安全性が高いと言える無農薬野菜

無農薬野菜

無農薬野菜と宣伝された野菜を、お店の野菜売り場で見かけます。その販売価格は、普通の野菜よりも「やや高い」です。だけど、あえて無農薬野菜を購入する人もいる、と聞きます。

無農薬野菜とは、野菜の「栽培期間中において」農薬を使わずに栽培した野菜の事を言います。

安全性の高い野菜というイメージを抱くでしょう。

ただし「栽培期間中」という点を理解しておく必要があります。例えば去年農薬を使用していた畑で、今年農薬を使わずに栽培した野菜の事を、無農薬野菜と言って販売しても良いからです。去年の農薬が土の中に残っていても、今年新たに農薬を使わないなら無農薬となります。
とは言っても、これは重箱の隅を突くような指摘かもしれません。それほど神経質になる必要もないでしょう。どうしても残留農薬の危険性が気になるなら、販売店に質問してみると良いでしょう。

見た目悪いけど美味しい野菜

野菜

美味しい野菜・イメージ画像

無農薬野菜の見た目は、もしかしたら不格好かもしれません。
いつも食べている野菜と言ったら、綺麗であり、「大きさ」も整った物だと思います。なので形が不揃いだったり、「虫食い」の跡があったりする野菜は嫌だ、と思う人もいるでしょう。

しかし「虫食い」の跡のある野菜は、無農薬野菜である事の証拠とも言えます。見た目は悪いですが、味には問題ないと言えます。むしろ従来の野菜よりも美味しい、という指摘もあります。

無農薬野菜の栽培では、生産者の方は出来る限り農薬を使わずに野菜を作っています。農薬の使用に関する「厳しい取り決め」を守っているので、「虫食い」のある野菜、外観が悪い野菜になってしまう、と言えます。

農薬を過剰に用いて育てられた野菜は、やっぱり食べたくない。そんな方は、見た目が不恰好でも無農薬な野菜を選んでいただけたら、と思います。

定期的に食べたい野菜

近年の病気の多くは日々の食生活と関係が深い、と言われています。食事を健康的な物にすると、実際に健康的な身体になれる可能性があります。
健康面において野菜を食べるメリットは大きい、と思います。なぜなら食物繊維やビタミン、ミネラルを効果的に取れるからです。そして生活習慣病の予防にも繋がるからです。

健康に良さそうな野菜を定期的に手に入れるために、野菜の宅配サービスを利用している方がいます。基本的に、とても便利なサービスと言えます。だけど利用者の中には「毎週届いた野菜を全部使い切れない」「どう料理すればいいのか、わからない野菜が届いた」など、不満な点もあるようです。

野菜の宅配サービスを行なっている業者の中には、自社のホームページで野菜のレシピを紹介しているところもあります。レシピを通じで、手軽に野菜を食べられる工夫を紹介している業者もあります。
馴染みのない野菜は、確かに調理するのが難しいです。そんな時、レシピを参考にしてみましょう。



タイトルとURLをコピーしました