましょう。

パソコン
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム