それぞれ特徴がある、トイレ床材の種類

トイレトイレの床には、水だけでなくてアンモニアが付いたりします。掃除の時には、強力な洗剤が付いたりします。
なので通常の床材では、すぐに変色や腐食したりします。そんな状況のトイレの床には、どんな材質の物が良いでしょうか?

タイル

タイルを使うと良い、と思います。「タイルの良さ」は、なんといっても「その質感と高級感」があるところです。
そしてデザインだけでなくて、「耐摩耗性などの丈夫さ」と「寿命が長い」ところも魅力です。

例えば壁にはパール調のモザイクタイル、床は40cm角の大型タイルを使ったトイレの部屋はどうでしょうか。タイルだからこそ、「汚れ」や「シミ」も気にならなくなります。
床暖房を入れたりすれば、冬では暖かくなり快適だと思います。

光触媒を利用した、ニオイを抑える「大型セラミックタイル」にするのも良いと思います。
一番汚れやすい便器周りなので、大型の1枚モノで覆っておけば継ぎ目もないため掃除も簡単です。
セラミックタイルは光触媒を応用しているため、アンモニア臭・カビ臭の原因となる雑菌を分解して、不快なニオイを抑える効果があります。

高耐久フローリング

ところでフローリングにこだわりたい、という場合はどうしたら良いでしょうか。
基本的に木製品は水に弱いので、通常のフローリングはアンモニアや洗剤が付くとシミになってしまいます。
EB硬質フィルムで覆われている「高耐久フローリング」など、アンモニアや薬品に強い物を選ぶと良いです。そしてトイレの床として使用できることを明記してあるフローリングを、選んでください。

ビニール床

また、ビニール床タイプという物もあります。
店舗に使うような土足にも耐えられる表面が硬いタイプもあります。
色柄も豊富なので、貼り方によって様々なインテリアを作ることができるようです。

例えば大理石や御影石などの石調や、メープルやナラ材という木調など、リアルな質感を持った物も多いです。見た目にも機能的にも優れている床材です。

CFシート

その他の床材として、CFシートと呼ばれる「長尺塩ビシート貼り」の床材もあります。
色柄も豊富です。例えば、若草色などの「微妙な色合い」もあったりします。
「ビニールっぽさ」を抑えたマットな質感のクッションフロアもあります。
水拭きしても問題なくて、掃除も簡単です。値段も安いのでリフォームに使用しやすいです。上手に活用したい床材です。

どんなトイレの部屋にしたいのか?色々と考えてみましょう。そして、素敵な床にリフォームしてください。

住まい
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム