幸せになる「きっかけ」の一つ・パーマカルチャー

ずっと続く「良い環境の中で暮らし続けることが、自身の幸せに繋がる」
このような考え方が、あるようです。

例えば、パーマカルチャーと呼ばれている考え方です。
これは永久的に続くという parmanent と culture(文化)を合わせた造語です。日本語では、永続的文化と訳されているようです。

周辺の環境を必要以上に破壊せずに、日々美味しい食事を食べて、ずっと生きて行ければ良いという考え方のようです。良好な生活環境において長く続けて行ける事を「良し」とする考え方は、「小さな幸せ」を手に入れるのに役立つ考え方だと思いました。

機能を繋げる事

また、パーマカルチャーの考え方には、一つの物が実行できる機能を繋げてゆくという考え方もあるそうです。
確かに自然環境では、「食物連鎖という繋がり」があります。たぶん、このような「物と物の繋がり」を意識しましょう、ということなのでしょう。

余っている物を分け合う事

他にもパーマカルチャーの考え方には、余っている物を他のみんなと分け合いましょうという考え方もあるそうです。
「時間」や「お金」などが余っているなら、他の人たちと分け合ってみては?という提案のようです。分け合う事が周辺の人々や環境に対して、良い影響を与えると考えているようです。

自分が幸せになるために「独り占めしたほうが良い」と思い、独占したくなったりします。しかしそうすると、かえって不幸になったりもします。
他の人とシェアする生き方のほうが、回り回って自分も幸せになるのかもしれません

パーマカルチャーの詳細についてもっと知りたい場合は、提唱者であるビル・モリソン氏の説明文や、パーマカルチャーに関する本を読んでみましょう。

日常生活
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム