省電力で寿命が長いLED照明

蛍光灯からLEDに代わってゆく照明

以前では、一般的な照明として蛍光灯を使用してきました。なぜなら蛍光灯のほうが白熱電球よりも省エネ効果が高くて、長持ちしたからです。
しかし近年では、LED照明に注目が集まっています。照明器具の中では、LEDは一番電気の消費が少ないからです(2010年当時)。なので従来の蛍光灯よりも省エネ効果を期待できます。

蛍光灯の問題点

一昔前では多くの場面で使われてきた蛍光灯には、いくつかの問題点がありました。
一つは、ガラス管の中に水銀が蒸気となって封入されている点です。万が一、ガラスが割れると、その水銀が周りに散らばってしまいます。
また、蛍光管から紫外線が出ていました。よって長期間にわたって照明を受けた物は、劣化してしまうことになります。店の陳列棚の照明については、LED照明にしたほうが良いかもしれません。売り物である商品が劣化してしまうのを、防げるからです。

蛍光管は、一秒間に100回くらいついたり消えたりしています。なのでどうしても、「明かり」がちらつきます。その「ちらつき」が気になってしまい困っているという人もいる、と聞きました。

以上のような蛍光灯に関する問題点を解決するには、LED照明に換えると良いです。
安全面においても、LEDでは水銀を使っていないので安全と言えます。従来の蛍光灯の光源には、水銀を含むガスが使われています。万が一割ってしまったら、水銀が体内に入ってしまう危険性があります。

LED照明

蛍光灯をLEDに置き換える事が進んでいます。LEDの価格は、蛍光灯よりも高い場合が多いです。ですが電気代や寿命を考えると、トータルな維持費に差はないと言えます。

LEDとは、発光ダイオードの事です(Light Emitting Diodeの事です)。電流を流すと発光する半導体の事です。

LED省電力であり、寿命が長くて熱の発生も少ないという特長があります。

登場した始めの頃は、価格は高額でした。なので、家庭向けの照明器具で使われる事はあんまりなかったそうです。しかし2009年に、シャープが4000円台という当時では低価格なLED電球を販売しました。この事で、一般家庭でも使われるようになってゆきました。

LED電球

LED電球は、従来の白熱電球の代わりになる照明と言えます。その形は白熱電球と同じです。なので、そのまま電球のみ交換することが可能です。LED電球のほうが寿命と省エネ効果に優れています。なので今後電球を購入するなら、LED電球を購入すると良いです。

照明器具で求められる機能は、「明るさ」です。もしも暗すぎる照明だと、利用する意味がないです。
その点LED電球は、充分に明るい照明と言えます。一つの例で言うと、4.1WのLED電球が、40Wの白熱電球と同じくらいの「明るさ」という指摘があります。この「明るさ」なら実用的に問題ない、と言えます。

そしてLED電球は寿命が長いので、長い間交換する必要はありません。メンテナンスの手間が不要と言えます。なので高い位置に取り付けた電球のメンテナンスを、ほとんどしなくて良いです。非常に管理するのが楽と言えます。

LEDデスクライト

以前、ノートにメモ書きする際、手元がちょっと暗くて困った事がありました。そんな時、LEDデスクライトなどと呼ばれている照明機器を見つけました。値段が安かったので、仕事用の事務用品として購入しました。
光源はLEDなので、その「明るさ」は満足できるものでした。その形状は、とてもシンプルです。優れたデザイン性を感じられます。

小型のライトなので、机の上に設置しても場所を取らず邪魔になりません。実用に充分耐えうる「コンパクトさ」がある、と言えます。このようなLEDのデスクライトは机を始め、ベッドサイドでも使えます。よって、なかなか便利な照明機器だと思いました。

LEDの寿命

LEDの寿命については、一般的に4万時間、年数にして約10年と言われています。10年間も交換する必要がないので、日常生活において照明の寿命を考える必要はないと言えるでしょう。
ちなみに従来の照明である白熱電球は約1000時間、蛍光灯は約6000時間が寿命とされています。それらと比べると、LEDは「かなり長持ちする」と言えます。

なお、LEDの寿命については、日本照明機器工業会で厳密な定義がなされています。「明るさ」が元の70%になったら寿命が来た、と決められています。半導体部分の劣化は無いので、半永久的に明るいと思うかもしれません。しかし「その周り」を包み込んだ樹脂の部分が劣化する、という事です。

省エネを実現する照明

照明の消費電力について言うと、LED、蛍光灯、白熱灯という順に少ないとされています。
そしてLEDの消費電力について言うと、白熱電球の約5分の1だそうです。ずいぶん省エネと言えます。
近年、省エネを実現するランプの一つとして、LEDランプが販売されるようになってきました。LEDランプは、既存の白熱ランプの置き換え用として登場した商品です。家庭用の照明として、問題なく使用できます。

多くの場合で1年間の電気代から計算すれば、数年間でLEDに交換した費用と採算が取れるそうです。わずか1年間で初期費用を回収できる、という意見も見られます。よって購入価格が高くても、その後しっかりと元を取れると言えます。

LEDの照明は、省エネ効果のある次世代の光源として大いに注目を集めています。今後も照明は、ますます進化してゆくでしょう。省エネ効果の高い物が、次々と開発されてゆくと思います。

住宅の照明

一昔前の住宅で使用されていた照明は、ほとんどが蛍光灯や白熱電球でした。しかし近年では、住宅メーカーが照明器具としてLEDを使用する事に積極的になっています。なんと言ってもLEDには、省エネ効果を期待できます。今の時代はLED化に向かっている、と言えます。

実は家庭内のエネルギー使用量において、照明器具が占める割合は意外と大きい、と言われています。一般家庭の照明のエネルギー消費量は全体の20%ほど、と言われたりしてます。もしそうなら、結構な割合です。なので照明の省エネを行なう事は電気代の節約になります。

以前の白熱電球では、5%ほどしか光として有効に利用できていないと言われています。つまり電気エネルギーが光にならず、熱になっていたという事です。確かに白熱電球に触ってみると、とても熱いです。
LED照明には電球もあります。なので次回電球を買い替える時、LED電球を買うと良いです。

オフィスの照明

LED照明が登場してしばらく経ちますが、例えば会社のオフィスには、まだまだ蛍光灯がたくさん使われているようです(2011年当時)。もしも「それら蛍光灯」を全て「LED蛍光灯」に換えた場合、電気代を従来の約半分に削減できる可能性があります。LEDは熱をあまり出さないので、エアコン冷房時の電気代削減にも繋がるでしょう。

会社のオフィスの場合、LEDの導入コストと削減できる経費をしっかり比べる事になる、と思います。多くの場合で導入するメリットのほうが大きい、と思います。

LED照明の活用例

LEDの光と言えば、イルミネーションの光が身近だと思います。透明感があるキラキラ輝く光は、街を素敵な空間にしてくれます。そんなLEDの光は、家庭の部屋も明るく照らしてくれます。

そしてLEDは単なる照明器具に留まらず、美容の世界でも利用されたりしています。例えば、美顔器に利用されています。LEDを点灯させて、自宅でフォトフェイシャルができるという美顔器です。キラキラ輝く素敵な光で、お顔もキラキラ輝くかもしれません。
以上のように今後様々な方面において、LEDの活用が広がってゆくでしょう。

イルミネーション

多くの方が、街路樹のイルミネーションを見た事があると思います。特にクリスマスの時期になると、あちらこちらで見かけます。
昔は、イルミネーションのほとんどが白熱電球でした。触ると「熱さ」を感じるほどで、たくさんの電気を消費していたと言えます。
しかし近年では、ほとんどがLEDに代わっています。なので、とても省エネになっています。だけど個人的には、電球の光のほうが「ぬくもりがある感じ」「優しい感じ」がします。
なお、イルミネーションの設置は屋外に設置する事より、専門業者に依頼する事になります。防水や配線に考慮する必要があるからです。

ちなみに家庭用のクリスマス・イルミネーションなどもあり、こちらは「おもちゃ屋さん」などで販売されています。その価格は、比較的安価です。自宅で手軽に利用できるLEDのイルミネーションとなっています。

東京スカイツリー

東京スカイツリーの魅力の一つに、照明があります。ライティングによって、光っている部分と影になっている部分ができます。それらが一体となることで、東京スカイツリーをより一層美しくしています。
照明パターンは2パターンあります(2011年当時)。
隅田川をモチーフにした淡いブルーは、心意気の「粋」を表しています。
淡い紫色のライティングは、優雅で気品あるイメージであり、美意識の「雅」を表します。

ちなみに、照明器具としてLEDが使用されています。LED照明という最先端の照明技術を活用することによって、「美しさ」と「省エネルギー」を両立させています。
どちらのライティングも魅力があります。実際に見る機会があったら、ぜひご覧ください。

太陽電池とLED照明

近年注目されつつある照明の一つに、ソーラーLEDがあります。これは地面に埋め込まれた太陽電池とLEDを組み合わせた照明です。あるメーカーのカタログを参考にすると、1日3時間くらいの日光を太陽電池に当てれば、夜に光らせることができるそうです。
埋め込み型なので、配線などが一切ありません。なので工事も簡単という事です。例えば、ビルの壁面で使用している事例が見られます。

その照明の色はたくさんあり、ビルに高級感を持たせるライトアップも可能です。ビルのイメージをアップさせる効果を、期待できるでしょう。
このようなソーラーLEDの事例は、LEDの普及が色んな分野で進んでいる事を示している、と言えます。

電光看板

屋外の電光看板では、LED化が進められています。電気代や交換費用を節約できるからというのが、理由のようです。
LED看板を作る技術は、現在すでに確立されています。希望通りの形や色で、看板の制作が可能です。長期にわたって宣伝できる看板と言えます。

人によっては、従来のネオン管を用いた看板のほうが目立って宣伝になる、という考え方もあります。確かにビルの屋上などで光っているネオンサインは、インパクトがあります。
ですが明るく派手に照明を光らせて宣伝する事が、かえって企業のイメージを悪くしている場合もあります。省エネや節電に対して、世間の意識が高まっているからです。
広告主の都合において特にネオンサインを選ぶ理由がないなら、LED看板を選ぶ事になるでしょう。

ちなみに外に設置された照明の場合、LEDなら虫が集まって来る事もなくなるでしょう。なぜなら「LEDの明かり」は、虫を寄せつけにくい波長になっているからです。

信号機

過去において、信号機では主に電球が使われていました。ですが青色発光ダイオードを作ることが可能になったので、信号機のLED化が進みました。

ほとんどの信号機は、一日中点灯しています。交差点での安全を守るためには、24時間点灯させる必要があります。よって日本全体での電気消費量は、かなりの量になります。
LED信号機が普及することで、省エネと経費削減を実現できたと言えます。さらに、LEDは照明の寿命が長いので、交換作業を減らせます。このように信号機のLED化はメリットが大きい、と言えます。
一般家庭を始め、省エネの必要性が言われていますが、信号機のLED化は「かなり有効な省エネ対策」となります。

広く利用されている照明

照明器具は、今では家庭の中に存在する事が当たり前になっています。しかしずっと昔の時代には、照明器具はありませんでした。そんな照明が無かった時代では、「ろうそく」や「ランプ」などを使って「明かり」を用意していました。現代の照明と比べたら、とても「暗い明かり」だったと思います。
現代では、夜になっても部屋の中は明るいです。不自由なく日常生活を送れる明るさになっています。現代人は昔みたいに、夜に照明を使わない生活に戻る事はできないでしょう。

マイホームにおいて、「照明選び」は大切です。照明によって、マイホームの「雰囲気の良し悪し」が決まります。そして雰囲気だけでなくて、管理する手間や維持費についても考えて、良い物を選びたいです。
良い照明と言ったら、やはりLED照明だと思います。これからもさらに良くなったLED照明が登場する、と思います。「ランプの形」や「大きさ」も色々あります。そんなLED照明は住宅を始め、様々な場所で広く利用されてゆくでしょう。