上手に話す事は難しいので、話し方の入門書で学びましょう

とても難しい「話す事」

うまく話すのは難しい「話す」という事は、意外に難しい事です

面接やプレゼンなどで大切な事を伝えたい場合や、初対面の人と会話して「自分のことを理解させたい」と思っている場合では、その「思い」がプレッシャーになってしまいます。

そうなると緊張してしまって、言葉が出てこなかったり、言葉の選び方を間違ったりして、失敗してしまいます。
そして後から思い出すと、自己嫌悪に陥ってしまいます。多くの人が、このような経験があると思います。

円滑な人間関係を築くためには、「話す事」は必須です。まずは自分の事を話す事で、相手も理解してくれます。自分を理解してもらうために、そして相手を理解するためにも、話す事は大切です。

ただし、「話す事」は大事だからといって、余計に話してはいけません。人間関係を悪くしてしまう原因の一つに、「おしゃべりのし過ぎ」が挙げられます。
例えば余計な一言を相手に言ってしまい、仲が悪くなってしまったなんて事も、よくあるでしょう。何もかも考えずに「おしゃべりしてしまう人」は、人間関係において不安定かもしれません。

相手と話し合う事は大事ですが、言いたい事があっても「あえて我慢して黙ってみる」のも一つの手です。上手に話す事と、上手に黙る事の「使い分け」も意識してみましょう。

話し方で変わる、その人の印象

話す内容が「同じ」でも、「口調」や「しゃべる速さ」の違いによって、相手に与える印象は全く違います。
良い印象を与える話し方は、

相手の顔を見ながら「ゆっくり」と落ち着いて話す事です。

また、高い声よりも低い声のほうが、落ち着いて話している印象を与えます。

話し方については、練習したり場数を踏んでいったりすることで上達できます。
現在、人前で話す事が苦手な人は、例えば同僚の前でプレゼンの練習をして、改善点を指摘してもらいましょう。鏡に向かって、自分の表情を確認することも良いです。
印象の良い話し方を、色々と研究してみましょう。

話し方の入門書

なお、話し方については、ちょっとしたコツで上達できるものだそうです。現在うまくできなくても、今後上達する可能性はあります。

話し方入門」という書籍があります。この本は、デール・カーネギー氏の話し方講座のポイントを「まとめた本」です。
話し方を変えたいと思っている人、プレゼンテーションを上手く行なえるようになりたい人に、読んでいただきたい本と言えます。

話の内容についてだけでなくて、準備の仕方や話し手の「あり方」など、

多くのプレゼンテーションのノウハウを具体的に説明しています。

なお、現在の状況に対応した内容ではありません。なので、例えばパワーポイント・ソフトを用いた効果的なプレゼン方法を知りたい人にとっては、即効性はないでしょう。
しかし長い年月にわたって、多くの読者に認められ続けた本です。なので、その内容は素晴らしいものと言えます(現代でも役立つものと言えるでしょう)。

カーネギー氏

ところでカーネギー氏は、あらゆる自己啓発本の原点と言って良い「人を動かす」という書籍を著した人です。
カーネギー氏の「人を動かす」という本は、1937年に初版が発行されて以来、累計で1500万部以上、発行されています。その内容は、現代でも充分に通用します。

結構な昔にアメリカで書かれた本なので、多少、納得できない点もあるかもしれません。しかし名作と言える本であり、現在でも多くの人たちのバイブルとなっています。