かなり甘くて濃厚なコーヒー・ベトナムコーヒー

ベトナムコーヒー

ベトナムベトナムコーヒーは、ベトナムにおけるフランス統治時代の名残と言えます。しかし現在では、ベトナムの食生活にすっかり定着しました。

ベトナムコーヒーは、アルミニウムまたはステンレスの穴あきの容器を使って入れます。紙フィルターと異なり、お湯がなかなかフィルターを通過しません。そのため、抽出に時間が掛かります。
また、加える「お湯の量」も少なめです。そのため、出来上がりは濃厚なコーヒーとなっています。

練乳を加えます

コーヒーが濃厚なため、ミルクコーヒーにして飲む人が多いようです。ただしミルクは、牛乳ではなくてコンデンスミルクを使います。コンデンスミルクとは、加糖練乳です

まず、カップの底にコンデンスミルクを入れておき、その上からコーヒーを注ぎます。飲む時は、スプーンでコーヒーをかき混ぜながら、好みの甘さにしていきます。飲み進んで量が少なくなっていくにつれて、濃厚な甘さになってゆきます。

かなり甘いコーヒーということで、カフェなどでベトナムコーヒーを注文すると、たいていジャスミン茶やハスの葉のお茶がポットでついてきます。お茶を飲んで、喉をさっぱりさせるということかもしれません。

サンドイッチと合わせて食べましょう

濃厚なベトナムコーヒーに合わせて、朝食に「おすすめな物」がバインミーです。これは、ベトナム風サンドイッチです。屋台の朝食で、お馴染みの物です。

バゲットに切り込みを入れて、マーガリンとレバーペーストを塗ります。そこにサラミやハム類、野菜などをはさみます。ここまではフランス風と言えます。しかし最後に、魚醤(ぎょしょう)「ヌックマム」を振り掛けます。この点に、「ベトナムらしさ」が出ています。

食品
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム