子供に読み聞かせたい、ハロウィンの絵本

ハロウィンハロウィンは、元々は海外のイベントです。なので海外には、ハロウィンの絵本がたくさんあるでしょう。しかし日本では、あんまりないと思います。

確かに「あんまりない」のですが、例えば「ハロウィーンってなぁに?」という書名の絵本があります。日本語で書かれているハロウィンの絵本となります。その内容は「おばあちゃん」が孫娘に対して、ハロウィンについて語ってゆくという内容になっています。

絵本なので、読みやすいです。カボチャの「お化け」はどうして出来たのか、その由来が物語になっていたりします。お子さんが読んでも、わかりやすく書かれてあります。

また、ハロウィンと言えば、子供たちが「Trick or Treat」と言いながら、それぞれの家庭を訪問して「お菓子」をもらいます。この事についても、わかりやすく絵で描かれています。

子供に絵本を読み聞かせましょう

ハロウィンの絵本ということで、ハロウィンの時期が近づいてきたら、読み聞かせると良いでしょう。時期的な題材は、タイミングを選んで聞かせてあげると良いと思います。

ハロウィンの時期にハロウィンの絵本を読んであげると、実際の街中でハロウィンのグッズやイベントを見ることができます。現実に体験することになるため、印象に残りやすくなると思います。

「絵本の読み聞かせ」は、子供にとっては読み手である親の「生の声」を聞ける機会です。親の声によって多くの言葉を聞き取ることで、その言葉への理解も深まるでしょう。

なお、絵本を読み聞かせる際は、文字を読むことを意識せず、絵を見ながら子供と話すようにしましょう。

親にとっても「絵本の読み聞かせ」は、普段ストレスを感じる「子育て」において、安らぎを感じる機会でもあります。そして子供にとっても、リラックスした時間と言えます。

学習
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム