恋愛心理学から学ぶ、相手と仲良くなる方法

仲良くなるための心理要素

人と人が親しくなる場合について、

出会いの段階においては「類似性」、
関係が進展すると「相補性」が、大切になってくると言えます。

これら「類似性」と「相補性」という言葉は、簡単に言うと「似ている」か「正反対である」ということです。
人と人とが仲良くなるには、これら「二つの心理要素が働く」と言われています。

類似性

例えば、あなたが「ホラー映画好き」だとします。ある日、合コンで偶然出会った異性が

「あなたホラー映画好きなの?私も好き!」

 

と言ったとします。
この場合、同じ話題で話が合います。自然と会話が弾んで親しくなっていきます。これが「類似性の法則」により、生まれた関係です。

相補性

仲良いカップル

相補性については、先程の類似性とは逆です。自分に足りない部分を相手が補ってくれる、ということを指します。

また、相手が持っていないものについて、自分が持っているという場合も当てはまります。例えば結婚することを考える時、特に相補性が重要となってきます。

ただし、最初から相補性の部分ばかりを見せていると、相手が遠ざかってしまう可能性があります。相補性が有効なのは仲が良くなってからである、ということを覚えておきましょう。

実際には、すぐに仲良くなれない場合もあると思います。そんな時は焦らずに、のんびりと仲良くなっていきましょう。

気になる人と仲良くなる方法

話しかける事

相手と親しくなるには、いくつかの方法があると思います。その中の一つの方法として、まずは相手の目に入る場所にいる事です。そして話をする事です。
もしも好きな人がいて「なかなか進展しない」と思っている人は、ぜひ思い切って話しかけてみましょう。

頼み事や質問

たいていの場合、誰かを好きになった時、まずどんな事をするかというと、その人にちょっとでも近づけるように話しかけたりするようです。

その場合には、どうしても話さないといけないような状況を自分で作ってしまう、と良いでしょう。
例えば、もしも会社関係の人なら、仕事の頼み事や質問などをしましょう。
もしも学校関係の人なら、勉強の事を聞くなどしてみましょう。

話しかけやすい状況は、「自分と相手の二人しかいない状況」だと思います。
完全に「二人きり」でなくても良いです。自分や相手の知ってる人がいない状態なら、話しかけやすいと思います。

挨拶

でも、このような「二人きり」の状況が難しいなら、朝会った時に挨拶するということでも良いと思います。
挨拶だと、より自然に話しかけることができると思います。最初は相手もびっくりして、返事を返してくれないかもしれません。でも回数を重ねると、挨拶を返してくれると思います。

相手の名前を呼ぶ事

あと、相手の名前をきちんと呼ぶ事も非常に有効です。
名前で話し掛けるという事は、相手の人格に話し掛ける際の最大の礼儀となります。そして相手を名前で呼び掛けることで、あなたの言葉が「その相手の心」にしっかり届くでしょう。

トラブルにならない言い回し

「トラブルを防ぐ言い回し」とは、会話の最初に「私は」を付ける事です。
例えば「あなたが間違っている」と意見したい時には、「私は悲しい、あなたがそんな事を言うなんて」と言います。このように「私が感じた言葉」を最初に付けると、揉め事は少なくなります。
意見を言う時も相手のプライドを傷つけず、「相手のプライドを守るという気配り」が大切です。

相手の目を見る事

見つめる女性

こちらを見つめている女性

まず、相手の目を見る事です。
そんなの当たり前すぎると、思うかもしれません。ですが案外できていない事です。ついヨソを向いてしまう人は、どんな時でもずっとヨソを向いてしまっています。

相手の目を見るという事は、基本中の基本です。そして実は奥義みたいなものです。なので意識的に努力をして、相手の目を見る事を習慣化しましょう。そうする価値は十分にあると思います。

あなたが、力まずに真っ直ぐに相手の目を見るようになって、相手の視線を穏やかに受け止められるようになった時、あなたの好感度はかなり上がるでしょう。

ホステスさんのテクニック

相手を見つめる事は、銀座のホステスさんが使っていると言われている恋愛テクニックの一つです。

3秒間ほど相手を見つめて「ん?」と小首をかしげる、という恋愛テクニックがあります。
その時、相手を見つめる時間は、3秒程度が一番良いということです。
さらに「ん?」と首をかしげると、「向こうが自分の事を気にした」という演出をできます。

銀座のホステスの基本で、重要なテクニックは「目で語ること」です。「相手を見つめる」などの視線で惹きつける「やり方」は、相手を虜にしたい場合に役立ちます。

相手との距離を縮める事

次に、相手との距離を縮めるようにしましょう。
実際に「お互いの距離」が離れていると、相手とは仲良くなれないです。

カップルの関係では、およそ50cmぐらいの距離で歩いていることが多いと思います。これが友人同士の関係では、およそ1mくらいの距離になります。
個人的な親交がない人の場合は、2m以上離れています。これは社会的距離で、例えば来客と打ち合わせする時の距離となります。

仲良くなりたい人と席に座る際は、真正面を避けましょう。横の位置、またはテーブルの角をはさむような形で(直角隣で)席に座ると良いでしょう。このように自然に距離を詰めることによって、自然と親密なムードを演出できます。

相手を真似る行動

例えば食事中には、相手と同じ食べ物に手を伸ばしてみましょう。このように、さりげなく行動を真似することによって、「なんとなく気が合う」と思わせる効果があります。

自分の好感度を上げましょう

普段から、相手を思いやるように行動しましょう。そうすれば、自然と仲良くなれると思います。
そして相手との恋愛を「もう一歩」先に進ませるためには、相手に「一緒にいて疲れない人・楽しい人」と思わせる、と良いでしょう。恋愛では自分の好感度を上げる事が、大切と言えます。

心理学
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム