「霊的な」という意味があるスピリチュアル

スピリチュアルの意味

真理を思う女性

近年の日本では、スピリチュアルという言葉が、幅広い意味で使われているようです。しかし色んな場面で使われるあまり、スピリチュアルという言葉が持っている「正しい意味」で、使われる場面が少ないようです。

スピリチュアルという言葉は、日本では「霊的な」と訳されています。しかし実際には、もっと奥が深い意味があります。
このスピリチュアルという言葉を正しく理解するためには、まず「スピリチュアリズム」を理解する必要があります。

スピリチュアリズムでは、その前提として、「世の中には、神によって創造された大自然と大宇宙の普遍の法則がある」となっています。
この法則は、「霊的真理」と呼ばれています。霊の存在を始め、健康観や病気観を含んでいます。
スピリチュアリズムとは、この「霊的真理」を世の中に広めて、「霊的真理」に基づいた生き方を普及させる働きかけのことを、言います。

スピリチュアルな分野では、全ての人間は、永遠にこの「霊的真理」の法則に基づいて生きている、という考え方が基本となります。

スピリチュアルの印象

スピリチュアルの第一印象は、残念ながら悪いようです。過去に「霊感商法」や「でたらめな占い」「でたらめなカウンセリング」などが目立っていました。さらに、科学的な実証もありませんでした。そういう状況より、医療におけるスピリチュアルに対する信頼は失われたと言えます。

その結果、医師を始め、一般の人たちにも、スピリチュアルに否定的な人が多くなったようです。
西洋医学が多くの病気を解明してゆく中、医療の信頼性では、科学的な実証が存在することが重要な条件となっています。

ただしそうは言っても、科学的な実証が無くても人から頼られているサービスもあります。スピリチュアル・ヒーリングは、そういうものの一つかもしれません。



タイトルとURLをコピーしました