色が持つパワーで体を癒すカラーヒーリング

カラーヒーリングとは、自分の身の回りにある色を見ることによって、

その色が持つパワーを吸収して、体のバランスを整えてゆこう

色鉛筆

というものです。

色がもたらす効果には、様々あるようです。私たちの身の回りにある雑貨や家具、洋服や食べ物などの色に対しても、それらの力が含まれているようです。

ずっと美しくいたいとか、心地良くゆったりと暮らしたいなどの希望はたくさんある、と思います。
色が持っている力やヒーリング効果について知ることは、そのような希望を叶えるのに役立つかもしれません。自分に合う色や、その日に何色の服を着たら良いか、判断するヒントにもなるでしょう。

色は人間の心理に作用する、と言われています。例えば、赤色が好きな人は活動的で感情の起伏が激しい人が多い、と言われています。また、赤の下着を使うと体感温度で暖かく感じる、という効果もあるようです。
色を選ぶ際、このような心理効果をうまく利用すると良いです。

言われている効果

カラーヒーリングでは、色に対して次のように言われています。

  • 黄色は、集中力や記憶力に良いということです。
  • 赤色は、食欲増進など積極的になるのに良いようです。
  • ピンク色は、「優しさ」や「愛情」を呼ぶ効果がある、ということです。
  • 白色に対しては、心の整理や自律神経の活性化などのパワーがあると言われています。
  • 黒色は、「自信」や「落ち着き」のために良いということです。

なお、色がついている物は何でも良いです。例えば雑貨の場合、ピンク色の「ものさし」や「テープカッター」「電卓」など、どのような物でも良いです。
物の色に対しては、言われている効果によって、色を使い分けることもできます。

感情に影響を与える「部屋の色」

自分の身の回りにある色として、部屋の色があります。部屋の中にある家具や雑貨などの色は、部屋で過ごす人に対して、それなりに影響を与えるでしょう。

室内に飾る雑貨について、「おしゃれな雑貨がいい」「シンプルでシックな雑貨がほしい」など、デザインにこだわる事があると思います。この「デザイン選び」と同じくらいに、気をつけていただきたい事があります。それは色の選択です。

もしもあなたがシックでシンプルな部屋を希望するなら、無彩色(黒や白)のモノトーンを演出する雑貨が良いです。そうではなくて「爽やかな感じ」の部屋にしたいなら、寒色系(青や緑など)の雑貨を選ぶと良いです。
一般的に白や黒、グレーなどのモノトーンまたは寒色系は、「冷たさ」を感じさせると言えます。それに対して赤や橙、黄などの暖色系は、「暖かさ」を感じさせると言えます。実現したい部屋のイメージに合わせて、雑貨の色を選んでみてください。

雑貨や家具の色は、部屋のイメージを決めるだけはありません。その部屋にいる人の感情にも影響を与えます。例えばグリーンを中心に取り入れた部屋では、「癒し」の効果を期待できるでしょう。イエローっぽい部屋では、人に元気を与える事ができるでしょう。

やはり色には、心理的・生理的な影響を与える力が備わっていると言えます。目や体の疲労の軽減や作業効率のアップなど、色には「ちょっと不思議な力」があります。
以上の事より、部屋のカラーコーディネートは日常生活において大事と言えます。その部屋で自分がどう過ごしたいかによって、インテリアの色を決める事になるでしょう。

家具の色

ここでは家具の色について、お話したいと思います。
「明るい感じ」の部屋にしたい場合、白色を基調とした家具を揃えてみましょう。白色によって部屋全体が明るい感じになる、と思います。椅子などの家具は白色でなくて暖色系でも良いです。
「元気さ」を演出したいなら、オレンジ色の家具が良いです。椅子や机、壁などにオレンジ色を用いると良いでしょう。またアクセントカラーとして部分的にオレンジ色を用いるのも、良いです。

クールな雰囲気が欲しいなら、モノトーンをベースにした家具が良いです。心が落ち着くような部屋にしたい場合は、木材の色、例えばダークブラウンの家具が良いと思います。

部屋の空間を仕切るパーティション家具では、あえて真っ赤や真っ青という原色を使ってみるのも良いでしょう。原色が持つ適度な緊張感によって、空間をズバっと仕切ってくれると思います。

色の割合

インテリアで色を活用する場合、大部分を占めるようにするのではなくて、置き物や花などの一部分の色として取り入れましょう。部分的に色を使うことで部屋の配色を落ち着いたものにできる、と思います。

デザインにおける配色テクニックとして、3色を70% : 25% : 5%くらいの比率にするという方法が知られています。この方法を使えば、機械的にセンスの良い配色にできます。豆知識として覚えて置くと良いです。

部屋の雰囲気を改善

部屋には、気配というものがあります。「気」と言えるものかもしれません。例えば風水の世界では、この気のバランスを取ることによって、さらに良い環境を作ることができるそうです。

部屋においては、居心地の良い部屋、または居心地の悪い部屋があります。家具のセンスもまあまあ良いのに、なぜか「嫌な感じ」の部屋もあります。家具や雑貨の配置というインテリア・コーディネートだけでは説明できない、何かがあるのかもしれません。

しかし何かがあるかもしれないと言われても、どうすれば良いかわからないでしょう。そんな時、部屋の色を心地良いものにしてみましょう。そうする事で部屋の雰囲気を改善できるかもしれません。