おしゃれな物もある、手元を上品に照らすスタンドライト

日常行なう作業には、それぞれ「快適な明るさ」があります。
例えば食事の時は約300ルクス、勉強や読書の時は500ルクス以上の「明るさ」が求められています。細かい作業(編み物など)では、約1000ルクスの「明るさ」が必要と言われています。

スタンドライト照明器具は、天井照明の他にスタンドライトも使いましょう。細かい作業をする時などは、スタンドライトで「手元の明るさ」を確保するのが大事です。そして手元の照明に合わせて、部屋全体も明るくするようにしましょう。

なぜ、照明器具に気を使うのかと言うと、「照明」と「目の疲れ」には深い関係があるからです。室内で勉強や編み物という作業をしていて、とても目が疲れるという人は、もしかしたら「手元の明るさ」に問題があるかもしれません。

また、不適切な照明は視力の低下を進行させることもあるため、照明に気を配ることは大切です。明るすぎたり暗すぎたりだと、疲れ目になるでしょう。
「適切な明るさ」で自然の光に近くて、チラツキが少ない照明が良いです。最近では、目に優しいとうたっているLEDの照明器具もあります。そのような物を選ぶと良いです。

明るい場所で読書しましょう

読書が好きな方で、寝る前に読書をする方は結構多いと聞きます。その時、「照明の明るさ」を暗めにして本を読んでいる方が多いようです。
昔から近視の原因の一つとして、暗い照明下での読書が指摘されていました。確かに、薄暗い所で細かい文字を読み続けることで視力が低下してしまった、と言っている方もいるようです。
ですが全員の視力が必ず低下するかと言えば、そうではないようです。暗がりで本を読んでいても、視力が良いままの人もいます。

しかしやはり、目の健康は大事です。読書する際は、充分に明るい環境で本を読むほうが目に優しいと思います。例えば、手元を照らす読書用ライトがあったりします。そのようなライトを使って、明るい環境で本を読むようにしましょう。

北欧のスタンドライト

「快適な明るさ」とともに、部屋の雰囲気を良くしてくれる「おしゃれなデザイン」のスタンドライトが好き、という方もいるでしょう。
もしも私が部屋にスタンドライトを飾るなら、エッチングランプみたいな物が欲しいと思います。趣があってインテリアとしても問題ないランプだと、思うからです。

そんな「おしゃれなスタンドライト」を選ぶ際、どれがいいか迷っているなら、

北欧のスタンドライトを選んでみましょう。

「大きさ」は、小さくて構いません。リビングに一つ、北欧のスタンドライトを置いてみましょう。

おしゃれで「自然素材の温かみ」を感じられるスタンドライトなら、リビングを素敵な空間に演出してくれるでしょう。
高級ホテルの部屋の雰囲気には、かなわないかもしれません。ですが市販のスタンドライトを使った照明でも、雰囲気のあるライティングを楽しめます。特に「ライトの向き」を自由自在に調節できるスタンドライトなら、思い通りにライティングできるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました