使う人が増えている、ノンシリコン・トリートメント

シリコンを使ったコーティング剤の問題点

トリートメントやコンディショナー、リンスの中に含まれている成分の一つに、シリコンがあります。シリコンは、すでに医療品や家庭用品などの材料として使われている成分です。よく知られている物です。
ヘアケア製品では、シリコンは髪の毛のコーティングを行なうために用いられています。それ以外の役割は、特にないそうです。だけど、シリコンで髪の毛をコーティングしたからと言って、特別に髪が美しくなるという事はないそうです。

度々、シリコンを用いたトリートメントは髪にとって良くない、と言われています。それはシリコンが問題ではないそうです。コーティング剤が問題という事のようです。

トリートメントに含まれているコーティング剤は、髪を包みます。

しかし包む事で、髪が呼吸できなくなります。

それは髪にとって、ダメージを与える事になります。しまいには頭皮までも、皮膚呼吸をできなくなります。これらの点がコーティング剤にまつわるトラブル、と言われています。

なおコーティング剤には、天然成分の物から合成の物まで多数あります。シリコンは、その中の一つです。

シリコンを使っていないトリートメント

近年では、ノンシリコントリートメントと呼ばれているヘアケア製品が登場しました。その利用者は、増えているそうです。シリコンを使わないという人たちが増えている、と聞きます。ヘアケア製品において、シリコンという成分は「その存在意義」が問われ出しています。

ちなみにノンシリコンのトリートメントとは、コーティング剤としてシリコンを使用していない、という意味です。よってシリコン以外の「他のコーティング剤」を使っている可能性があります。

つまり「シリコンを使っていない商品」には、他の人工物や刺激物を使用している物があったりします。「全ての成分が天然成分である商品」という意味ではありません。
例えば、トリートメントで使用されているシリコン以外の刺激物として、アルコールやエタノールがあります。これらの成分は「汚れ」や「ニオイ」を落とすために使われている物です。かなり刺激が強い成分と言われています。

「汚れ」を落とすための成分と言えば、界面活性剤もトリートメントやシャンプーに使用されています。この界面活性剤も刺激の強い成分とされています。
また合成着色料も、頭部にとっては良い物と言えません。綺麗に色付けできますが、人工物であり、体にとっては不要な成分だからです。

ヘアケア製品には、シリコン以外にも頭部の健康面に悪い影響を与える成分が多数あります。その事を知っておきましょう。

「香り付き」のトリートメント

髪が綺麗な女性近年注目を集めているノンシリコン・トリートメントの中には、「香り」にこだわった製品があったりします。例えば、「ローズの香り」を基調にした物があります。商品名に「ローズ」という名が含まれたりしています。なので、「ローズ」という単語で探すと見つかるでしょう。

トリートメントやシャンプーという製品は、頭皮の洗浄や育毛の効果を重視される物です。ですが「香り」も、使う人にとって大事な要素と言えます。「髪の手入れ」をする際、「心地良い香り」を望んでいる方もいるからです。

ヘアケア製品において「人気のある香り」と言えば、やはり「ローズ」「バラの香り」です。バラの花からイメージされるように、「華やかさのある匂い」となっています。そして、「程良い柔らかさ」も兼ね備えている香りと言えます。