まずい青汁が飲みやすくなった、大麦若葉の青汁

人気の「きっかけ」まずい味

青汁が人気となるまでの歴史を、お話したいと思います。
青汁が健康食品として人気が出るまでには、結構な時間が掛かりました。ブレークの「きっかけ」は、テレビのCMでした。そのCMでは、

「うーん、まずい」
 

と言って、味の「まずさ」をアピールしました。

青汁「まずい点」を訴えた事で、消費者がどのくらい「まずいのか?」と興味を持ち始めました
そして興味を持った人たちに対して、少しずつ青汁が健康に良い点をアピールしていきました。その結果、多くの人たちが利用する健康食品となりました。

また、テレビ番組で罰ゲームとして青汁が登場することも増えました。これも青汁という存在を知らせるのに、一役買ったと言えます。

以上のように初めは味の「まずさ」で有名になった青汁ですが、現在では飲みやすい味に改善されています。

大麦若葉や小松菜という野菜を使って、味を改善した青汁が人気となっています。

青汁は、栄養価が高い食品です。なので飲みやすい味になったことにより、健康維持のために、これからもずっと愛用されてゆくでしょう。

飲みやすい「大麦若葉の青汁」

青汁の原料の一つに、大麦若葉があります。
大麦若葉は、イネ科の植物である大麦の若葉です。麦芽はビールに使われて、若葉は青汁に使われています。比較的、飲みやすい青汁と言われています。

大麦若葉には、ビタミンやミネラルなどの栄養素が豊富に含まれています。伸び盛りの頃の若葉を使うと、さらに青汁の栄養価を高められるそうです。
また、体に有害な活性酸素を無害な物にする酵素(スーパー オキド ディスムターゼ)を、豊富に含んでいます。

例えば、大麦の若葉を原料にしている青汁の一つに、やずやの「養生青汁」があります
この「養生青汁」では、セルロースという食物繊維を取り除いているそうです。栄養素が、体内に吸収されやすくするためです。野菜が持っている栄養素は、セルロースに取り囲まれています。なのでそのままでは、なかなか体内に吸収されないそうです。

日頃の野菜不足を解消するためにも、

栄養価が高くて飲みやすい「大麦若葉の青汁」を飲みましょう。

飲みやすい味の青汁を飲みたいなら、こちらの青汁を選ぶと良いでしょう。