幼い子供の知育に役立つ「型はめブロック」

木製の「型はめブロック」

「型はめブロック」という木の「おもちゃ」について、お話したいと思います。
これは、箱の穴にブロックをはめて中に入れるという「おもちゃ」です。箱には、色んな形の穴が開いています。その穴の形にピッタリ合うブロックを選び、ブロックをはめて箱の中に入れます。

1歳の子供が遊ぶ場合

星形1歳くらいの子供が遊ぶ場合、例えばハートの形のブロックを手に持って、星の形の穴に入れようとします。なぜかと言うと、ハートと星の「形の違い」がわかっていないからです。

他の形の穴にも、ブロックを入れようとします。そして、たまたまブロックの形が合い、中に入ります。
「ブロックが消えた」と思って、不安になります。でも、箱の中から取り出せることがわかって、安心します。
この「遊びの流れ」により、いくつかの事を体験して学べるでしょう。

2歳の子供が遊ぶ場合

子供が2歳くらいになると、形を正面からだけでなくて側面からも判断できるようになります。つまり正面と側面から、「全体の形」をわかるようになります。
よって、選んだブロックと同じ形の穴に入れることができるようになります。そして、ブロックが箱の中に入ったということを理解します。
自分が理解した上でブロックが箱の中に入ったので、子供は満足感や達成感をより感じるでしょう。

なお、このくらいの歳になると、ブロックを3本の指でつかめるようになります。なので、お箸を持つための練習にもなります。

3歳の子供が遊ぶ場合

子供が3歳になった時から、他の人と関わることが大切になってきます。なので遊びにおいても、誰かと一緒にルールを決めて遊ぶと良いです。「ルールの中で遊ぶ大切さ」を学べるからです。
「遊び」を通して、子供は社会性や協調性を身に付けていく事でしょう。

長持ちする木製の「おもちゃ」

一般的に木の「おもちゃ」のほうが、プラスチック製の物よりも長持ちすると言われています。なのでプラスチック製の「おもちゃ」だけを揃えるのではなくて、木製の「おもちゃ」も揃えましょう。

長持ちする「おもちゃ」は、大人になった時も壊れずに残っているかもしれません。大人になったら遊ばないかもしれません。だけど、思い出の品になるでしょう。インテリアとして、部屋に飾っておくのも素敵です。