特に問題は無い、お茶で薬を飲む事

体調不調により市販薬を飲む際、「お茶で飲んでもいいのだろうか?」と疑問に思った事が何度かありました。そう言えば定期的に、お茶で薬を飲む事は良くないと聞きます。本当に、お茶で薬を飲んだらダメなのでしょうか?

水で薬を飲む事一昔前では、お茶の中に含まれているタンニンが薬の成分と反応してしまう可能性があるので、薬の成分が体内に吸収されにくい、と言われていました。しかし今では、そのような事はほとんどない、と言われています。
よって普通の緑茶、ウーロン茶で薬を飲んでも、特に問題は無いという事になります。ですが通常、薬を飲む場合は「水が一番良い」と言われています。
※実際に「お茶」で薬を飲んで良いか?心配なら、医師や薬剤師さんと相談してください。

ところで、手元に「水」も「お茶」も無いので、「水分無し」で薬を飲んでしまおうと考える人もいるかもしれません。だけどこれは、絶対にやめましょう。
稀なトラブルかもしれませんが、薬が食道に引っかかってしまい、そこで炎症を引き起こすという可能性があるからです。このようなトラブルが無いにしても、「水無し」で薬を飲むと薬が溶けず、その成分が体内に吸収されずに「そのまま排出される可能性」もあったりします。これでは何のために薬を飲んだのか、意味が無いと言えます。

よって薬を飲む時は、必ず白湯、お茶などと一緒に飲むようにしましょう。
薬の飲み方については一気に水分で流し込むよりも、数回に分けて水分を飲んで、薬を流し込むようにしましょう。

健康
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム