白い歯にできるホワイトニング

歯を白くするホワイトニング

「歯並びはいいけれども、色が黄ばんでいるのが悩み」。
 

そんな方は、ホワイトニングを検討しましょう。白い歯にできる、と思います。

美しい歯歯を真っ白にしたい場合は、やはりホワイトニングすることになるでしょう。歯ブラシでしっかり磨いたとしても、真っ白な歯にはなりません。
ホワイトニングでは、「歯そのもの」を白色に変化させることになります。歯の表面に白い色を塗るのではありません。白色に変化させるので、白く輝くような歯にできます

現在では、ホワイトニングは一般的な処置と言えます。特別、難しいことではありません。
歯科医に行ってホワイトニング治療を依頼すると、専門の機械を使ってホワイトニングしてくれるでしょう。可視光線を照射して、白い歯にしたりします。

ホワイトニングの種類

歯のホワイトニングには、2種類の方法があります。
歯科医院で行なう「オフィスホワイトニング」と、自宅で行なう「ホームホワイトニング」です。
ちなみに日本では、オフィスホワイトニングが人気です。アメリカでは、ホームホワイトニングのほうが人気です(2010年当時)。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、一部の歯科医院で行なわれています。専用機器を使用します。
メリットとしては、短時間でホワイトニングできる点です。専用の薬剤などを歯の表面に塗って、ホワイトニングを行ないます。医師に診てもらえるので、トラブルは少ないでしょう。
デメリットとしては、色が短期間で戻ってしまうことです。あと、処置した後の約24時間では、「軽い痛み」などの違和感が少しあったりします(2010年当時)。

審美歯科

審美歯科と言われている歯医者が、近年注目を集めています。これは、美容整形外科の歯医者版と言えるものです。審美歯科で行なわれる治療は、「歯並び」を良くしたり、ホワイトニングしたりなど、歯を綺麗に見せたりするための治療となります。

歯という部分は、顔の中でも結構印象に残る部分です。なので「歯並び」を綺麗にしたい、白い歯にしたいと思う人も多いです。審美歯科の治療では、その名が示すように見た目が美しい歯に治してくれます。今まで口を開けて笑うのを「ためらっていた方」も、気にせずに歯を見せて笑えます。

審美歯科の治療は、美しく見せるための歯の整形です。よって、整形の技術力が求められます。せっかく治療したのに見た目がかっこ悪かったら、何のために治療したのかわかりません。

ちなみに審美歯科の治療は通常の歯の治療と違って、保険を利用できません(2010年当時)。なので治療費については、事前に確認しておきましょう。

ホームホワイトニング

歯医者には行かず、自宅でできるホワイトニングもあります。例えば、歯に専用のジェルを塗るという方法です。ジェルにはホワイトニング成分が含まれており、その成分が歯に染み込むことで「黄ばみ」を取り除きます。
取り除くと言っても、歯のエナメル質を溶かしている訳ではありません。歯の機能を損ねる訳ではないので、過剰な心配は不要です。

これらの他にも歯を白くする方法がある、と思います。白い歯にしたいなら、事前に色々と調べてみましょう。

美容
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム