もっちり肌になりたい、ヒアルロン酸の保湿効果

肌の保湿

もしも「日焼け」などで肌を傷つけている場合は、乾燥も進んでいると予想されます。美白のスキンケアだけでなくて、保湿についても充分に行なう必要があります。

肌における保湿とは、肌の水分を保つことです。肌に水分を与えることではありません。
保湿成分を与えることで乾燥しにくい肌へと改善することが、保湿の目的となります。乾燥しにくい肌、つまり保水力がある肌になれば、例え空気が乾燥しても肌は乾燥しにくくなります。

肌における保湿成分で有名な物には、セラミドやヒアルロン酸などがあります。
保湿成分と呼ばれているコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンやグルコサミン、コンドロイチン硫酸などは、ムコ多糖体という成分です(ムコ多糖類という言葉は聞き慣れない言葉ですが、ここでは「そんな成分があるらしい」と思う程度で十分です)。

赤ちゃんの「お肌」がモチモチしているのは、これらの保湿成分を十分に備えているからだそうです。肌の乾燥が気になる人は、化粧水や乳液を使う際、なるべく保湿成分が含まれている物を選びましょう。

就寝中の保湿ケア

お肌の保湿ケアに気をつけている人の中にも、起きている時のみケアをしていて、眠っている時はケアをしていないという方がいる、と聞きました。就寝中の肌の状態は、翌朝の肌の状態に繋がります。朝起きたら唇がカサカサに乾いていた、なんていう経験があったりします。出来るなら就寝中も、しっかりと肌の保湿ケアを行ないましょう。

就寝中の湿度を適切に調整する方法の一つに、就寝前から加湿器を運転しておく方法があります。加湿器の湿度設定は60%くらいに設定しておきましょう。

その他の方法には、マスクをして眠るという方法もあります。呼吸の際に口から出た息がマスクに当たって、それにより顔の周辺の湿度が高まります。つまりマスクをして眠ることで、顔に対して保湿ケアをしているような効果を得られます。
さらに寝ている間、顔の肌が枕や布団に接触して刺激を受けた際、マスクがあることで「その刺激」を軽減できます。
マスクをしながら眠るのは、ちょっと息苦しいかもしれません。だけど、検討してみましょう。

ちなみに夜の10時以降は、肌の再生時間だそうです。お肌のためにも、夜は早く寝ることが大切です。しっかりと水分を閉じ込めた肌の状態にして、しっかりと睡眠を取りましょう。翌日の朝、お肌が元気になっていると思います。

ヒアルロン酸の保湿効果

「最近ヒアルロン酸が、お肌にいいって聞きました。ちょっと興味あります」

 

赤ちゃん

もしもヒアルロン酸の化粧品で美肌になれるなら、ぜひ使ってみたいと思うことでしょう。

ヒアルロン酸とは、人の皮膚の中にあるムコ多糖類と呼ばれる成分の一つです。このヒアルロン酸は体の中で「水分を保つ働き」をします。骨と骨の繋ぎ目である関節では、「クッションの働き」をしています。

スキンケアでは、この水分を保つ働き・保湿力に注目しています。
ヒアルロン酸の保湿効果について言うと、

赤ちゃんのようなプルプルな「もっちり肌」になれる、

と言えます。
「潤い」がある「ぴちぴち肌」になれるという効果を、期待できます。

高い保湿力

ヒアルロン酸は、体の中で「保湿剤のような働き」をしてくれます。なぜならヒアルロン酸は、保湿力が高いからです。なんとヒアルロン酸は、1グラムに対して6000倍の6リットルの水を保持できるそうです。
こんなすごいヒアルロン酸が肌の中にたくさんあれば、プルプルな「もっちり肌」になるというのも納得できます。

なお、保湿成分は、美容製品では美容液やクリームに多く含まれています。これらを使用して、肌の保水力を高めていきましょう。

「ヒアルロン酸入り」のクリーム

外気が乾燥して湿度が30%以下になると、乾燥肌の状態になりやすいです。
しかし人間の肌には、水分を守るための保湿成分があります。なので、もし湿度が0%になっても、肌の保湿成分が働けば水分は蒸発しないことになります。

では、なぜ乾燥肌になってしまうかと言うと、歳を重ねるとともに保湿成分を生成する力が低下してしまうことが、その原因となります。

「無添加・保湿・保護」
これらが、肌の乾燥を改善する際のポイントとなります。

保湿クリームを選ぶ際、保湿力がある「ヒアルロン酸入り」のクリームを選ぶと良いでしょう。

肌の内部に水分を保つのに、きっと役立つと思います。