加齢に負けたくないからアンチエイジング

30歳を過ぎたら老化?

「50歳を過ぎたら、老化?」
「いえいえ30歳を過ぎたら、おじさん・おばさんかも?」
 

残念ながら歳を重ねることは、成長ではなく老化です。

知らないうちに老化

老化は、男性も女性も気になることだと思います。特に女性は、気になることでしょう。
以前より、

肌のハリがなくなってきた、白髪が目立ってきた、体力が落ちたなど、

色々と気になっている人もいることでしょう。ただし、これらの事をずっと気にしてしまうと、精神的にも悪いと言えます。
ちなみに私は年を重ねるごとに、目が細くなって来たような気がしています。だけど「加齢」と「目の細さ」に関係があるのか?よくわかりません。

近年では、アンチエイジングという言葉が広まりました。老化防止に対する意識が高まってきているようです。
学生時代までは、全員が同じ様な生活をしています。なので他の人と違う、と思わないかもしれません。しかし社会人になってくると、人それぞれの生活の仕方になります。残業が多くて、睡眠不足になったりします。そんな不健康な生活をしていたら、知らないうちに「かなり老けてしまった」ということになりかねません。

ちなみに睡眠は、「若さ」を保つのに大事と言えます。睡眠をしっかり取ることによって、メラトニンというホルモンが脳の中で分泌されます。このメラトニンは、「若返り」の効果があるホルモンと言われています。

アンチエイジング

「若々しさ」を維持するために、結構「無茶な手段」を取る人もいます。ですが、そうすることによって健康を損なっては、意味がありません。出来るだけ健康的にアンチエイジングするように、心掛ける必要があります。

美容に関心がある方は、アンチエイジングという言葉をよく耳にすると思います。それではアンチエイジングとは、どういう意味なのでしょうか?

アンチエイジングとは、日本語で言うと「抗老化」「抗加齢」の事を意味しています。

つまり老化に抗するという事を意味しています。

よく注目される肌の若返り

アンチエイジングという言葉は、肌に関してよく聞きます。実際のところ体の部分においては、やはり露出している部分、つまり肌が最も年齢を感じさせやすい場所です。顔や首、手などの露出している部分をケアすることが、重要となります。

ですが本来のアンチエイジングの意味は、加齢による体の症状を予防するという意味を持っています。そのための免疫力の回復など、遺伝子レベルでアンチエイジングの研究が進められているようです。

健康である事

美しい女性

いつまでも肌を若々しい状態にすることを始め、生活習慣病の予防や免疫力の回復なども、「抗老化」という考え方に含まれています。
それらに関する研究も行なわれています。抗加齢医学というものもあります。これは、加齢に伴う病気の発症や進行を押さえるための医学です。

ちなみに、ある「お医者さん」のアドバイスになりますが、美しくなりたいなら体を健康にしましょうという指摘があります。

たまにですが、美しい体を求めるために無理に食事制限したりしている方がいます。ですがそれでは、体そして心が不健康になってしまい、結果的に「美しさ」とは程遠い体となってしまいます。

実際のところ、心身ともに健康だから「体も美しい」となります。美容よりも健康を優先するほうが、結果的に美しい体になれるということです。
多くの人が、いつまでも健康で美しい体でいたいと願っています。その願いを、ぜひ実現させましょう。

なお、病気に負けない体にするためには、地味な方法かもしれませんが、やはり毎日の食事が大切なようです。「ご飯」や「肉」「魚」を始め、「野菜」や「海草類」「きのこ」など、様々な食材を食べることが大切です。
そうすると、すぐに病気に負けない体を作れる可能性があります。

また、アンチエイジングは、外見的なことだけを指しているのではありません。気持ち的なことも指しています。健康であるためには、やはり精神的な面でも健康であることが必要です。
「心構え」や「考え方」に若々しいところがあれば、見た目においても「若いまま」でいられるでしょう。

アンチエイジングの方法

繰り返しになりますが「アンチエイジング」の意味は、「アンチ」は反抗、「エイジング」は加齢という意味より、加齢に抵抗するという意味を持ちます。若返り・老化防止ということにも関連しています。

アンチエイジングの分野としては、主に「美容」と「健康」に分かれています。

「美容」では、サプリメント・マッサージ・医療など多数の方法があります。
「健康」では、日常生活の改善によるアンチエイジングの方法が考えられています。

アンチエイジングの方法には、医薬品を使用するもの、毎日のライフスタイルから提案するものなどがあります。例えば、サプリメントやホルモン補充療法などがあります。

健康であるため、老化を防止するため、色々な情報を上手に取り入れて、自分に合うアンチエイジングの方法を見つけましょう。うまく行けば、「見た目の若返り」も期待できると思います。

美容整形のアンチエイジング治療

美容整形の分野でのアンチエイジングとは、自然な現象であるはずの老化に、抵抗・対抗するという意味で使われます。さらに単に加齢を止めるだけでなくて、若返りすることを強調しています。

一般的に「しわ」「シミ」「たるみ」は、加齢を感じさせる大きな原因となります。
美容整形におけるアンチエイジングでは、これら「しわ」「シミ」「たるみ」の治療に、重点をおきます。

「しわ」に対しては、ヒアルロン酸やエボレンスを注入して「しわ」の溝を埋める治療法、ボトックス法を使います。これによって「しわ」の生成を抑制します。

「シミ」に対しては、古い角質層を取り除くために、ケミカルピーリングといった治療が行なわれます。

「たるみ」に対しては、皮膚をぐっと引き上げて「たるみ」を解消する、フェイスリフトが取られます。

以上の方法は、一般的な治療法です。なお、個人の体質や年齢の程度によって、選択肢は異なるでしょう。また、美容整形を行なう機関や医師の意見によっても、選択肢は違うでしょう。

ケミカルピーリング治療

以下に美容整形のケミカルピーリングについて、手順の一例を紹介します。
時間は、1回60分くらいです。

  1. 超音波の導入
    1分間に300万回の振動で、「血行・リンパの流れ」を良くします。そして、角質を柔らかくします。
  2. ピーリング
    角質と角質の接着を緩めて、古い角質を剥がれやすくします。
    これにより肌の新陳代謝を活性化させて、肌のサイクルを正常に戻します。
  3. イオン導入
    リン酸を配合した高濃度ビタミンCを、真皮層まで導き入れます。

なお、ピーリング剤を塗る時に、ヒリヒリ感がすることがあります。少し不安に思いますが、カウンセリングを行ないながら、少しずつ進めてゆけば安心ということです。

施術後は、「ほてり」や「赤み」が出ることもあります。しかしそれも、翌日には落ち着くそうです。お化粧をしても良いそうです。

血液の老化を予防

健康を保ちつつ若返るには、どういうことをすればいいのでしょうか?
一つの意見として、

血液の老化を予防する事が一番だと、言われています。

もしも血液が老化してしまうと、循環が悪くなるために肩や腰などのコリが悪化します。そして、「痛み」や「むくみ」「しびれ」などの症状も出てきます。それだけでなく、肌や髪の毛においても、老化現象が現れてくるそうです。

最近では、ブライダルエステで「リンパ・血液・筋肉」の3つに対して働き掛けるエステもあるそうです。エステでも「血液の若々しさ」に注目しているようです。

長寿を目指す事

先日ネットニュースで「不老不死の薬、10年以内に実用化を目指す」というニュース記事を見かけました。本当に実用化されるかどうか、わかりません。ですが、いつまでも若いままでいたいと願っている人は多いので、実用化を楽しみに待っている人もいるでしょう。

もしもの話ですが不老不死の薬が簡単に手に入るようになったら、年齢は100歳だけれども身体能力は20代なんてことも可能かもしれません。それで日常生活の全てが幸せになれるとは言えませんが、100歳でも元気な体という点については幸せだと思います。

長寿遺伝子・活性化のサプリ

また、アンチエイジング関係のサプリメントにおいて、長寿遺伝子を活性化してくれるというサプリメント(例:レスベラトロール)が登場したりしています。

将来このようなアンチエイジングのサプリメントが進歩発展して行けば、サプリを飲むだけで長生きできる、なんていう世の中になるかもしれません。

アンチエイジングで「若さ」を保ちましょう

「ついこの間まで、よちよち歩きの赤ちゃんだったのに、もう小学生になったの」

「今年であなたも20歳。もう立派な大人ね」

 

肌トラブルが気になる女性人間は生まれた瞬間から人生の最期まで、どんどん歳を取っていきます。
歳を重ねることで様々な事を経験して、心が豊かになるのは大変に良いことです。

だけど加齢による「しわ・たるみ」は、嫌です。なので無理をしない範囲で、「見た目の若々しさ」を保ちましょう。



タイトルとURLをコピーしました