どれがいい?迷った時はパウダーファンデーション

パウダーファンデーションを使いましょう

ファンデーションには、リキッドタイプ・クリームタイプ・パウダータイプなど、色々な種類があります。どれを使用すると良いか?迷ってしまうかもしれません。

迷った時は、パウダータイプのファンデーションを使ってみましょう。

パウダーファンデーションの粉は、水分を吸収する性質があります。なので、肌が乾燥してしまうというイメージがあるかもしれません。
しかし美容液やクリームなどを使って保湿をしっかり行なえば、特に問題はないそうです。

ちなみにパウダータイプのファンデーションは、刺激が少ないです。なので、肌が弱い人や乾燥で肌が敏感になっている人でも使えるでしょう。

メイクの仕上げ

パウダーファンデーション女性の方がメイクを仕上げたいと思った時や化粧直ししたいと思った時に、化粧品のパウダーは心強い味方となるでしょう。

例えば透明感のある「ふんわりとした肌」を表現したい場合、そのような効果を持っているパウダーを使いましょう。
使い方は、簡単だと思います。パフまたはブラシにパウダーを取って、肌に優しくつけるだけでいいです。

色選び

「ファンデーションの色選び」は、難しいです。
首と顔の色に「大きな違い」が生じないように、耳の下から顎にかけてのフェイスラインに伸ばして、色を確認してみましょう。
一般に、色白の人はピンク、色黒の人はオークル、中間色の人はナチュラルが良いと言われています。

肌を隠す効果

一般的にファンデーションは、肌の「くすみ」や「しみ・そばかす」を隠してくれる物です。上手にファンデーションを使えば、美肌を作れます。お出かけする時も安心です。

そして化粧品のパウダーには、毛穴や肌の気になる部分を隠してくれる効果があります。ご自身の肌にちょっとコンプレックスを「お持ちの方」も、パウダーを上手に使えば肌の気になる部分を目立たなくできるでしょう。

ニキビ隠し

若い女性、特に思春期の女の子たちは、綺麗に見られたいなどの理由から、ニキビを隠すためにファンデーションをたくさん塗ってしまうことがあるようです。
しかし、そうすることは逆効果になります。やめたほうがいいです。

ニキビが出来た時で、どうしても化粧をする必要がある場合、パウダータイプが良いです。リキッドタイプには、油分がたくさん含まれています。そのため、ニキビを悪化させてしまうからです。
よってニキビが出来やすい人は、油分の少ないパウダーファンデーションを選びましょう。

ファンデーションを使う時は、最初にニキビのない部分から塗ります。
最後に、ニキビの部分を軽く塗りましょう。もしも最初にニキビのある部分を塗った場合、細菌が他の部分にもついてしまい、ニキビを増殖させてしまうからです。

ファンデーションを塗るパフについては、清潔に保つ必要があります。特にニキビなどがある場合は、両面を使用したら洗いましょう。

化粧直し

朝にバッチリとメイクを決めても、残念な事に時間が経つにつれて崩れてきてしまう事があります。そんな時に備えて、「化粧直し」のテクニックを覚えておくと良いです。

「化粧直し」をするタイミングは、肌が脂っぽくなって来た時(脂が出てきたと感じた時)になります。化粧品のペーパーを用いて、Tゾーンや小鼻に出てきた脂を拭き取ります。

それから、肌を保湿します。ただし「化粧直し」なので、メイクの上からでも保湿できる化粧品を使う事になります。例えばミスト状化粧水と呼ばれている物を使うと良いでしょう。

保湿した後、「化粧直し」を行ないます。メイクがわずかに崩れているなら、フェイスパウダーを付けるだけで良いです。大きく崩れているなら、ファンデーションを付けます。大幅にメイクが崩れているなら、化粧下地を付けましょう。

「化粧直し」という事より、朝にしたメイクの「上に対して行なう事」になります。「上に対して行なうという気持ち」を、意識しましょう。

紫外線の防止

ところでファンデーションは、肌に良くないと思うから「あまり塗らないほうが良い」と思っている方が多いかもしれません。確かに今でも、ファンデーションは肌に負担が掛かるというイメージが強い物です。肌に負担を掛けたくないから、あまり「お化粧したくない」という人もいると思います。

しかしパウダータイプのファンデーションには、紫外線を防いでくれる効果を期待できます。日中にお出かけする場合は素肌で外出するよりも、パウダーファンデーションを塗ったほうが、紫外線を防止できます。この点については肌に良い、と言えるでしょう。