頭を刺激する立体パズル

単純で遊びやすいパズルゲーム

近年では様々なゲームがありますが、私はシンプルなゲームが好きです。例えばパズルゲームやテーブルゲームなどです。日常生活の多くの場面で、「シンプル・イズ・ベスト」なんて言われています。これはゲームにおいても当てはまる、と思います。
「複雑な仕掛け」のあるゲームも、確かに面白いです。だけど、仕事や雑用に追われている方にとっては、単純で遊びやすいゲームが向いていると思います。その点、パズルゲームは、すきま時間でも遊びやすいと思いました。

一般的にパズルゲームは、単純だけどかなり熱中できるゲームと言えます。そんなパズルゲームの一つに、テトリスがあります。有名なゲームなので、ご存知の方が多いと思います。

立体パズル

立体パズルその他では、立体パズルというパズルゲームも有名です。立体パズルは子供を始め、大人でも楽しめるパズルゲームです。ずっと昔からある立体パズルとしては、知恵の輪ルービックキューブなどが挙げられます。

実は、コンピューターゲームではないパズルは、テレビゲーム機器が登場してから、子供の間ではあんまり遊ばれなくなっていました。しかし2000年代になってから、再び従来のパズルが注目されてきました。
従来のパズルは、知育玩具の一つと言っても良いです。昔からよく知られている「おもちゃ」です。
知育玩具のパズルには、大人が楽しむジグソーパズルを単純にした物や、人気キャラクターの絵を描いた物などがあります。

立体パズルはたくさんある「おもちゃ」の中でも、特に空間を把握する能力を高めることに向いています。空間を把握する能力とは、立体的に物事を捉える力のことです。特に「奥行き」に関して認識する能力のことと言えます。
知恵の輪やルービックキューブで遊ぶことは、どこをどう動かせば次にどうなる?という感覚的な部分を、かなり養うことができます。なので子供の発育には、最適な「おもちゃ」の一つと言えます。

立体パズルは視覚的に処理できる物なので、遊びとして実行する敷居が低いです。その遊び方のルールは単純であり、結構「奥が深い遊び」と言えます。例えば1歳くらいの幼児にとっても、図形や数字などをはめ込んでいく立体パズルは、ふさわしい「おもちゃ」と言えます。
なお、お子様にパズルをプレゼントする際は、お子様の年齢に合う物を選びましょう。

なかなか難しい、子供用おもちゃ選び

孫の顔を見に行く際に、何かプレゼントを持って行きたいと思っている「ご年配の方」も多いでしょう。おもちゃ屋さんや百貨店などに行くと、そんな「ご年配の方向け」に孫のための「おもちゃ」を取り揃えている店もあるようです。

子供の年齢によって、プレゼントする「おもちゃ」の種類は変わってきます。例えば1歳未満の子供であれば、触って楽しい物、口に入れても安全な物が良いでしょう。
子供が少し大きくなると、色々な遊び方を考えられる物が良いでしょう。「ブロック」や「お店ごっこ」の「おもちゃ」が向いている、と思います。

子供が4歳から6歳くらいの年齢になると、結構「複雑な遊び」をするようになってきます。なので、色々な遊び方ができる「おもちゃ」が良いでしょう。なお、立体パズルの中には、対象年齢が6歳くらいと言っている物も見られます。

お孫さんがある程度の年齢であるなら、一緒に店に行って「おもちゃ」を選ばせると良いでしょう。せっかく買ってあげても気に入ってもらえなければ、がっかりするからです。

あと、男の子と女の子においても、好きな「おもちゃ」が違ってきます。そう考えると、「おもちゃ選び」はなかなか難しいです。店員さんと相談したり商品の説明文を読んだりして、喜んでもらえる物を選びましょう。

脳の活性化に役立つ立体パズル

立体パズルは、脳のリハビリに最適な物と言えます。ルービックキューブなどの立体パズルは、脳梗塞などで脳を傷めてしまった人が回復を目指すリハビリにおいて、とても重宝されています。脳の活性化に役立つからです。
立体パズルの利点は、実際に手で触って問題を解けるという点にあります。直接、自分の手によって動かすパズルなので、紙に書くパズル、雑誌やテレビ画面に描かれているパズルを解くことと違う、と言えます。

以上よりパズルゲームは、脳の活性化から休憩時間に遊んで気分転換できるなど、シンプルだけど面白い物と言えます。日頃から、ぜひパズルで遊んでください。

タイトルとURLをコピーしました