当たらない事もあるから、参考程度に「占い」を信じましょう

当たるも八卦、当たらぬも八卦

「占い」については、「恋愛占い」を始め、色々な「占い」があります。
一般的に「占い」は

当たるも八卦、当たらぬも八卦」
 

と、昔から言われています。
もしも当たっても、それに執着してはいけません。もしも当たらなかった場合でも、その後の日常生活が不運になると悲観的に考えてはいけません。

占い師による占い大切な事は、どういう結果になっても、自分の「気持ち」や「行動」を「占いだけに依存してはいけない」ということです。

例えば「夢占い」の診断結果で、縁起の悪い夢を見たことがわかったとしても、それが必ずしも当たるとは保障できません。逆に、全く外れであるとも言えません。
偶然が重なったことにより「占いの結果通り」になった場合があれば、そうならず違った現実になったこともあるでしょう。

今では、「無料で出来る占い」がたくさんあります。無料だからと言って、当たらないとは限りません。きっと当たる場合もあると思います。
「恋愛占い」の結果が、人生相談のように役に立つこともあると思います。自分にピッタリの「占い」を見つけて、楽しく占いましょう。

占いの本で「ピッタリな占い」を見つけましょう

書店にある「占い本のコーナー」や、インターネットで「占い」と検索した時、数え切れないくらいの本やサイトが見つかります。それらの中には、特に「お金」が掛からない無料で占えるものも、たくさんあります。

ところで書店で見かける「占いの本」は、結構内容が濃くて、ページ数も多い本があります。
また、年始の時期では、有名な占い師さんの本がコーナーに平積みされて並んでいます。

そのような本においては、全体運・恋愛運・仕事運・健康運とカテゴリ別に分かれていることが多いです。今年の運勢は「どのような方向に向かうのか」「気をつける事はどんな事か」、良い事・悪い事を含めて書いてあります。

占う方法については、占い師さんが独自に編み出した方法もあれば、一般的な生年月日を使う方法もあります。
何か気になる事、例えば「宝くじを買う時の金運アップの仕方」「好きな人に告白する日は、いつが良いか」など、気になる事があるなら、じっくりと「占いの本」を読んで調べるのも良い、と思います。

メッセージ形式の占い

言葉から、不思議な力を感じることがあります。前向きな言葉を聞いたり読んだりすると、「自分の気持ち」も前向きになります。

「占い」で良い事が書いてあると、明るい気持ちになります。でも悪い事が書いてあると、「占い」だったとしても、ちょっと「がっかりした気分」になります。
「占い」をしたいと思った時、何となく「救いを求めている気持ち」になっていることが多いでしょう。例えば恋愛でうまくいっていない時、良い恋愛をしたいけど「出会い」がない時に、占ってみようと思うかもしれません。

「占いの本」において、今あなたにとって必要な言葉だけが書いてある本があります。
目をつぶって好きなページを開くと、そこに短い言葉ですが、前向きな一言が書いてあります。その人に必要な事が含まれている言葉を、メッセージとして読めます

このような「占い」は、深層心理に働き掛けるものだと思います。一般的に、人はマイナスな言葉よりもプラスになる言葉を受け取るほうが、嬉しいです。
落ち込んでいる時は、このようなメッセージ形式の占い本を見てみましょう。
その言葉が「きっかけ」で、きっと前向きな気持ちになれると思います。

なお「占いの結果」については、人によって「とらえ方」は違います。例えば、良い事だけを信じるという人がいます。実はそのほうが日常を楽しく過ごせると思います。